外壁塗装における「シリコン」と「フッ素」の違いとは?

 

家の外壁塗装を行う際、塗料選びで悩まれることも多いはず。

 

塗料にはさまざまな種類がありますが、今回は中でもシリコン塗料とフッ素塗料についてご紹介します。

 

その違いやメリット・デメリットなどを把握した上で塗料選びの参考にしてみてください。

 

 

◼ コラムのポイント

1、シリコン塗料とは、汚れが付きにくく塗膜が剥がれにくい塗料

2、フッ素塗料は、親水性や耐久性の高さが魅力

3、耐用年数や塗り替えの頻度を考慮した上で塗料選びを行おう

 

 

 

 

◼ シリコン塗料とは

シリコン塗料とは、塗料に含まれる樹脂の成分にシリコンが使われている塗料のことをいいます。

 

シリコン塗料は汚れが付きにくく自然環境への耐候性が高いのが特徴で、耐用年数は10〜12年と全塗料の平均耐用年数の10年を超えています。

 

ウレタン系の塗料と比べて耐用年数と品質のバランスが良く、コストパフォーマンスに優れているといえます。

 

 

・メリット

シリコン塗料は汚れが付きにくいという特徴をご紹介しましたが、透湿性が高いことから塗膜が剥がれにくい性質を持ちます。

 

内部結露を防ぐ力もあるため、カビや藻、結露の対策としてシリコン塗料が選ばれることも。

 

またシリコン塗料にはセラミック成分も配合されていることが多いため、雨や泥を弾いてくれてお掃除も楽に済ませることができます。

 

シリコン塗料の塗膜は約600度の熱に耐えられると言われているため、暑さの厳しい地域の外気温でも問題ありません。耐熱性に優れている点も大きなメリットだといえます。

 

 

・デメリット

シリコン塗料は汚れが落ちやすい一方で、重ね塗りする際に塗料を弾いてしまうことも。塗り替えの際に塗料の密着度が低くなる可能性があるため注意が必要です。

 

シリコン塗料の特性を理解した上で、相性の良い下地などを使ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

シリコン塗料は塗膜が硬く剥がれにくい性質を持つ一方で、弾性が低くひび割れが起こりやすいこともデメリットの一つ。

 

塗り替え前の時点でひび割れが気になっているという場合はシリコン塗料ではなく弾性のある塗料を選ぶ方が良いかもしれません。

 

シリコン塗料について詳しくご紹介しているコラムはこちら
シリコン塗料の特徴や種類、性能、耐用年数などの基礎知識

 

 

 

◼ フッ素塗料とは

フッ素塗料とは、フッ素を含んだ合成樹脂を主成分とする塗料のこと。

 

耐用年数は15〜18年を誇り、その耐久性の高さから東京スカイツリーなどでもフッ素塗料が使用されています。

 

汚れ落ちの良さや親水性の高さ、耐熱性の高さなどクオリティの高さがフッ素塗料の特徴。その分価格は高めの設定となっていますが、耐用年数の長さを考えると費用対効果は抜群だといえます。

 

外壁よりも劣化の早い屋根において、特にフッ素塗料が選ばれるケースが増えてきています。

 

 

・メリット

フッ素塗料のメリットは何といってもその耐久性の高さ。塗り替えの頻度を少なくしたい方や、一度の出費が大きくてもランニングコストを抑えたいという方におすすめです。

 

親水性の高さから付着した汚れを洗い流してくれるため、きれいな外観を保ちやすいこともメリットの一つ。

 

またシリコンよりも結合力が強いことから紫外線に強いこともフッ素塗料のメリット。紫外線に強い性質は断熱性とは異なりますが、日々紫外線を浴びることによる劣化を防ぐことができます。

 

 

・デメリット

フッ素塗料は耐久性が高い一方で、塗膜が硬いため外壁のひび割れに追従できず表面にもひびが割れてしまうことがあります。

 

家は地震や強風、車の振動などによって、常に動いている状態だといえるので、追従性がないというのはデメリットだといえます。

 

耐久性が高い分費用も高いため敬遠されやすく、一般の戸建てへの塗料としてはまだそこまで一般的ではありません。

 

