外壁塗装は失敗しやすい?成功するためのポイントは?

建物の老朽化によって色褪せや汚れが目立つようになったという場合、外壁塗装をする必要があります。当然、外壁塗装で失敗したくないという思いが強いはずです。

 

外壁塗装は失敗しやすいのか?と気になっている方や、成功するためのポイントを知りたい方も多いのではないでしょうか。この記事をお読みいただき、ぜひ外壁塗装で満足できるようにしてください。

 

 

 

外壁塗装は失敗しやすいのか?

結論から言うと、外壁塗装工事で失敗することは少ないです。塗料の性能が向上したことや、専門業者ならばさまざまな経験、ノウハウを持っているので失敗しにくいためです。

 

しかし、外壁塗装工事で失敗がないとは言い切れません。特に実績が乏しい業者であったり、事前によく打ち合わせをしていなかったりすれば、失敗に終わることも考えられるのです。

 

以下で、外壁塗装工事で起こる失敗例をご紹介します。

 

外壁塗装工事で起こる失敗例

外壁塗装工事では、以下のことが起きることがあります。

 

塗膜がはがれる

外壁塗装工事をしてからまだ日が浅いにもかかわらず、塗膜がはがれるということも。これは、業者が工事をする際に不備があったことが原因の場合が多いです。

工事後1年以内に塗膜がはがれたとすれば、それは工事の際に不備があった可能性が高いでしょう。ですので、改めて補修してもらうようにしてください。

 

想定していたデザインと違った

外壁塗装の失敗例では、想定していたデザインと違ったというケースもあります。これは、塗料色選びに間違ったことが原因で起こります。

失敗しないためにも、色褪せ具合や汚れやすさなども考慮しながら色を選ぶのが良いと言えます。

 

手抜き工事をされる

悲しいことに、すべての業者が正しく丁寧に外壁塗装工事をしてくれるわけではありません。中には、手抜き工事をされて失敗したという方もいます。

明らかに仕上がりに問題のあるケースならば、業者にやり直しを求めるのも方法です。対応してもらえないときは、専門機関や消費生活センターなどに相談してみましょう。

 

外壁塗装で成功するためのポイント

外壁塗装で成功するためには、「見積もりは適切か」「実績が豊富か」「アフターフォローは万全か」などが挙げられます。

 

見積は適切であり、外壁塗装工事をした実績が豊富でアフターフォローが万全な業者ならば、高確率で成功できます。

 

そのことから、これらのポイントを意識しながら業者を選ぶようにしてください。そうすれば、外壁塗装で失敗するリスクが大幅に減るはずです。

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram