MENU CLOSE
電話する
メール相談
シンプルな外壁

コーキングの役割と使われる場所

家を建てるときや外壁の塗り替えを検討しているとき、「コーキング」という言葉を聞いたことがある人も多いことでしょう。業者からコーキングについての説明をされたときに理解を深められるように、まずはコーキングの役割や使われる場所、メンテナンスなどについての知識を身に付けておきましょう。

 

◼ コーキングとは

ツートンカラーの外壁

お風呂のドアと床の隙間、浴槽と壁の隙間などのつなぎ目でゴムのような素材を見かけたことがある人もいるかもしれません。コーキングはパーツとパーツのつなぎ目を埋める素材のことです。コーキングと似た言葉として「シーリング」という言葉もありますが、ほとんど同じ意味で使われています。展色材と鉱物質充填剤を混ぜたペースト状のシーリング材のことをコーキング、目地などに充填することで防水性や気密性を高める材料のことをシーリングと呼びます。

 

コーキングは成分によって変成シリコンやポリウレタン、シリコンの3種類に分けられ、それぞれ特徴が異なります。変成シリコン系のコーキングは耐候性に優れているのが特徴であり、雨風の影響を受ける外壁や屋根などで使用されることがあります。窓のサッシや配管など使用できる箇所が幅広く汎用性が高い素材です。ポリウレタン系はサイディングやALCの目地で使用されることが多い素材。変成シリコンよりも費用が安いのがメリットですが、紫外線に弱いことから塗装による保護が必要です。シリコン系はキッチンやお風呂などの水回りで使用されることが多い素材であり、塗装できないため外壁には適していません。

 

また一般向けかプロ向けかによって1成分系と2成分系にも分けられます。1成分系は一本ずつカートリッジに入っているため、一般の人でも気軽に使うことができます。2成分系はコーキングと硬化剤が別になっており施工に技術が必要なプロ向けのものです。一般向けのコーキングはホームセンターなどでも買うことができるため、DIYとして使用する人も多くいます。雨漏りの補修などに使う場合はあくまでも一時的な応急処置という認識を忘れず、できるだけ早めに業者に点検や修理を依頼するようにしましょう。

 

◼ コーキングの役割

シンプルな外壁

キッチンやお風呂といった水回り、外壁など特徴によって適した素材は異なりますが、主な役割はほとんど同じです。使用する箇所は違っても、パーツとパーツの隙間を埋めて水や空気の侵入を防ぐことが主な目的です。ここでは外壁におけるコーキングの役割をご紹介します。

 

・水の侵入を防ぐ

コーキングを外壁に使用する場合、水の侵入を防ぐ役割を担っています。サイディングボードやALCといったパネルと張り合わせるタイプの外壁では、ぴったりくっつけていたとしても必ず隙間はできてしまいます。わざと隙間を空けて目地を作り、コーキングによって密着させることで水や汚れの侵入を防ぎます。目地から水や汚れが家の内部に入ってしまうと、雨漏りや腐蝕につながってしまうため、外壁だけではなく家としての寿命を延ばすためにも水の侵入を防ぐことは大切です。

 

・空気の出入りを防ぐ

コーキングは水だけではなく、空気の出入りを防ぐ役割もあります。気密性が高い特徴を生かして、冬場は外の冷気が入ってこないように、家の中の暖かい空気が逃げないように、夏場は逆の効果を発揮してくれます。

 

・衝撃吸収

コーキングはゴムのように弾力性のある素材でできているため、衝撃を吸収する力があります。お風呂のドアや窓のサッシではドアや窓の開閉をするときの衝撃を吸収しますが、外壁においてはサイディングボードやALCなどのパネルの隙間に埋めて使用します。気温の変化でパネルが伸縮したり、地震の揺れでパネルに負担がかかったりすると、ひび割れや破損につながります。パネル同士を直接固定すると歪んでしまったり耐久性が落ちたりしてしまうため、コーキングが緩衝材の役割を果たしてくれます。

 

◼ コーキングが使われる場所

ツートンカラーの外壁

コーキングには、水や空気が入ってくるのを防いでくれ、衝撃を吸収してくれる役割があることが分かりました。それらの特徴を生かして、住宅のあらゆるところでコーキングは使われています。そこでコーキングが使われている場所をご紹介します。

 

・外壁の目地

外壁にサイディングやALCパネルを使用している人にとって、一般的な使い方という認識の人が多いかもしれません。サイディングやALCはボードやパネルをつなぎ合わせることで外壁となっているため、必ずボードとボード、パネルとパネルの間に隙間が生まれます。その隙間を埋めるために使用するのがコーキング。コーキングの役割の項目でご紹介したように、ボードやパネルを直接つなぎ合わせるのではなく間にコーキングがあることで衝撃吸収の役割を果たしてくれます。

 

・ひび割れの補修

モルタルやコンクリートなど、外壁材の種類によってはひび割れが起こりやすいものがあります。幅が狭いひび割れでは補修だけで済むことがありますが、コーキングはひび割れの補修材としても使用されることがあります。このときシリコン系のコーキングは塗装できないため、変成シリコンやウレタンのコーキングを使用することがポイントです。

 

・雨漏りの補修

屋根がひび割れていたりずれていたりすると雨水が侵入してしまうこともありますし、天窓やサッシのまわりのコーキングが劣化することで雨漏りが発生することもあります。雨漏りの原因はさまざまですが、破損が小さい場合はコーキングで補修することができます。コーキングを使って自分で補修する場合は、あくまでも一時的な応急処置であることを認識しておきましょう。雨漏りの原因が分からないままあらゆるところにコーキングを施してしまうと、改善されるどころか悪化してしまうこともあるため、できるだけ早めに業者に点検・修理を依頼することをおすすめします。

 

・玄関や窓枠の補強

外壁の他に、コーキングは玄関の建具や窓のサッシまわりにも使われています。ドアや窓を設置するときに隙間を埋めて雨水が侵入するのを防ぐ役割があります。玄関や窓枠の補強に使用するコーキングは、変成シリコン系のものを選ぶようにしましょう。変成シリコンの中でもブリード現象というものを起こさない「ノンブリードタイプ」がおすすめ。ブリード現象とはコーキングが固まったあとに可塑剤が表面に出てくることをいいますが、塗装したときに浮き出てしまうためです。

 

・屋根に使用するときには注意が必要

屋根にコーキングを使用すると、軽いひび割れを補修できることや雨漏りを防げることなどのメリットがありますが、やり方を間違えると雨漏りを悪化させる可能性があります。雨が流れていく道をコーキングで塞ぐことで、本来と違うところに水が流れてしまうことがあるためです。また大きなひび割れや屋根材の変形などにはコーキングだけでは対応できないため、業者に依頼するようにしましょう。屋根の雨漏り補修などの理由から自分でコーキングを使用しようと思っている人もいるかもしれませんが、状況を悪化させる可能性があることを頭に入れた上で自己責任で行うようにしましょう。雨漏りの原因を突き止めるためにも、あくまでも業者に点検・修理してもらうことをおすすめします。

 

◼ コーキングのメンテナンス

スタイリッシュな外壁

ボードのつなぎ目を埋める役割を果たすコーキングですが、劣化しやすい部分でもあるため、定期的に補修を行う必要があります。コーキングの補修方法には主に打ち替えと増し打ちの二種類があります。家の外壁のコーキングの状態を確認して、どちらの補修方法を選択するべきか検討してみてください。

 

・増し打ち

既存のコーキングはそのままに、新しいコーキング材を上から重点する方法を増し打ちといいます。既存のコーキングの劣化がそこまで進んでいない場合に増し打ちを選ぶことができます。既存のコーキングを撤去する作業が必要ないことや、新しいコーキング材の量が少なくて済むことから、施工時間や費用を抑えることができます。

 

コーキングがひび割れてしまうほど劣化が進んでいる場合、増し打ちをしても既存のコーキングを修復できるわけではありません。また古いコーキングと新しいコーキングは馴染むことがないため、耐用年数は2~5年ほどしかないことを頭に入れておく必要があります。

 

・打ち替え

コーキングの打ち替えとは、既存のコーキングを撤去して新しいコーキング材を充填する方法のことです。一度打ち替えを行うと、耐用年数は7~10年といわれています。既存のコーキングを撤去する費用と新しいコーキングを重点する費用のどちらもかかるため工事費用は高くなることが多いですが、防水性や柔軟性を高められることから打ち替えが行われるのが一般的です。

 

◼ まとめ

暖色系の外壁

キッチンやお風呂といった水回りでよく見かけるコーキング。水回りだけではなく外壁や玄関、窓枠などさまざまところで使用されています。水や空気の侵入を防ぐことが主な役割ですが、外壁においては衝撃吸収の役割もあります。サイディングやALCのボードやパネルのつなぎ目を埋めることで緩衝材の役割を果たしてくれています。このように重要な役割を果たしているコーキングですが、劣化が進みやすい箇所でもあります。そのため外壁の塗装時期よりも早くメンテナンスを行う必要があります。メンテナンス方法としては、増し打ちと打ち替えの2種類がありますが、長い目で見ると打ち替えを行うことがおすすめです。

 

塗装屋ぬりべえは創業120年のリフォーム会社『ハウジング重兵衛』がプロデュースする塗装専門ブランドです。千葉県と茨城県という地域に根差した塗装事業を展開しており、お客様との信頼関係を大切にしながら施工を行っています。地域最大級のショールームではカラーサンプルやカラーシミュレーションを使って実際の仕上がりをイメージできますので、ぜひお気軽にお越しください。

モルタルの外壁の補修と塗装

色褪せた外壁を耐久性の高い塗料で塗装

ツートンカラーのおしゃれな外壁に

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。

相談ご希望店舗 必須
申込内容 必須
お名前 必須
お電話番号 必須
備考 任意

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。