施工できる業者が限られているため、フッ素塗料を希望している場合は業者選びも重要になってきます。

 

外壁塗装で使用する塗料の成分やグレードに関するコラムはこちら
外壁塗装における塗料の成分とグレードや機能による種類

 

 

◼ シリコン塗料とフッ素塗料を比較

 

塗装屋ぬりべえでは、シリコン塗料とフッ素塗料を含む全5種類の塗料をご用意しております。

 

絶対的な品質の高さとお値打ちな価格を両立する塗装屋ぬりべえだからこそ、強みとメリットを活かして安心の品質を適正価格でご提供いたします。

 

 

・塗装屋ぬりべえのシリコン塗料

品質の高さと耐用年数のバランス、コストパフォーマンスに優れているシリコン塗料。

 

塗装屋ぬりべえにご依頼いただいたお客様のうち約6〜7割のお客様がシリコン塗料をお選びいただいております。

 

 

塗装屋ぬりべえで使用しているシリコン塗料

日本ペイントの水性シリコンセラUVという商品で、耐久性の高さや密着度の高さが特徴。

 

作業性が高いためきれいな仕上がりになりやすく、上塗りにおいては耐候性や対汚染性に優れていることからきれいを保ちやすい塗料となっています。

 

ツヤの調整ができるため、光沢のある外壁にしたいのか、少しマットな外壁にしたいのかによってお選びいただけます。

 

 

 

シリコン塗料を使用した塗装事例

10年に一度の塗装を行っており、そろそろ時期に来ているということで塗り替えをご依頼いただきました。

 

既存の色を気に入っているということと、10年程度持つような塗装で十分とのことでしたのでシリコン塗料を使って既存の色と同じ色で塗装しました。

 

きれいになって明るくなったとお喜びの声をいただきました。

 

 

 

・塗装屋ぬりべえのフッ素塗料

フッ素を含む合成樹脂を主成分として、優れた耐久性を特徴とするのがフッ素塗料。

 

近年は一般住宅においても高機能且つ仕上がりの良左からたくさんのお客様からの支持をいただいております。

 

外壁よりも屋根の方が劣化が早いため、塗装の時期がズレてしまうことがあるのですが、屋根にフッ素塗料を選ぶことで外壁と屋根のメンテナンス時期を揃えることも可能です。

 

 

塗装屋ぬりべえで使用しているフッ素塗料

日本ペイントのパワーオーデフレッシュFという商品。特殊低汚染化成分を配合することで、従来の塗料に比べて高いレベルの親水性を発揮します。

 

塗膜の表面は低帯電性で緻密であることから汚染物質が付着しにくい構造になっています。

 

弾性仕様にすることもできるなどバリエーショが豊富なので家の状態に合わせてお選びいただけます。

 

 

 

フッ素塗料を使用した塗装事例

外壁が経年や立地によって色褪せ始めていること、サイディングボードのシーリング材に割れが見られるようになったことから塗装のご依頼をいただきました。

 

今後のことも踏まえて耐久性の高いフッ素塗料をお選びいただきましたので、15〜18年は安心してお過ごしいただけます。

 

外壁の汚れを気にされていたため、汚れが目立ちそうな面に濃い色、その他を薄い色というツートンカラーで仕上げました。

 

雰囲気がガラッと変わっておしゃれな印象になっています。

 

 

 

◼ まとめ

外壁塗装を検討する際、塗料選びに悩まれることも多いはず。今回はシリコン塗料とフッ素塗料についてご紹介してきましたが、それぞれ特徴や耐用年数、費用が異なります。

 

塗装屋ぬりべえで実際に使用している塗料や実際の事例もぜひ参考にしながら選んでみてください。

 

塗装屋ぬりべえでは、シリコン塗料とフッ素塗料以外にも、ラジカル塗料、遮熱塗料、無機塗料などさまざまなラインナップを取り揃えております。

 

ご希望に合わせて最適なプランをご提案いたしますので、千葉県と茨城県にお住まいの方はぜひお気軽にご相談ください。

 

 

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら