外壁塗装で白黒の色はどう?実際の塗装事例も

 

外壁塗装をする際に色選びで悩むこともあると思いますが、色やデザインだけではなく機能性や耐久性、予算にも着目して選ぶ必要があります。「白黒が無難かな?」「モノトーンの外壁ってどうなんだろう?」「白や黒は汚れやすいって本当?」など、色に関する疑問はたくさんありますよね。

 

外壁塗装における色選びのポイントと、白と黒の色を選ぶメリット・デメリット、白黒の外壁塗装事例をご紹介します。

 

◼ コラムのポイント

1、外壁塗装の色選びの概要を知ることができます

2、外壁塗装における白と黒のメリットとデメリットが分かります

3、白黒の外壁塗装とその事例について学ぶことができます

 

◼ 外壁塗装の色選び

外壁塗装の色を選ぶ際には、好みの色やデザインということはもちろん、機能性や耐久性、予算などさまざまなことを考慮する必要があります。高い費用をかけて塗装したにもかかわらず、仕上がりを見たときに「失敗したな…」と感じることのないようにしっかり考えて選ぶようにしましょう。

 

【色選びのポイント】

  • 汚れの目立ちにくさ
  • 周りの色との調和
  • 飽きない色

 

色選びでお悩みの方はこちらもご覧ください
外壁塗装における色選びの基準と色見本の使い方

 

◼ 外壁塗装における白

白という色は、清潔感や開放感、爽やかさといったイメージがあるため、外壁塗装でも人気の高い色の一つ。白といっても黄みがかったアイボリー系や青みがかったオフホワイトなど、色味にはたくさんの種類があります。外壁塗装で白を選ぶことにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

・メリット

白は光の反射率が高いため、家の外観に明るい印象を与えてくれます。明るい色は膨張色といわれているため、実際の家の大きさよりも広がりを感じさせてくれるというのもメリットの一つ。

 

光の反射率が高いことで、暗い色の外壁と比べて温度の上昇を抑えてくれます。外壁を白に塗装することで家の中の温度上昇を抑えられるので、冷房の使用頻度が減り、光熱費の削減や省エネにもつながります。

 

また外壁全体を白で塗装することもありますが、白はどんな色とも相性が良いので、他の色と組み合わせてツートンカラーにしたりアクセントカラーを入れたりすることにもぴったり。白黒の組み合わせにすればクールさやモダンな雰囲気に、淡い色味と組み合わせるとナチュラルな印象になるなど、組み合わせる色によって印象を変えることができます。

 

・デメリット

白い外壁の一番のデメリットは、汚れが目立ちやすいということ。カビやコケ、砂埃、雨筋など汚れにはたくさんの種類がありますが、グレーやベージュなどの中間色が一番汚れが目立ちにくいといわれています。白い外壁では特に黒っぽい汚れや濃い色の汚れが目立ちやすいため、こまめなメンテナンスが必要になります。

 

また光の反射率が高い性質から、外壁を見ると眩しく感じられることも。隣の家との距離が近い場合は、ご迷惑になってしまう可能性もあるため、光が入ってしまわないかどうか事前に確認した上で色を選ぶと良いかもしれません。

 

白の外壁が気になっている方はこちらのコラムも参考にしてみてください
白の外壁は汚れが心配…という方必見!汚れにくくする工夫と維持方法

 

◼ 外壁塗装における黒

黒の外壁というとおしゃれで都会的なイメージが強いため、塗装のタイミングで黒にしてみたいと思っている方も多いかもしれません。外壁塗装で黒を選ぶことには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

・メリット

黒の外壁のメリットは、何といってもそのデザイン性の高さ。おしゃれで都会的な印象、洗練された印象の家にしたい方にぴったりの色だといえます。黒の外壁は人気が高まっているとはいえ、まだまだ珍しいため個性を出したい方は黒を選んでみてはいかがでしょうか。

 

黒一色で塗ることはもちろん、木目調やコンクリート、白、グレーといった他の色や素材との相性も抜群。どんな色や素材と組み合わせるかによって印象が大きく変わります。

 

家の外壁は年数と共に劣化してしまいますが、黒ずみ汚れが目立ちにくいこともメリットの一つ。白い外壁よりも汚れが目立ちにくいため、きれいに保ちやすいといえます。

 

・デメリット

黒という色は日光を吸収しやすい性質があるため、熱を帯びやすいことが一番のデメリット。夏場は外壁に触るだけで熱さを感じるため、小さいお子様がいる場合には注意が必要です。日光を吸収しやすい性質があるものの、断熱材を使ったり通気層を作ったりすることで家の中への影響を抑えることができます。

 

黒い外壁は紫外線のダメージを受けやすいこともデメリットの一つ。紫外線を集めやすいため、塗装が剥がれやすかったり色褪せやすかったりすることも頭に入れておきましょう。

 

黒の外壁は珍しいこともあり、近隣の家から黒い外壁が目に入ることが嫌だと感じられる方もいるようです。明るい外壁の家が周りに多い場合は悪目立ちする可能性もあるため、近隣の景観との調和も考慮した上で選ぶようにしましょう。

 

黒い外壁の特徴や色選びの前に知っておきたいポイントはこちら
黒い外壁の特徴や知っておきたいポイントをご紹介

 

◼ 白黒(モノトーン)の外壁

千葉県佐倉市 外壁塗装|階で色分けした外壁で新築のような仕上げに アフター

白と黒の外壁のメリットとデメリットをご紹介してきましたが、どちらも他の色と組み合わせることに適した色だということが分かりました。どちらも無彩色で主張しすぎないので、白黒で組み合わせた外壁も人気です。

 

白黒で組み合わせることで、メリットを生かしつつデメリットを補い合うことができます。モノトーンのデザインが好きな方は白黒の外壁を検討してみてはいかがでしょうか。

 

◼ 白黒の外壁塗装事例

白黒の組み合わせの外壁は相性が良く、人気も高いことをご紹介しました。実際に白黒の外壁に塗装した事例をご紹介するので参考にしてみてください。

 

・白黒の外壁の中に木目をアクセントに

外壁の劣化やコケの繁殖が気になっていたことから塗装の依頼をいただきました。劣化が進んでいたため張り替えの必要があり、全体は白黒のツートンカラーでまとめ、部分的な張り替え箇所に木目調の外壁を使用することでアクセントに。

 

 

・白と黒のおしゃれなツートンカラーに塗装

日当たりが良く経年による色褪せやコーキングの割れが気になっていたことで塗装のご依頼をいただきました。新築時に北側を白にしたい思いがあったものの汚れが気になってできなかったため、塗り替えでは北側を白に塗りたいとのご要望がありました。

 

白と黒のツートンカラーでの塗装ですが、白の色味が以前とは異なり温かみのある印象に仕上がりました。

 

 

・階ごとに色を塗り分け

汚れが目立ってきたのできれいにしたいとのことで塗装のご依頼をいただきました。もともとツートンカラーでしたが、今回も階ごとに色を分けたツートンカラーで仕上げました。

 

暖色系だった外壁が白と濃紺のスタイリッシュな外壁にイメージチェンジ。家の下半分に濃い色を選ぶことが多いですが、上半分に濃い色を持ってくることで鮮やかな配色になっています。

 

 

 

◼  まとめ

外壁塗装の色選びについて、白や黒の外壁に塗装するメリットとデメリット、白黒の組み合わせの塗装についてご紹介してきました。色選びで悩むことは多いと思いますが、デザインや機能性、耐久性、予算などを総合的に判断して色を決めるようにしましょう。

 

塗装屋ぬりべえでは外壁や屋根の塗装を行なっております。単色での塗装はもちろん、ツートンカラーやアクセントカラーなどたくさんの施工実績がありますので、参考までにご覧ください。千葉県と茨城県で外壁塗装をご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。

 

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら