人気の屋根色とおすすめできない色とは?色選びのポイントもご紹介

お家づくりにおいて、「屋根の色選びに迷っている…」「人気の屋根色を参考にして決めたい」という方も多いのではないでしょうか。

そのような方に向けて、こちらのコラムでは人気の屋根色おすすめしない屋根色屋根色を決める際のポイントについて、わかりやすく解説していきたいと思います。

最後に、施工事例とともに「外壁と屋根色の組み合わせ例」も合わせてご紹介しています。

 

外壁の屋根色選びにお困りの方は、ぜひコラムを通して「屋根色選びの基礎知識」について知っていただければと思います。

 

■ 人気の屋根色3つ

まずは、多くの人が選ぶ「人気の屋根色」を3つご紹介します。

 

・ブラック系

▶︎ この家のビフォー・アフターを見てみる

洗練された、重厚感、シック、といった雰囲気を作ることができるのが、「ブラック系の屋根色」です。

「どんな外壁の色にも合いやすい」という理由で、人気の屋根色の一つとなっています。

ブラック系の中でも、ダークグレー、スチールグレーといった「グレー系」の色は、とくに人気が高いです。理由は、グレーはもっとも汚れや色あせが目立ちにくい「万能カラー」とされているためです。

反対に漆黒に違いブラックにしてしまうと、熱を吸収しやすくなり室内温度が上がってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

・ブラウン系

▶︎ この家のビフォー・アフターを見てみる

ブラウン系も、定番の屋根色として人気のカラーです。

こちらもブラック系と同様に、「どのような外壁の色にも合わせやすく汚れが目立ちにくい色」とされています。異なる点としては、ブラウン系の方が周囲の家や街並みと調和しやすいため、「誰もが挑戦しやすい無難な色」だと言えます。

ブラウン系の屋根色は、ナチュラル、落ち着いた、柔らかい、といった雰囲気に見せることができます。

無難な色でありながら、ブラウンの色味によって印象を変えることもできます。ダークブラウンは「落ち着いた印象」、ライトブラウンなら「明るい家のイメージ」、そして赤茶にすると「おしゃれな雰囲気」にすることもできます。

 

・グリーン系

▶︎ この家のビフォー・アフターを見てみる

少し個性を出したい、海外風の家にしたい、という方には「グリーン系」の屋根色もおすすめです。

ブラック、ブラウンほどではありませんが、比較的どのような外壁の色とも馴染みやすく、自然に囲まれた家には特にぴったりの色です。

深めのグリーンにすれば、森を連想させるナチュラルで落ち着いた雰囲気に、少し明るめのグリーンは爽やかでおしゃれな印象に見せることができます。

 

汚れが目立たない外壁の色は?汚れにくい外壁の種類、塗料も解説!

 

■ おすすめしない屋根色

続いて、できれば避けたい「おすすめしない屋根色」を2つご紹介します。

 

・ホワイト系

街中でもなかなか見ることは少ないと思いますが、「ホワイト系」の屋根色はおすすめできないカラーとなります。

理由は、ホワイト系の屋根は非常に汚れが目立ちやすいためです。屋根は日々雨風や土ぼこりを浴びているため、汚れが目立ちやすいと外観の見た目も悪くなってしまいます。

一方で、遮熱効果が高いというメリットがあるため「室内の暑さがどうしても気になる」という方はホワイト系の屋根色を検討してみても良いかもしれません。

 

・原色系

赤やブルーなど鮮やかな屋根色に憧れる方もいるかもしれませんが、「原色系」の屋根もおすすめできない色の一つです。

色の濃い原色は、年数が経つにつれて「色あせ」が目立ちやすいためです。

外壁・屋根塗装の塗り替えは、通常10〜15年に一度のタイミングで訪れますが「数年ごとに屋根色はこまめに塗り替えてもいい」という人であれば、好みの原色系の屋根にするのも良いでしょう。

 

外壁の色選びによる失敗が多い理由|よくあるパターンと回避するコツ

白の外壁は汚れが心配…という方必見!汚れにくくする工夫と維持方法

 

