MENU CLOSE
電話する
メール相談
グレーの外壁

屋根リフォームの時期とリフォーム方法の選び方

屋根はなかなか俯瞰で見ることができないため劣化に気付きにくいですが、定期的なメンテナンスが推奨されています。そこでまずは屋根リフォームの種類とメンテナンス時期の見極め方、リフォーム方法の選び方についてご紹介します。実際の事例も参考にしながら、リフォームを検討してみてください。

 

◼ 屋根リフォームの種類

屋根の塗装

屋根を長持ちさせるためには劣化の症状を見極めた上で定期的なメンテナンスを行うことが大切です。しかし見た目の変化に気付きにくいこともあり、メンテナンスを後回しにしてしまうこともあるかもしれません。屋根の劣化が進んだり、衝撃などによって修理が必要になったりした場合、どのようなリフォーム方法があるのでしょうか。

 

・塗り替え

塗装は屋根のリフォームの中でも一番手軽なリフォーム方法であり、下地がそこまで傷んでいない場合に有効な方法です。屋根材ごとの塗装の目安となる時期を参考にしながら、機能性を維持するために塗装を行うようにしましょう。塗装が必要ない屋根材である場合、外壁塗装と同じタイミングで屋根の点検を行うようにすると安心です。手間や費用がかかるためつい後回しにしてしまいがちですが、放置すると塗装だけではなく大規模なリフォームが必要になってしまう可能性もあります。

 

・カバー工法

カバー工法とは、既存の屋根を撤去せずにそのまま新しい屋根材を上からかぶせる方法のことをいいます。下地は傷んでいなくても、屋根材が傷んでいるという場合に選ぶことができる工法です。既存の屋根を撤去・廃棄する費用や手間がかからないため、費用や工期を抑えることができるのがメリット。見た目が新しくなるだけではなく、屋根が二重構造になることから断熱性や遮音性といった性能が上がるのも嬉しいポイントです。

 

・張り替え

屋根の張り替えは、屋根材と下地の劣化が進んでいる場合に全てを新しくする屋根リフォームのことをいいます。既存の屋根の撤去・廃棄が必要なので費用と手間がかかってしまいます。しかし新しい屋根材の種類を選ばないことや下地の点検を同時にできることがメリットです。張り替えをしなくても良いように定期的な点検やメンテナンスを行うようにしましょう。

 

◼ 塗装が必要な時期の見極め方

ツートンカラーの外壁

屋根は全体像を見ることができないため、劣化していることに気付きにくいかもしれません。しかし定期的なメンテナンスは必要なので、リフォームのタイミングを見極める目安を知っておくことが大切です。そこで目安となるタイミングを知った上で、定期的に業者にメンテナンスを依頼するようにしましょう。

 

・耐用年数

屋根塗装に使われる塗料には耐用年数があります。塗装時期は、前回塗装した時期からの年数を目安にすることができます。シリコン塗料は8~10年、ラジカル塗料は12~15年、遮熱塗料は12~15年、フッ素塗料は15~18年、無機塗料は18~20年が一般的な耐用年数。環境や状態によって耐用年数は前後しますが、塗装時期の目安として考えてみてください。

 

・劣化の症状

屋根も外壁と同じように色褪せや変色が起こることがありますが、見えない部分も多いため初期段階で気付きにくいかもしれません。コケやカビの発生、反りやひび割れといった症状に気付いた場合はできるだけ早めに対応したいものです。瓦が落ちてきたり屋根材が剥がれてきたり、雨漏りがしているような場合はすぐに点検・修理を依頼するようにしましょう。実際に雨漏りがしてからでは遅い場合もあるため、耐用年数を参考にしながら定期的に点検してもらうのがおすすめです。

 

・雨漏り

雨漏りが起こったときは、屋根材だけの劣化ではなく屋根の内部まで劣化が進んでいることがほとんど。放置していると家の構造部分まで浸水してしまうなど取り返しのつかないことにもなりかねません。他の劣化の症状と比べて、早めの対応が推奨されているため業者に連絡して点検してもらうようにしましょう。

 

◼ リフォーム方法の選び方

シックな外壁

屋根のリフォームには、塗り替えとカバー工法、張り替えの3種類があることが分かりました。家の状態を見極めた上でリフォーム方法を選ぶ必要がありますが、リフォーム方法を決めかねているということもあるかもしれません。そこでリフォーム方法の選び方のポイントをご紹介します。

 

・塗装が適している場合

屋根は一番外側に屋根材、その内側に防水シートや野路盤で構成されていますが、劣化が屋根材の表面のみでとどまっている場合は塗装が適しています。表面だけの劣化の症状としては、色褪せや変色、塗装の剥がれ、チョーキングなど。チョーキングとは、外壁を触ったときに白い粉のようなものが手に付く症状のことをいいます。これらの症状が見られたときは、必ずしもすぐに塗装が必要な状況というわけではありませんが、できるだけ早めに塗装で対応するようにしましょう。

