MENU CLOSE
緑の外壁塗装

千葉県での外壁塗装事例をたっぷりご紹介します!

外壁のリフォームには、塗り替えとカバー工法、張り替えといった種類があります。それぞれ劣化の度合いや理想の外観によってリフォーム方法を選ぶことができます。そもそもリフォーム方法を悩んでいるという方、塗り替えを検討しているが具体的なイメージがついていないという方、実際の塗装事例を見て参考にしてみてください。塗装屋ぬりべえが千葉県で施工した事例をたっぷりご紹介します。

 

◼ 外壁リフォームの種類

レンガ調の外壁

外壁の劣化度合いや表れている症状によって、適切なリフォーム方法が異なります。施工方法の種類を知った上で、自分の家がどのような状態かを確認してリフォーム方法を検討してみてください。

 

・塗り替え

3つのリフォーム方法の中でも、劣化がそこまで進行していない場合に行えるのが「塗り替え」。外壁の表面を塗装することで、塗膜が新しくなって外壁材を守る働きをしてくれます。ツヤがなくなったり色褪せや変色が起こったりしている場合に塗り替えを行うと、見た目だけではなく機能性もアップします。塗装を行う前には高圧洗浄で外壁の汚れを落とし、ひび割れている部分があれば補修をした上で下塗り、中塗り、上塗りと3工程に分けて塗装が行われます。

 

・カバー工法

2つ目のリフォーム方法は「カバー工法」で、既存の外壁の上から新しい外壁材を重ねて設置する方法のことをいいます。既存の外壁の重さに新しい外壁材の重さがプラスされるため、家自体に負担がかかってしまうことがあります。そのため少しでも負担を軽減させるために金属などの軽い素材が選ばれるのが一般的です。カバー工法は張り替えよりも劣化が進んでいない場合に行える方法となりますが、外壁の下地まで腐蝕が進んでいないような状態で、外壁材を変えてイメージチェンジしたいときにおすすめの方法です。張り替えと比べて費用を抑えることができるのがカバー工法のメリットとなります。

 

・張り替え

3つ目のリフォーム方法として、既存の外壁を撤去して一から新しい外壁に取り換える「張り替え」があげられます。雨漏りをしていたり劣化が進んでいたりする場合には、塗り替えやカバー工法ではなく張り替えしか選ぶことができないことも。カバー工法では外壁に使用する素材に制限がありますが、張り替えの場合はさまざまな種類の中から選ぶことができます。下地まで腐蝕が進んでしまった場合でも新築のような見た目になるのがメリットですが、既存の外壁材を撤去するための費用や手間がかかってしまうのというデメリットも。

 

◼ 塗装の必要性

外壁塗装のアップ

外壁の塗装には費用がかかるため、つい後回しにしてしまっているという人もいるかもしれません。しかし外壁塗装を定期的に行うことが推奨されているのには理由があります。外壁塗装の必要性として、外壁材や家の保護と機能性の維持、美観の維持があげられます。外壁は家の一番外側にあるため物理的に家を守ってくれていますが、外壁を塗装することは外壁材や家を保護することにもつながります。前回の塗装から期間が空きすぎたり、劣化したまま放置していたりすると家自体の耐久性を損ねることも。

 

外壁塗装の必要性として2つ目に機能性の維持があげられます。塗装で使われる塗料は種類によってさまざまな機能を持っていますが、塗装から年数が経つにつれてどんどん機能が衰えていきます。防水性のない外壁材の場合は特に塗料で防水性を補う必要があります。家を建てる際にも外壁材には塗装が施されていますが、新築時に塗られている塗料はグレードの低いものが使われていることが多いため、初めての塗り替えは少し早めに行うことが推奨されています。

 

外壁塗装の必要性として3つ目に美観の維持があげられます。毎日家を見ていると、少しずつ蓄積される汚れに気付きにくいかもしれませんが、家の外壁は劣化すると色褪せや変色が起こってしまいます。外壁は家を見たときの第一印象を決める「顔」ともいえますが、来客があったときや家の前を人が通ったときに外壁が汚れていたり劣化していたりすると、印象が良いとはいえませんよね。また家の内装やインテリアを好きなテイストにこだわるように、外観でも個性を出すことができます。このように外壁をメンテナンスすることは家の「美観」を維持するためでもあるのです。

 

◼ 千葉県での外壁塗装事例①

外壁塗装の事例

近所の家が塗装できれいになったこともあり、そろそろやらなければ…とのことでご依頼いただきました。雨漏りも気になっているとお聞きしましたので、手頃な価格で耐久性の高いラジカル制御型シリコン塗装をおすすめいたしました。細かいところまできれいに施工したこと、第三者機関の検査が入ったため安心できる施工だったことを喜んでいただけました。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 千葉県での外壁塗装事例②

緑のおしゃれな外壁

千葉県佐倉市のこちらのお家は、外壁の汚れや塗膜の劣化が気になるとのことで塗装のご依頼をいただきました。紫外線による退色、経年劣化による藻の発生が原因で塗膜が劣化していました。濃い目の緑をお選びいただいたことで、汚れが目立ちにくい仕上がりとなりました。付帯部分の白とのコントラストがおしゃれな外観になっています。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 千葉県での外壁塗装事例③

ツートンカラーのおしゃれな外壁

年数が経過したことで外壁が傷みすぎて塗装ができなくなるという状態になる前にきれいに塗装したいとのことでした。予算が限られている中でも耐久性の高い塗料をご希望でしたので、ラジカル制御型シリコン塗装をおすすめいたしました。もともとの外観もツートンカラーでしたが、1階と2階の外壁の柄の違いを生かせるようなツートンカラーをご提案。温かいイメージのツートンカラーの外観に仕上がったことを喜んでいただけました。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 千葉県での外壁塗装事例④

緑の外壁塗装

千葉県銚子市のこちらの事例は、塗装をしなければならない時期に差し掛かってきたことやコケが目立ち始めたことから塗装をご依頼いただきました。前回の塗装で失敗してしまったため今回は失敗しない業者に…とのことで塗装屋ぬりべえを選んでいただきました。コケが目立ちにくい色で仕上げたいとのご希望がありましたので、濃い目の緑をご提案。もともとはベージュ系の明るい色味でしたが、重厚感のある緑にご満足いただけました。次の塗装時期をできるだけ延ばせるように耐久性の高い無機塗料で仕上げております。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 千葉県での外壁塗装事例⑤

淡い色の明るい外壁

10年ごとに定期的なメンテナンスを行っており、前回の塗装から10年が経過したためご依頼をいただきました。鉄の部分のサビが気になるためサビが出ないようにしてほしいという点と、屋根の熱がこもりにくい遮熱塗料で塗装してほしいとのご要望でした。既存の外壁の色が気に入っているとのことでしたので、同じ色を選びつつ耐久性と価格のバランスが良いラジカル塗料をお選びいただきました。屋根には熱を反射しながら耐久性を高めてくれる遮熱塗料を使用。ツヤが回復して明るくなったこと、屋根に遮熱塗料を使用したことで10年は安心して暮らせるとのお言葉をいただきました。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 千葉県での外壁塗装事例⑥

白いおしゃれな外壁塗装

屋根から雨漏りが起こっており、天井にもシミができているとのことでした。前回の外壁塗装から年数が経っているため、傷みが出てくる前に防水効果を復活させたいこと、雨樋の不具合もあるため交換したいことがご要望としてありました。予算がある中で、コストパフォーマンスの良いシリコン塗料での塗装でのプランをご提案。梅雨に入る前に塗装を終えることができたので、比較的スムーズに施工することができました。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ まとめ

外壁リフォームの種類と塗装の必要性を説明した上で、千葉県で実際に行った塗装の事例をご紹介してきました。塗装の必要性が分かると塗装をしなければ…という気持ちになるはずですが、具体的なイメージが付きにくいこともありますよね。実際の塗装事例を参考にしながら、イメージを膨らませてみてください。塗装屋ぬりべえは創業120年のリフォーム会社『ハウジング重兵衛』がプロデュースする塗装専門ブランドです。お客様のご要望をしっかりお聞きした上で、最適なプランをご提案致します。千葉県と茨城県で外壁塗装を行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

お問い合わせフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
お電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
相談内容|詳細 任意

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。

※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。