■ 屋根色を決める際のポイント

「人気の屋根色」と「おすすめできない屋根色」について解説しましたが、ここからは実際に屋根色を決めていく際に「抑えておきたいポイントを3つ」お話しします。

 

・外壁との相性を考える

屋根色を決める際にもっとも大切なのは、「外壁の色との相性」です。

個性的に見せたいのであれば「ブラックの屋根×真っ白の外壁」といったコントラストの強い2色にするのも良いですが、自然で違和感のない印象に見せたいのであれば「同系色でまとめる」のがおすすめです。

例えば、「ブラックの屋根×グレーがかったホワイトの外壁」「ブラウンの屋根×ベージュ」といったように同じ色味を持つもの同士を使用すると、ナチュラルな外観に仕上げることができます。

 

・近隣・街並みと調和するか

外壁の色との相性だけではなく、「近隣の家・街並みと調和するか」も大切なポイントです。

例えば、落ち着いた色味の家が並ぶ中で、奇抜な色の家が一軒だけ建っていたらかなり目立ってしまいますよね。

ブラックやブラウンといったベーシックな色味であれば気にする必要はありませんが、「個性的な色に挑戦したい」という場合は、周りの景観との調和も意識しつつ色選びをしましょう。

 

・遮熱効果を考慮する

屋根は直接太陽光を浴びる場所であるため、屋根が熱を吸収しやすいと室内温度が上がってしまいます。

遮熱効果がもっとも高いのは「ホワイト系の屋根」ですが、汚れが目立ちやすくおすすめできない色でもあります。

「ホワイト系の色にはできないけれど、遮熱効果のある屋根にしたい」という場合は、遮熱塗料を選ぶのがおすすめです。

 

屋根には遮熱塗料がおすすめ!?メリットとデメリット

 

■ 外壁と屋根色の組み合わせ|施工事例

最後に、塗装屋ぬりべえの施工事例をいくつかご紹介します。

「屋根と外壁の色の組み合わせに悩んでいる」という方は、ぜひ参考にお役立てください。

 

・「ブラック×濃いグレー」

艶のあるブラックと濃いグレーで仕上げたお家です。

屋根も外壁も濃い色を使用しているものの「ブラック×グレー」という同系色でまとめたことで、不自然さなく一体感が生まれています。

濃いグレーを使用することで、”上品さ”と”重厚感”が感じられる外観になりました。

▶︎ この家のビフォー・アフターを見てみる

 

・「赤茶×すくみホワイト」

こちらは、赤茶の屋根色にくすみがかったホワイトを合わせたお家です。

「赤茶×ホワイト」の組み合わせによって、派手さは抑えながらも海外風のおしゃれな雰囲気に仕上げることができます。

▶︎ この家のビフォー・アフターを見てみる

 

 

・「ブラック×ネイビー×ホワイト」

白と黒の外壁塗装

こちらは、ブラックの外壁と「ホワイト×ネイビー」のツートンの外壁で仕上げたお家です。

色のコントラストがはっきりしていて個性的な印象を出しつつも、ベーシックカラーのみを使用しているため、派手すぎない見た目になっています。

お家の外観に使う色は、多くても3色以内に抑えるのがポイントです。

▶︎ この家のビフォー・アフターをもっと見てみる

 

■ まとめ

いかがでしたでしょうか。屋根の色選びにお悩みの方は、ぜひ「人気の屋根色」や「屋根色選びのポイント」を参考にして、理想のお家づくりを目指しましょう。そして、屋根・外壁の色が決まったら、丁寧な施工をしてもらえる信頼できる業者に依頼することも大切です。

塗装屋ぬりべえは、千葉・茨城エリアにて屋根・外壁塗装と雨漏り修理を専門に行っている工務店です。創業120年を超える「ハウジング重兵衛」を母体に持ち、長年にわたり信頼と実績を積み重ねてきました。

初めてのお客様にも安心してお選びいただける塗装を自信を持ってお届けいたしますので、屋根・外壁塗装でお困りの方は、いつでもお気軽にご相談ください。

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら