外壁塗装の耐用年数は?寿命を延ばすコツは?

 

外壁塗装を一度すれば、耐用年数はどれくらいか気になるのではないでしょうか?

そこで、ここでは外壁塗装の耐用年数と、寿命を少しでも延ばすためのコツをご紹介します。外壁塗装で良い業者に施工してもらい、あなたもぜひ安心安全に生活できるようにしてください。

 

 

 

 

外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の耐用年数は、だいたい10年~20年ほどと言われています。

 

ただし、塗料の種類や新築を建てた直後だと20年~25年ほど持つこともあります。それでも、一般的には耐用年数は10年ほどが目安となっているのです。ですので、外壁塗装は10年~15年を目安に行うことが推奨されています。

 

外壁は経年劣化、自然災害によって脆くなってしまうことが多いです。放置すると安全に暮らすことが難しくなることから、外壁塗装は頃合いを見て行うのがベストと言えるでしょう。

 

外壁塗装が必要か判別するには?

外壁塗装が必要なのはわかったけど、「外壁塗装が必要かどうかの判別はどこで見極めるのが良いかわからない」という方も少なくないはずです。

その場合、以下の点をチェックしてみてください。

 

深いひび割れがある

外壁が劣化すると、縦線のようなひび割れが入ることがあります。大きな地震が発生すると、ひび割れが入ることも珍しくないのです。外壁材や塗装にひびが入るのがひび割れとなります。

浅いひび割れだとまだ大丈夫かもしれませんが、深いひび割れ(クラッキング)が起きれば、外壁塗装を行うタイミングと言えます。

ひび割れを放置すれば、隙間から雨水が侵入し雨漏りが起きることも考えられるのです。ですので、早めに対処するようにしてください。

 

チョーキング現象が見受けられる

チョーキング現象とは、外壁を触ったときに外壁の色と同じ粉がつく現象です。白い壁だと白い粉がつけば、チョーキング現象と言えます。この場合、塗料の効力が弱まってきているので、外壁塗装を行う時期でもあるでしょう。

 

外壁の汚れが目立つ

経年劣化により、外壁は汚れが目立ってきたり、変色してきたりします。ですので、外壁の汚れが目立っていると感じたときは、外壁塗装を検討するのが良いです。汚れがひどくなっているならば、それは耐久性が落ちているということです。

 

寿命を延ばすコツとは?

できるだけ「外壁塗装の耐用年数の寿命を延ばしたい」、そうお考えの方も多いはずです。その場合、以下の点を意識してみましょう。

 

耐用年数が長い塗料にする

塗料にはいくつかの種類があるため、寿命を少しでも延ばせるように耐用年数が長い塗料にするのがおすすめです。

フッ素塗料は耐用年数が15年~20年と言われているため、長持ちさせたい方に最適です。

 

優良業者に依頼する

外壁塗装の実績数が多い業者だと、優良業者である可能性が高いでしょう。そのような優良業者に依頼することで、ギリギリまで寿命を先延ばしすることが期待できます。「塗装屋ぬりべえ」であれば、外壁塗装実績が豊富で安心。

千葉県と茨城県にお住まいの方で外壁塗装のことでお困りの場合、塗装屋ぬりべえにご相談ください。

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram