外壁塗装における養生|養生箇所や必要な道具とは

「養生」という言葉を聞くと、引っ越しの時に家の中や家具が傷付かないように段ボールや布を巻き付けたりテープを貼ったりする作業をイメージする方が多いかもしれません。外壁塗装においても、同じような役割で養生という作業を行います。今回は外壁塗装における養生について、必要な箇所や道具をご紹介します。

 

◼ 外壁塗装における養生

養生は引っ越しの際だけではなく、建築現場などで広く取り入れられている作業の一つ。外壁塗装においては、作業の前に養生を施し、引き渡し時には撤去するのが基本です。

 

・養生の役割

引っ越しや建築の現場では家を傷付けないためという理由が想像しやすいですが、外壁塗装ではどのような役割を果たしているのでしょうか。

 

外壁塗装は文字通り外壁を塗装する作業なので、塗らなくても良いはずの箇所を塗ってしまったり飛び散ったりする可能性があります。外壁塗装では箇所ごとに違う塗料を使ったり、塗る必要のない箇所があったりするため、間違えて塗ることを防ぐためにも養生は必要。

 

飛び散りに関しては、家の外壁に飛び散っただけであればまだ良いですが、車や近隣の家に飛んでしまうと困りますよね。このような意味合いから外壁塗装が必要だといえます。

 

また作業前に養生をしておくことで、塗装をする箇所と塗装しない箇所が明確に分かります。作業中に悩むことがないため、作業がスムーズに進むだけではなく、作業する職人さんの安全確保にもつながります。

 

◼ 養生の必要な箇所

外壁塗装では、家全体を飛散防止ネットで覆うのが基本の方法。それは車や近隣の家に飛散しないための対策ですが、塗装する家に対して養生する箇所としては「塗装をしない箇所全て」に養生をすることになります。そこで養生が必要な箇所について詳しくご紹介します。

 

・玄関まわり

玄関ドアやポスト、窓、玄関タイルなど、玄関まわりは塗装しない箇所がたくさんあります。塗装する外壁から離れていたとしても、万が一飛散してしまったら落とすのに手間がかかってしまうため、塗装しない箇所は養生することで飛散を防止します。

 

玄関の人が歩く部分は、引っかかったり滑ったりしないようなシートで養生。玄関ドアや窓は養生しても開閉できるような状態にしておきます。

 

・室外機や給湯器

家の外には、エアコンの室外機やお風呂の給湯器などがありますよね。室外機や給湯器も塗料が飛ばないように養生しますが、給気口や排気口を塞がないように専用のカバーやメッシュカバーで覆う必要があります。

 

夏場の塗装であれば、どうしても塗装作業中にエアコンを付けたいということもあると思いますが、室外機や給湯器にカバーを付けた状態で使用しても問題ないかどうかを塗装前に業者に確認するようにしましょう。

 

・車

家の隣や敷地内に車を停めていることも多いはず。塗料が車に付着してしまうと大変なので、車専用の養生カバーで覆います。簡単に取り外せるため、塗装工事中でも外出する際にはカバーを外して車に乗ることができます。

 

・植木や花壇

敷地内に木や花を植えている家もあるかもしれません。プランターや植木鉢など動かせるものは安全なところに動かした上で、枝をおったり枯らしたりすることのないように業者に伝えておくようにしましょう。

 

◼ 養生に必要な道具

外壁塗装業者は、養生箇所に応じてさまざまな道具を使い分けて塗装を行います。養生に必要な道具について特徴をご紹介します。

 

・飛散防止ネット

家全体を覆うメッシュシートである飛散防止ネットも基本的な道具。塗装工事を行う前に、高いところの作業を安全に行うために足場をせってしますが、飛散防止ネットは足場の設置と同時に施されます。紐で結んで固定するタイプが一般的で、重みがあるのが特徴。

 

メッシュシートなので通気性が高いだけではなく、風による影響を受けにくくなっています。他の家に飛散しないために最も必要な道具だといえます。

 

・養生用ポリシート

養生用ポリシートは窓枠などの養生に使われることが多く、窓枠全体を覆ったあとで縁取るようにマスキングテープで留めていきます。

 

・マスキングテープ

窓枠に使用する養生用ポリシートはマスキングテープとセットで使われることが多いですが、布テープよりも粘着力の弱いマスキングテープは使い道がたくさんあります。

 

・マスカー

窓枠には養生用ポリシートとマスキングテープを使うとご紹介しましたが、それらの機能が合体したものをマスカーといいます。マスカーがあればマスキングテープのように貼るだけで、覆う作業まで完結する優れものです。

 

またマスカーに滑り止め機能が付いたノンスリップマスカーというものもあります。滑り止めは作業する職人さんの安全を目的としているため、玄関まわりやベランダで使われるのが一般的です。

 

・ブルーシートや布カバー

足元に敷く養生にはさまざまな種類がありますが、ノンスリップマスカーの他にブルーシートや布カバーを使うことも。ブルーシートは滑り止め機能こそありませんが、幅広で長さがあるものが多いため広い範囲に養生したいときにぴったり。

 

布カバーはさらに滑りにくい特徴もあるため使い勝手が良く安全性も高い道具だといえます。

 

・車用カバーや室外機カバー

車全体を覆うことができる車用のカバー、室外機や給湯器の給気口を塞がないようになっているカバーなど、専用のカバーもよく使用します。家のまわりにあることが多いものなので、マスカーで作られたオリジナルのタイプもあるようです。

 

◼ 養生しなかったらどうなる?

もし養生をせずに塗装を行うと、塗料が飛散する可能性が高くなってしまったり、塗装しないはずだった箇所を塗装してしまったりすることがあります。塗装を行う際、丁寧な作業を心がけている業者は細心の注意を払いながら施工にあたりますが、それでも塗料が飛散してしまう可能性は否定できません。

 

塗装が飛散した場合は剥離剤を使用して塗料を剥がしますが、そのための手間が増えてしまうため業者側としても養生を行う方が安心です。

 

また塗装工事が終わったあとで塗料の付着に気付いた場合、剥離剤を使って自分で剥がそうとするのではなく業者に相談するようにしましょう。万が一車や近隣の家の塗料が飛散してしまった場合は保険が適用される可能性もあるため、自己判断で動くのではなく業者への相談をおすすめします。

 

◼  まとめ

外壁塗装を検討しているとき、養生の役割や養生箇所、必要な道具などが気になることもあるかもしれません。そもそも業者は塗料が飛ばないように注意しながら塗装するはずですが、それでも全く飛散しないとはいえません。万が一の飛散を防ぐため、職人さんが安心して作業を進めるために養生は必要な作業だといえます。

 

塗装屋ぬりべえでは、創業120年のリフォーム会社であるハウジング重兵衛の経験と実績を生かして、千葉県と茨城県で塗装事業を展開しています。お客様のご要望をお伺いした上で、最適なプランをご提案させていただいております。

 

足場や飛散防止ネットの設置、養生、下地処理、3度の塗装と、施工開始からお引き渡しまで丁寧な作業を心がけております。実際の事例も参考にしながら外壁塗装を検討してみてください。千葉県と茨城県で外壁や屋根の塗装をご検討の際は、塗装屋ぬりべえまでぜひお気軽にご相談ください。

 

汚れが目立たない色に塗装した事例

10年に一度のメンテナンス塗装

築22年で初めての塗装