外壁塗装では業者選びが重要?手抜き工事に注意

 

外壁塗装において注意したいのが、手抜き工事です。手抜き工事をされると、さまざまな悪影響があります。

 

そこで、外壁塗装では業者選びが重要なこと、手抜き工事被害に遭わないためにすべき対策を解説していきます。外壁塗装で満足いくように、正しく業者選びができるようにしてください。

 

 

 

外壁塗装は業者選びを間違うと大変

残念ながら、外壁塗装では少なからずトラブルも起きてしまいます。手抜き工事をされるケースや、相場よりも遥かに高額な料金を請求されるケースです。そのため、業者選びを間違うと大変です。

 

そうならないためにも、見極めが何よりも重要です。被害に遭わないために、十分に外壁塗装に関する知識を付けることが大切。

 

あなたが外壁塗装で満足できるように、手抜き工事の心配がない業者に依頼するのがベストとなります。

手抜き工事で多い事例

以下で、手抜き工事で多い事例をご紹介します。

 

契約とは違う塗料を使う

手抜き工事で多い事例として、契約内容とは違う塗料を使用することです。安い塗料を使うことで、業者側は利益を出せます。

ですので、その場合は業者にやり直しを求めたり、第三者機関に相談したりするのも方法です。

 

塗料を塗る回数が少ない

外壁塗装は3回塗りが基本なため、1回や2回しか塗らない業者だと手抜き工事となります。塗る回数が少なければ、耐久性が弱くなるのです。ですので、しっかりと3回塗ってもらうようにしましょう。

 

ひび割れ補修を怠る

外壁塗装では、十分にひび割れ補修をする必要性があります。ですが、手抜き工事をして、ひび割れ補修をしない業者も存在します。ひび割れ補修をせず塗装すれば、塗装したとしてもひびが浮き出ます。

それにより、再び水を吸い込んでしまって問題が解決できません。そうならないように、ひび割れをきっちりと補修してくれる業者を選びましょう。

 

 

手抜き工事被害に遭わないための3つの対策

 

知識があることをアピールする

外壁塗装で被害に遭わないためには、依頼する業者に外壁塗装についての知識があると思わせることです。

例えば、塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3回が基本なため、「塗料は3回塗ってくれますか?」と質問してみるのも良いでしょう。これをはぐらかすようならば、依頼しないほうが良いと言えます。

 

複数業者から見積もりを取る

外壁塗装に限りませんが、工事の際には複数業者から見積もりを取ることが大事です。引っ越し業者に依頼する場合と同じく、1社だけでなく複数の業者に見積もりを取ることで失敗するリスクを下げられます。

1社だけで決めずに、まずはいくつかの業者から見積もりを取るようにしてください。

 

飛び込み営業には容易に応じない

電話、あるいは自宅に訪問をして、外壁塗装をしないかとしつこく勧誘する業者も少なくありません。

しかし、飛び込み営業には容易に応じないことが大切。高額請求されるリスクが高いですし、手抜き工事被害に遭う可能性も高いためです。評判の良い外壁塗装実績が豊富な業者だと、無理な勧誘はしません。少しでも不自然に感じたときは、依頼しないようにしてください。

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram