外壁塗装で起きる剥離とは?

 

外壁塗装では、「剥離」と呼ばれる現象が起きることがあります。そこで、ここではそんな外壁塗装の剥離とは何か?どのような特徴があるのかご紹介していきます。

その原因について、ぜひ理解を深められるようにしてください。そうすれば、何かと役立つはずです。

 

 

 

 

外壁塗装における剥離とは?

外壁塗装で起きる剥離とは、経年劣化により塗装が剥がれてくることです。ですが、1年~2年ほどのまだ外壁塗装をしてから間もない時期にこの剥離が起きれば、それは施工不良が考えられます。

本来、外壁塗装は10年以上経過するなどで経年劣化していくのですが、剥離だと1年~2年ほどの短い期間で起きてしまうのです。

ですから、1年~2年で剥離が起きた場合、依頼した業者が丁寧に工事をしなかった可能性が極めて高いと言えます。

 

剥離が起きる原因

外壁塗装をしてからまだ1年~2年ほどで剥離現象が見受けられる場合、それは下地と塗装(塗膜)が十分に密着、定着できていないことが原因です。

剥離が起きる原因として、以下のものがあります。

 

塗装前に下地処理、洗浄がちゃんとできていない

雨や風など外敵からのダメージを常に受けている外壁ですので、劣化した塗膜が残っていることや、カビや錆び、不純物が付着しています。良い塗料を使っても塗料が定着せず、剥離の原因になることがあります。ですので、塗装前に、劣化した塗膜の処理、不純物を落とす作業をすることが大切です。

 

下塗りが適切にできていない

外壁塗装では、下塗り、中塗り、上塗りの3回が基本となります。下塗は、プライマーやシーラーなど下塗り用の塗料を使って行います。下塗りが適切に行われていなければ、塗装が剥がれる原因になるのです。

 

外壁が想像以上に劣化している

外壁がかなり劣化していた場合、上から無理やり塗装しても塗装が剥がれやすいのです。ですので、そんなときは下地からの補修が必要不可欠となります。

その他にも、下地と塗料の相性があまり良くない場合も剥がれが起きてしまうことがあるため注意しましょう。

 

 

外壁塗装なら塗装屋ぬりべえ

千葉県と茨城県で外壁塗装をするならば、「塗装屋ぬりべえ」にお任せください。ハウジング重兵衛のプロ専門ブランドとして、多くのお客様から信頼を得ています。

重要となる外壁塗装だからこそ、しっかりと丁寧に工事する必要があるのです。塗装屋ぬりべえでしたら、お客様と十分にコミュニケーションを取りながら、納得できる仕上がりにすることが可能です。

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram