MENU CLOSE
電話する
メール相談
おしゃれな外壁

外壁塗装に関するルールやマナー

外壁塗装を行う際には、塗装に関するルールやマナーを知っておきたいものです。塗装の必要性やタイミングなど外壁塗装に関する基本的な知識を身に付けた上で、相手に失礼のないように業者選びの際のマナーや近隣の方へのマナーなどの知識も知っておきましょう。

 

◼ 外壁塗装とは

ツートンカラーの外壁

家を建てたらそこがゴールというわけではなく、外壁や屋根の塗装といったメンテナンスを定期的に行う必要があります。しかし外壁の塗装は本当に必要なのかと思っている人もいるかもしれません。そこでまずは塗装の必要性と塗装のタイミングをご紹介します。

 

・塗装の必要性

塗装の必要性として、外壁の保護と耐用年数、美観の維持があげられます。外壁材にはさまざまな種類がありますが、一番の塗装の目的は外壁の保護。家の中でさえ不具合が出てくるのですから、雨風にさらされている外壁にメンテナンスが必要なのは言うまでもありません。もともと外壁材は塗装されていますが、年数が経つことで色褪せたりひび割れたり不備が出てくるため、定期的な塗り替えが必要なのです。

 

また外壁を塗装する塗料には種類があり、それぞれ耐用年数が決まっています。見た目に問題がなくても、耐用年数を過ぎると外壁の保護機能がなくなってしまいます。塗り替えやリフォームはつい後回しにしてしまいがちですが、あまりに放置すると内部まで腐蝕したりサビたりすることも。追加工事となると更に費用がかかってしまうことを頭に入れておくようにしましょう。

 

最後に、美観の維持について。家を建てるときに好きな外観にしてもらうように、塗装にも外観をきれいにするという役割もあります。色褪せたり汚れたりしてしまうと悲しいですよね。見た目だけのためにお金をかけるのも……と思う人は、外壁の保護や耐用年数という意味合いがあることを考慮して検討してみてください。

 

・塗装のタイミング

外壁をいつ塗り替えたら良いのかを悩む人もいるかもしれません。そこで塗り替えを行うタイミングについてご紹介します。まずは耐久年数を塗装のタイミングの目安にします。外壁材や塗料にはそれぞれ耐久年数がありますが、耐久年数を超えてもパッと見では劣化が分からないこともあるかもしれません。しかし気付かずに放置してしまったことで塗り替えだけでは済まないようなことになってしまう可能性も。塗り替えは耐久年数を目安にして定期的に行うようにしましょう。

 

次に劣化のサインを見極める必要があります。外壁は雨や風にさらされているため、年数が経つにつれて劣化が進んでいきます。見た目でも分かる色褪せや汚れ、コケなどは分かりやすい劣化のサインだといえます。色褪せは紫外線による劣化であり、外壁の色が濃いほど目立ちやすくなります。排気口から湿気のある空気が出るときに外壁を濡らしたり、雨が当たりやすい場所では汚れやコケがひどくなりやすい傾向にあります。

 

塗膜が劣化することで起こるチョーキングは、見た目だけでは分かりにくく触ってみる必要があります。またひび割れは危険を伴う場合もあるため、気付いたら早めに業者に相談するようにしましょう。他にもサイディングを採用している場合はコーキング、金属を使用している場合はサビ、外壁の剥がれなどにも注意が必要です。

 

◼ 業者選びの際のマナー

おしゃれな外壁

業者を選ぶ際には、気になる業者をいくつかに絞ってから相談や現地調査、見積もりを経て、良いと思った業者と契約に進むことになります。気になる業者を絞ってから業者を決定するまでの間に、複数の業者に相見積もりを出してもらうのが一般的な流れです。業者選びの際に知っておきたいマナーをご紹介します。

 

外壁塗装を行う際の費用をできるだけ抑えたいと思っている人も多いはず。相見積もりを出してもらった上で、複数の業者の見積もりを見比べてから費用を抑えられるような業者を選びたいですよね。しかし相見積もりを出してもらった際に、必要以上に値引きを要求するのはマナー違反だといえます。マナー違反であるだけではなく、値引きに応じるために業者が必要な部分の費用を削る可能性も。そうなれば必要な工程の手を抜いたり人件費を減らしたりと手抜き工事につながることもあるため注意が必要です。

 

◼ 近隣の方への対応マナー

モルタルの修復と塗装

外壁塗装を行う際には、近隣の方へのあいさつをしっかり行う必要があります。塗料が飛び散ったり、足場設置の際の騒音などでトラブルになってしまう可能性も考えられるため、今後も付き合いが続いていく近隣の方への対応マナーは守るようにしましょう。

 

・あいさつのタイミング

近隣の方へのあいさつは足場を設置する日の一週間~3日前までに行うのが一般的です。また足場が解体される日が決まったら、その3日前~前日までに改めてあいさつを行う必要があります。工事が終わったあとにもご協力いただいた感謝の気持ちを込めてあいさつすると印象が良くなることでしょう。近隣の方が在宅のときに伺えるのが理想なので、土日祝日の10時ごろ~16時頃の間で行くことをおすすめします。

 

・粗品

近隣の方にごあいさつする際、粗品を持って行くのが一般的です。業者があいさつに伺う場合はロゴ入りのタオルなどを持って行くこともありますが、自分であいさつに行く場合は石鹸や洗剤といった消耗品を持って行くと良いでしょう。あまりに豪華なものだと近隣の方に気を遣わせてしまうため、数百円程度のもので構いません。

 

・伝えるべき内容

近隣の方に伝えるべき内容は、業者名と工事の内容、期間、騒音が考えられる日など。室内干しをお願いするべき場合はその旨も伝えるようにしましょう。例文をご紹介します。「○○様、こんにちは。この度○○(業者名)様によって外壁塗装工事を行うことになりました。工事は○月○日から約2週間の予定です。足場の設置や高圧洗浄を行う日には騒音が起こるかもしれません。○○様にはご迷惑をお掛けしますが、何かありましたら○○までご連絡ください。よろしくお願いいたします。○○」近隣の方との関係性によって文面を変えながら考えてみてください。

 

◼ 外壁塗装中留守にするとき

スタイリッシュな外壁

外壁塗装工事は約2週間作業が続くことが多いですが、工事が行われている間ずっと家に居続けるのは難しいですよね。外壁塗装は留守にしていても業者に作業を任せることができますが、留守にするときに守りたいマナーがあるため知っておきましょう。

 

・立ち合いが必要な工程の確認

外壁塗装のほとんどの工程は家主が留守であっても問題がありません。しかし立ち合いが必要な工程がある場合はその日程を事前に確認しておくようにしましょう。例えば見積もり前の現地調査や養生前の私物の移動、トラブル箇所の確認、工事終了後の確認など。

 

・留守にする日を伝えておく

外壁塗装期間中に留守にする日が決まっている場合は、事前に相談しておくようにしましょう。留守になる日を伝えておくことで、家主が留守でもできる作業と立ち合いが必要な作業の段取りをしやすくなるためです。

 

・いつでも連絡を取れるように

留守にしている間にどのような作業を行ったのか、何があったのかを業者から教えてもらうために、いつでも連絡を取れるようにしておく必要があります。毎日作業報告書や連絡ノートを付けてくれる業者もありますが、必ずしもそのような手段を用意してくれる業者に当たるとは限りません。業者と契約する前に、留守中の連絡手段を確認しておくことをおすすめします。

 

・戸締りの徹底

外壁塗装期間中に留守にする場合、玄関や窓の戸締りを徹底するようにしましょう。外からの侵入を防ぐためというのはもちろん、業者とのトラブルを防ぐためという意味もあります。外壁塗装中は足場や養生シートで覆われていることから、空き巣に狙われやすい傾向にあります。万が一空き巣に入られたときに業者とのトラブルになることもあるため、戸締りを徹底するようにしましょう。

 

・安心して任せられる業者に依頼

外壁塗装中、留守にするときのマナーをご紹介してきました。外壁塗装を行う際には、安心して任せられる業者に依頼するようにしましょう。しかし業者とのトラブルを引き起こさないためにも、留守中はしっかり戸締り行うことは忘れないようにしましょう。

 

◼ まとめ

白の明るい外壁

外壁塗装を行う際には、業者選びや近隣の方へのあいさつのときに守るべきルールやマナーがあります。まず業者選びの際は複数の業者に相見積もりを出してもらうのが一般的ですが、その際に必要以上に値引きを要求することはおすすめしません。業者に良くない印象を与えるだけではなく、費用を抑えるために必要な工程の費用を削減することで対応しているように見せてくる業者がいる可能性があるためです。また近隣の方に挨拶する際は、タイミングや粗品、あいさつの内容を検討した上で伺うようにしましょう。気持ち良く外壁塗装を終えるためにも、ルールやマナーをしっかり守るようにしましょう。

 

塗装屋ぬりべえは、創業120年のリフォーム会社『ハウジング重兵衛』がプロデュースする塗装専門ブランドです。長年の経験と実績をもとに、お客様との信頼関係を大切にしながらリフォーム事業を展開しています。千葉県と茨城県で外壁や屋根の塗装をご検討の際はお気軽にご相談ください。地域最大級のショールームではカラーサンプルやカラーシミュレーションを使用した塗料のご相談も受け付けています。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

白と黒のスタイリッシュな外壁

モルタル修復と木部の塗装

紫外線で退色した外壁を明るく塗装

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。

相談ご希望店舗 必須
申込内容 必須
お名前 必須
お電話番号 必須
備考 任意

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。