MENU CLOSE
電話する
メール相談

【牛久市】屋根の塗装に適した時期とタイミング

alt="屋根塗装の時期とタイミング”

 

『屋根が色褪せてきた…』『築10年経ったけど、そろそろ塗り替え…?』と思うものの、実際にいつどのようなタイミングで塗り替えをしたらいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。
屋根の塗装は、適した時期やタイミングがあります。時期を押さえた上で屋根の塗装を進めていけば、綺麗な屋根を保ちながら、家そのものも守り続けることもできます。

今回は、屋根塗装の必要性、塗装に適した時期とタイミング、屋根塗装にお勧めの塗料などまとめてご紹介いたします。

 


コラムのポイント
・劣化防止のためにも、防水や断熱のためにも、定期的な屋根塗装のメンテナンスは必要です。
・建物の築年数や屋根材の耐用年数が長くなってきた時、剥がれや色褪せなどの劣化が目立ってきた時、雨漏りしている時などが屋根塗装に取り掛かるタイミングです。
・屋根のメンテナンスに適したタイミングを見極めて、希望にあった塗料で塗り替えを進めていきましょう。


 

目次

◼ 屋根の塗装はなぜ必要?
・劣化防止のため
・防水や断熱のため
◼ 屋根の塗装が必要なタイミング
① 建物の築年数、屋根材の耐用年数
② 剥がれや色褪せなどの劣化
③ 雨漏り
◼ 屋根塗装に適した時期
◼ 屋根の塗装事例をご紹介!
◼ 屋根の塗装はタイミングを見極めて!

 

 

 

 

 

 

 

屋根の塗装はなぜ必要?

 

alt="屋根塗装の時期とタイミング”

雨漏りしていない上、見た目も特に変わらないのであれば屋根の塗装は必要ないのでは…と思うかもしれません。しかし、屋根の塗装にはとても大切な役割があります。

 

劣化防止のため


雨や風、紫外線など、屋根は常に過酷な環境下に置かれています。それに加え、築年数も長くなってくると、古くなったり、壊れたり、と劣化は避けられません。屋根に塗られている塗料には、性能や効果が持続する耐用年数というものがあります。耐用年数が過ぎてしまうと、屋根を守ることができず劣化が進んでしまいます。

 

防水や断熱のため


屋根の塗料には、美観を保つ以外にも様々な効果があります。雨から家を守る防水機能、真夏の暑さや真冬の寒さから住人を守る断熱機能などです。これらの機能がなければ、雨水によって建材に水が染み込んで腐食し傷んだり、外気温の変化を受けて体調を崩したりしてしまいます。屋根の塗装をすることで、防水や断熱機能を保ちながら、家を守り続けることができます。

 

 

このように、屋根を長く大切に使い続けるため、大切な家に長く住み続けるためには、屋根の塗装は必要なのです。

 

 

 

屋根の塗装が必要なタイミング

 

alt="屋根塗装の時期とタイミング”

屋根の塗装をするタイミングは、次の3つのタイミングで判断すると良いでしょう。

 

① 建物の築年数、屋根材の耐用年数


家を建てて10年も過ぎると、劣化が見られるようになってきます。塗料の耐用年数もありますが、建材そのものも劣化してきます。この場合、瓦の吹き替えや屋根材の張り替えなど大きな工事が必要になってくるケースもあります。

築年数が長くなってきたら、塗り替えを検討し始めるタイミングです。

 

② 剥がれや色褪せなどの劣化


屋根に劣化症状が見られ始めたら、塗装のタイミングです。

 

剥がれ

塗膜が劣化してくると、塗料がはがれてきます。はがれてくると、雨や風によるダメージを受けやすく、急速に劣化してしまいます。早めの対処が必要です。

色褪せ

昔と比べると屋根の色が薄くなった場合、塗料が劣化しています。防水や断熱などの保護機能も、ほとんどなくなっている可能性もあります。

ひび割れ

地震や外部からの衝撃によってひび割れている、水に濡れて乾燥して…という繰り返しで屋根材がひび割れてしまっている、という場合、塗料の耐用年数関係なく家がダメージ受けてしまいます。

 

③ 雨漏り


雨漏りを見つけた場合、築年数や塗料の耐用年数関係なく、すぐに屋根の状態を把握しましょう。放置してしまうと、屋根だけでなく家全体の劣化が進んでしまいます。

 

 

 

 

 

屋根塗装に適した時期

 

alt="屋根塗装の時期とタイミング”

屋根の塗装は適した時期もあります。早急に塗装をしなければならないケースを除き、予定や資金状況とすり合わせながら計画を立てていくと良いでしょう。

 

春(3〜5月)

塗り替えの繁忙期である春は、空気が乾燥しており、塗料も良く乾く時期です。塗り替え工事が増えるため、早めに予約を取るようにしましょう。

夏(6〜8月)

