MENU CLOSE

屋根修理の種類と業者ごとの得意な工事とは

屋根が劣化したり破損したりすると、修理を依頼することもありますよね。屋根の修理の種類と、業者ごとの特徴と得意な工事、業者選びのポイントについてご紹介します。修理を依頼する業者を悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

 

◼ 屋根修理の種類

屋根のリフォーム

屋根を長持ちさせるためには劣化の症状を見極めた上で定期的なメンテナンスを行うことが大切です。しかし見た目の変化に気付きにくいこともあり、メンテナンスを後回しにしてしまうこともあるかもしれません。屋根の劣化が進んだり、衝撃などによって修理が必要になったりした場合、どのようなリフォーム方法があるのでしょうか。

 

・塗り替え

塗装は屋根のリフォームの中でも一番手軽なリフォーム方法であり、下地がそこまで傷んでいない場合に有効な方法です。屋根材ごとの塗装の目安となる時期を参考にしながら、機能性を維持するために塗装を行うようにしましょう。塗装が必要ない屋根材である場合、外壁塗装と同じタイミングで屋根の点検を行うようにすると安心です。手間や費用がかかるためつい後回しにしてしまいがちですが、放置すると塗装だけではなく大規模なリフォームが必要になってしまう可能性もあります。

 

・カバー工法

カバー工法とは、既存の屋根を撤去せずにそのまま新しい屋根材を上からかぶせる方法のことをいいます。下地は傷んでいなくても、屋根材が傷んでいるという場合に選ぶことができる工法です。既存の屋根を撤去・廃棄する費用や手間がかからないため、費用や工期を抑えることができるのがメリット。見た目が新しくなるだけではなく、屋根が二重構造になることから断熱性や遮音性といった性能が上がるのも嬉しいポイントです。

 

・葺き替え

屋根の葺き替えは、屋根材と下地の劣化が進んでいる場合に全てを新しくする屋根リフォームのことをいいます。既存の屋根の撤去・廃棄が必要なので費用と手間がかかってしまいます。しかし新しい屋根材の種類を選ばないことや下地の点検を同時にできることがメリットです。張り替えをしなくても良いように定期的な点検やメンテナンスを行うようにしましょう。

 

・漆喰補修

漆喰の補修工事は日本瓦が使用されている場合のリフォーム方法となります。瓦の下の下地として使われている漆喰が崩れてくると、雨漏りの原因となってしまうことがありますが、家を建ててから年数が経つと漆喰が剥離したり瓦がずれたりすることがあります。そのため漆喰の入れ直しや補充を行うことで補修を行います。瓦自体は耐用年数が30~50年と長い特徴がありますが、漆喰は15年程度を目安にメンテナンスを行うようにしましょう。

 

・棟板金交換

コロニアルなどのスレート屋根では、てっぺんで屋根を止めている金属板があります。経年劣化で固定していた釘が緩んだり、強風で浮き上がったりすることも。そういった場合のリフォーム方法として、棟板金交換工事を行うことになります。古い棟板金を取り外して新しいものを取り付ける棟板金交換工事は約10~15年に一度行うことをおすすめします。

 

・雨樋交換

経年劣化により雨樋が破損したりゴミが詰まったりすることがあります。そうなると雨漏りを引き起こすこともあるため、約10年を目安に雨樋の交換工事を行うことが推奨されています。メンテナンスをしっかり行うことで交換の必要がない場合もあるため、定期的なメンテナンスをおすすめします。

 

◼ 業者ごとに得意な工事が異なる

淡い色の外壁

屋根の修理を行っている業者にはさまざまな種類があります。業者ごとに特徴や得意な工事が異なるため、業者選びで悩んでいる人は参考にしてみてください。

 

・屋根板金業者

屋根板金業者は、屋根の修理の中でも板金を用いた工事が得意。屋根の補修や雨樋の工事なども専門としており、葺き替えも行うことができます。屋根材の種類のうちトタンやガルバリウム鋼板などの金属屋根の場合は、屋根板金業者に修理を依頼すると良いでしょう。

 

・瓦葺き替え専門

屋根材の種類の中でも、昔ながらの日本の住宅でよく使われていた瓦屋根があります。瓦屋根の葺き替えを専門としている業者もいますが、瓦屋根以外の葺き替えにも対応していることもあります。また葺き替えは行っていても塗装は行っていないという場合も。

 

・屋根塗装業者

屋根や外壁の塗装を専門とする業者もいます。塗装専門業者は塗装以外の工事をできない場合もあるため、工事をできる範囲を事前に確認するようにしましょう。

 

・リフォーム業者

リフォーム業者によっては、屋根や外壁の塗装・リフォームを行っていることもあります。屋根の修理が得意な場合と不得意な場合があるため、修理を依頼したいときには得意かどうかを確認するようにしましょう。

 

・工務店

工務店は会社としての規模が大きいものから小さいものまでさまざまです。屋根の修理を扱っている工務店が多いですが、行っていない工務店もあります。家を建てた工務店でアフターサービスとして行っている場合もあるため、チェックしてみてください。

 

◼ 修理業者選びのポイント

ツートンカラーの外壁

屋根の修理を行う際、どこかの業者に修理を依頼することになります。どの業者を選ぶべきか悩む人も多いと思いますが、業者選びのポイントをご紹介します。

 

・地域密着の業者

修理業者選びのポイントとして、地域密着の業者かどうかということがあげられます。地域密着ではない業者が悪いというわけではありませんが、地域密着の業者は地域の気候や風土を熟知しているため、より適切な修理をしてくれる可能性が高いためです。大手の会社は下請け業者に実際の修理を委託している場合もあるため、仲介手数料が加算されて費用が高くなってしまうことも。地域密着の業者で契約から施工までを一貫して行っているような業者に依頼すると、費用を抑えながら品質の高い施工を受けられるかもしれません。

 

・資格の有無

屋根の修理に限ったことではありませんが、屋根や外壁、建物にかかわる施工を行う際には、専門的な知識や技術が必要です。知識や技術があるかどうかを知るために、資格の有無が一つの指標となります。屋根の修理にかかわる資格には「一級・二級かわらぶき技能士」や「一級・二級板金技能士」、雨漏りの原因を究明するためには「一級・二級建築士」など、さまざまな種類の資格があります。修理を依頼したい分野に特化した資格を持っている業者を選ぶと良いでしょう。

 

・経験や実績

業者を選ぶ際には、インターネットで情報を調べることも多いかもしれません。業者のサイトには代表者のプロフィールや経験、創業からの施工実績が記載されていることがあります。施工件数だけで全てを判断できるわけではありませんが、実際に施工したお客様からの評価が悪ければ実績を重ねていくことはできません。実績があるということは、お客様からの一定評価がなされていると思っても良いかもしれません。

 

・アフターサービス

外壁や屋根の塗装は、美観だけではなく家の寿命にも関わってきます。そのため施工内容はもちろん大切ですが、何十年も住み続けることを考えるとアフターサービスも重要な項目となります。契約する前にアフターサービスや保証の内容をしっかり確認し、後々トラブルにならないためにも書面に起こしてあるかどうかもチェックするようにしましょう。

 

・丁寧な対応

業者を選ぶ際、対応が丁寧かどうかも一つのポイントです。塗装業者に相談をすると、見積もりを出す前に外壁や屋根の状態を確認するための現地調査を行います。調査をしっかり行っているように見えても、屋根の上まで上がらずに地上からチェックしているだけだったり専門知識のない人が行っていたりすることも。経験や資格の有無も確認しておくと良いかもしれません。屋根の場合は、防水性やコケ、縁切り、瓦の割れ、温度、屋根裏の状態などをチェックします。屋根材に霧吹きで水をかけることで防水性を確認、コケはルーペで劣化を確認、縁切りはヘラを差し込むことで排水を確認、瓦の割れは滑落した屋根がないかどうかを確認、温度は屋根表面の温度を測定します。事前調査は適切な修理や塗装に必要な工程です。丁寧に行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

また相見積もりを取る際に、電話やメールだけではなく実際に店舗やショールームを訪れることも多いはず。塗装してから後悔しないためにも、気になるところは質問しておきたいですよね。塗装を検討していることを相談したとき、プランや色を相談するとき、丁寧に説明をしてくれるかどうかも、業者選びのポイントとしてあげられます。

 

・価格の透明性

価格に透明性があるかどうかも業者選びのポイントとなります。見積もりを出してもらう際に、見積書にどのように記載されているかをチェックすることも大切です。相見積もりを取ることでだいたいの相場が分かるため、まずは相場と大きくかけ離れていないかどうか、工事内容や項目ごとの単位や数量が記載されているかどうかを確認します。「〇〇一式」や「諸経費」など、漠然とした言葉でまとめられている場合は注意が必要です。本当に記載されている額が費用としてかかったかどうかが分からないだけではなく、お得に見せかけて他の項目でかさ増しされている可能性もあります。

 

◼ まとめ

外壁と屋根の塗装

屋根修理の種類と業者ごとの特徴と得意な工事、業者選びのポイントについてご紹介してきました。屋根の修理について悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。塗装屋ぬりべえは千葉県と茨城県という地域に密着した屋根・外壁の修理やリフォームを行っています。長年の経験と実績をもとにお客様のご要望にお応えできるよう努めておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

無機塗料を使った塗装の事例

緑と茶色のツートンカラー塗装の事例

鮮やかなオレンジの塗装事例

お問い合わせフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
お電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
相談内容|詳細 任意

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。

※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。