 

・カバー工法が適している場合

カバー工法が適しているのは、屋根材が劣化していたとしても屋根の内部までは劣化が進んでいないような場合。代表的な症状としてはひび割れや欠け、反りなどがあげられます。ひび割れは幅が0.3mm以下のものをヘアークラック、0.3mm以上のものを構造クラックといい、ヘアークラックの場合は簡単な補修で直せることもありますが、構造クラックの場合は劣化が進んでいる証拠となります。また塗装が適しているとご紹介した状態であったとしても、外壁の印象を変えたい場合にはカバー工法を行うこともあります。

 

・張り替えが適している場合

これまでにご紹介してきた状態よりも劣化が進んで、屋根全体が弱っているときには張り替えが適しています。野路板やルーフィングといった屋根の内部まで劣化していたり反りがひどかったりする場合など。屋根の内部を見ることはできないため、業者に調査を依頼して確認してもらうのが一般的です。雨漏りが発生しているときには野路板まで劣化していることが多いため、できるだけ早めに修理や張り替えを行うようにしましょう。

 

◼ 定期的な点検

白と緑の外壁

屋根は家を守ってくれる重要な役割を担っていますが、雨風や紫外線などで傷みやすい場所でもあります。家の屋根に気になる箇所が出てきたり、メンテナンスの時期になったりすると、点検だけでも早めに行いたいものです。屋根は劣化の度合いによって、部分的な修理だけで済む場合と塗装が必要な場合、劣化が進むとカバー工法や葺き直しが必要になることもあります。屋根の表面のツヤがなくなると色褪せや変色が起こり、チョーキングやひび割れへと劣化が進んでいきます。チョーキングが起こる前にメンテナンスを行うことで劣化の進み方を抑えることができます。屋根がひび割れると雨水が家の中に入ってしまい、構造部分の腐蝕や雨漏りにつながることがあります。また既に家の中までしみるような雨漏りがある場合はできるだけ早めに業者に相談することをおすすめします。

 

◼ 屋根リフォームの事例

屋根リフォームについて基本的な知識をご紹介してきましたが、実際の事例を見ることでリフォームの参考にすることができます。塗装屋ぬりべえが施工した屋根リフォームの事例をご紹介します。

 

・遮熱塗料で塗装することで屋根からの熱も安心

淡い緑の外壁

普段から定期的に塗装しており、そろそろ塗装の時期ということでご依頼いただきました。屋根からの熱が気になるということもおっしゃっていたため、遮熱塗料を使用して熱を和らげるように工夫しました。また外壁の色もベージュから淡い緑に変更して雰囲気を一新しています。

ビフォーアフターはこちら

 

・遮熱塗料を使用した屋根の塗装

グレーの外壁

前回の塗装から10年が経過したため、定期的なメンテナンスとして塗装をご依頼いただきました。鉄部分のサビが気になることと屋根に熱がこもりやすいとのことでしたので、屋根には遮熱塗料を使用しました。外壁は既存と同じ色を使用し、耐久性と費用とのバランスからラジカル塗料を選択。遮熱塗料を使用した屋根塗装がきれいになったことと、ツヤが回復して明るい印象になったことを喜んでいただけました。

ビフォーアフターはこちら

 

・カラーシミュレーションを使って外壁と屋根の色を決定

寒色系の外壁

年数的に色褪せや屋根の状態が気になっているとのことで塗装をご依頼いただきました。耐久性の高い無機塗料を使用することで、今後のメンテナンス時期を延ばしながらランニングコストを抑えることを意識しています。もともとは暖色系の色でしたが、寒色系の色を使用することで爽やかな印象に仕上がっています。カラーシミュレーションを使って色を選び、外観のイメージが変わって気に入ったとのお言葉をいただきました。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ まとめ

淡い色の外壁

屋根リフォームの種類として、塗り替えとカバー工法、張り替えの3種類があり、屋根の劣化の状態によってリフォーム方法を選ぶ必要があることをご紹介しました。劣化の度合いが一番軽度の場合は塗り替え、屋根材まで劣化していても内部は大丈夫だという場合はカバー工法、劣化が深刻な場合は張り替えが適しています。屋根は全体像を見ることが難しい箇所なので、屋根の状態が気になる場合は業者に依頼して点検してもらうようにしましょう。定期的な点検や早めのメンテナンスを行うことで家を長持ちさせることができます。

 

塗装屋ぬりべえは、創業120年のリフォーム会社『ハウジング重兵衛』がプロデュースする塗装専門ブランドです。屋根や外壁の塗装やリフォームを得意としており、長年の経験と実績を生かしながらお客様のご要望にお応えしてまいります。千葉県と茨城県で屋根や外壁の塗装をご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。

相談ご希望店舗 必須
申込内容 必須
お名前 必須
お電話番号 必須
備考 任意

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。