前半は梅雨の影響を受け、予定していた工期が延びる可能性があります。後半は気温が高くなるため、塗料が乾きやすくなります。

秋(9〜11月)

空気が乾燥し、気候も安定しているため塗料が乾きやすい時期です。秋雨や台風上陸によって工期が影響を受ける可能性もあるので、注意が必要です。

冬(12〜2月)

空気が乾燥し、塗料が乾きやすい時期です。日照時間の短さや、積雪や低気温の影響を受けて塗料が乾かず、工期が延びる可能性があります。

 

塗料は気温5℃以上、湿度85%以下だと乾きやすいといわれています。これも踏まえて計画を立てることをお勧めします。

 

 

 

 

 

屋根の塗装事例をご紹介!

 

屋根の塗装事例をご紹介します。

 

錆が出ていた屋根を遮熱性の高い塗料で塗装


alt="屋根塗装の時期とタイミング” alt="屋根塗装の時期とタイミング”

10年ごとに定期メンテナンスをされている施主様。前回の塗装から10年が経過したため、そろそろ…というタイミングでの塗り替えです。

『サビが気になるのでどうにかしてほしい』『屋根に熱がこもるので遮熱の塗料を使ってほしい』『外壁と屋根の耐久性のばらつきを抑えたい』とのご希望でした。

現状の色が気に入っている、とのことだったので、耐久性とコストのバランスが取れたラジカルをお勧めし、熱を反射して耐久性を高める遮熱塗料を採用しています。

 

詳しくはこちら

https://nuribe.jp/properties/270_gaiheki_yane/

 

 

耐久性の高さでラジカル制御型シリコン塗装を選択


alt="屋根塗装の時期とタイミング” alt="屋根塗装の時期とタイミング”

築年数が長く、外壁が痛みすぎていることを気にされていた施主様。『塗装ができなくなる前に塗り直したい』とのことで、今回綺麗に塗装いたしました。

『予算内で耐久性の高い塗料にしてほしい』とのご希望を叶えるため、ラジカル制御型シリコン塗装を使って仕上げています。

 

詳しくはこちら

https://nuribe.jp/properties/479_gaiheki_yane/

 

 

屋根からの熱にも安心の遮熱塗料で塗替え


alt="屋根塗装の時期とタイミング” alt="屋根塗装の時期とタイミング”

定期的にメンテナンスをされている施主様。『今の色も飽きてきたし、そろそろ違う雰囲気にしたい』『屋根からの熱が気になる』というご希望でした。また、外壁よりも屋根の劣化の方が早く来るだろうから、屋根の塗料のグレードを高いものにしてほしい、と将来を見据えた上で塗料を選ばれています。

 

詳しくはこちら

https://nuribe.jp/properties/534_gaiheki_yane/

 

 

屋根の塗料は、紫外線に強い遮熱塗料の耐用年数は12~15年、長期的に塗膜を保持する無機塗料の耐用年数は18~20年、というように耐用年数や性能がそれぞれ異なります。また、塗り替える場所や塗膜の状態によっても選ぶ塗料が異なってきます。

塗装屋ぬりべえが採用している塗料の主な特徴、耐用年数、価格などはすべて以下のページにまとめていますので、ご覧下さい。

 

塗料について

https://nuribe.jp/price/#dtitle2

 

 

 

 

 

屋根の塗装はタイミングを見極めて!

 

alt="屋根塗装の時期とタイミング”

屋根のメンテナンスは、家を守り続けるためにも定期的に行うことをお勧めします。タイミングを見極めて、希望にあった塗料で塗り替えを進めていきましょう。

 

 

塗装屋ぬりべえは、千葉と茨城で地域に密着した屋根・外壁塗装と雨漏り修理の専門店として株式会社ハウジング重兵衛がプロデュースした塗装専門ブランドです。

外壁・屋根塗装や雨漏リ修理だけでなく、リフォームや新築、増改築に加えリノベーションなど住まいのトータルアドバイザーとして、施工実績件数は累計では2万件を超えるなど、お客様と地域とともに歩んでまいりました。

 

alt="屋根塗装の時期とタイミング”

雨漏り診断や外壁・屋根診断とその報告書とお見積りのご提出は完全無料となっており、ご報告書にご納得いただいたうえでお見積りをご提出。気になる施工費用につきましても、最初から費用が見える、分かりやすいセット価格や、長期保証など施工後のアフターフォローも整っております。初めてのお客様にも安心してお選びいただける塗装工事をお約束致します。

ぜひ一度、お問い合わせください。

alt="屋根塗装の時期とタイミング”

 

 

 

 

 

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。

相談ご希望店舗 必須
申込内容 必須
お名前 必須
お電話番号 必須
備考 任意

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。