MENU CLOSE
電話する
メール相談
暖色系の塗装と雨漏り修理

外壁塗装に関する基礎知識と茨城県での施工事例

家を建ててから年数が経つと、外壁の汚れや劣化が気になり始める人も増えるのではないでしょうか。外壁材や塗料ごとに耐用年数は異なり、環境やお手入れの仕方によっても劣化の度合いが変わってきます。そこで外壁塗装に関する基礎知識をご紹介した上で、茨城県での塗装事例をたっぷりご紹介します。

 

◼ 外壁塗装に関する基礎知識

ツートンカラーの外壁

外壁の塗装を検討する際には、外壁リフォームの種類や塗装の必要性、タイミング、費用や工期といった基本的な知識を身に付けておきたいものです。何となくそろそろ外壁塗装をするべきかな?と思い始めた頃に読んで参考にしてみてください。

 

・外壁リフォームの種類

外壁の劣化度合いや表れている症状によって、適切なリフォーム方法が異なります。施工方法の種類を知った上で、自分の家がどのような状態かを確認してリフォーム方法を検討してみてください。3つのリフォーム方法の中でも、劣化がそこまで進行していない場合に行えるのが「塗り替え」。外壁の表面を塗装することで、塗膜が新しくなって外壁材を守る働きをしてくれます。ツヤがなくなったり色褪せや変色が起こったりしている場合に塗り替えを行うと、見た目だけではなく機能性もアップします。塗装を行う前には高圧洗浄で外壁の汚れを落とし、ひび割れている部分があれば補修をした上で下塗り、中塗り、上塗りと3工程に分けて塗装が行われます。

 

2つ目のリフォーム方法は「カバー工法」といい、既存の外壁の上から新しい外壁材を重ねて設置する方法のことをいいます。既存の外壁の重さに新しい外壁材の重さがプラスされるため、家自体に負担がかかってしまうことがあります。そのため少しでも負担を軽減させるために金属などの軽い素材が選ばれるのが一般的です。カバー工法は張り替えよりも劣化が進んでいない場合に行える方法となりますが、外壁の下地まで腐蝕が進んでいないような状態で、外壁材を変えてイメージチェンジしたいときにおすすめの方法です。張り替えと比べて費用を抑えることができるのがカバー工法のメリットとなります。

 

3つ目のリフォーム方法として、既存の外壁を撤去して一から新しい外壁に取り換える「張り替え」があげられます。雨漏りをしていたり劣化が進んでいたりする場合には、塗り替えやカバー工法ではなく張り替えしか選ぶことができないことも。カバー工法では外壁に使用する素材に制限がありますが、張り替えの場合はさまざまな種類の中から選ぶことができます。下地まで腐蝕が進んでしまった場合でも新築のような見た目になるのがメリットですが、既存の外壁材を撤去するための費用や手間がかかってしまうのというデメリットも。

 

・外壁塗装の必要性

外壁の塗装には費用がかかるため、つい後回しにしてしまっているという人もいるかもしれません。しかし外壁塗装を定期的に行うことが推奨されているのには理由があります。外壁塗装の必要性として、外壁材や家の保護と機能性の維持、美観の維持があげられます。外壁は家の一番外側にあるため物理的に家を守ってくれていますが、外壁を塗装することは外壁材や家を保護することにもつながります。前回の塗装から期間が空きすぎたり、劣化したまま放置していたりすると家自体の耐久性を損ねることも。

 

外壁塗装の必要性として2つ目に機能性の維持があげられます。塗装で使われる塗料は種類によってさまざまな機能を持っていますが、塗装から年数が経つにつれてどんどん機能が衰えていきます。防水性のない外壁材の場合は特に塗料で防水性を補う必要があります。家を建てる際にも外壁材には塗装が施されていますが、新築時に塗られている塗料はグレードの低いものが使われていることが多いため、初めての塗り替えは少し早めに行うことが推奨されています。

 

外壁塗装の必要性として3つ目に美観の維持があげられます。毎日家を見ていると、少しずつ蓄積される汚れに気付きにくいかもしれませんが、家の外壁は劣化すると色褪せや変色が起こってしまいます。外壁は家を見たときの第一印象を決める「顔」ともいえますが、来客があったときや家の前を人が通ったときに外壁が汚れていたり劣化していたりすると、印象が良いとはいえませんよね。また家の内装やインテリアを好きなテイストにこだわるように、外観でも個性を出すことができます。このように外壁をメンテナンスすることは家の「美観」を維持するためでもあるのです。

 

・外壁塗装のタイミング

外壁の汚れや劣化が目立ってくると、「そろそろ塗装の時期かな」と思うことでしょう。しかし外壁塗装には費用がかかるため、できるだけ後回しにしたいと思うのも本音ですよね。そこで外壁塗装の目安となるタイミングについて知っておきましょう。まずは外壁材や塗料の耐用年数。外壁材や塗料にはさまざまな種類がありますが、それぞれ耐用年数が異なるため一つの目安とすることができます。

 

次に劣化の症状。外壁は年数が経つと、さまざまな劣化の症状が現れてきます。劣化の初期症状として色褪せや変色が起こり始め、紫外線を受けることで塗膜が劣化すると塗料に含まれる顔料が表面に浮き出るチョーキングという現象が起こり始めます。これらの症状は必ずしもすぐに塗装が必要というわけではありませんが、放置すると更なる劣化につながる可能性があるため注意して経過を観察するようにしましょう。劣化が進むと外壁のひび割れや雨漏りが起こることもあり、家自体の腐蝕へとつながることも。

 

築年数も外壁塗装のタイミングの目安となります。新築時の外壁にも塗装は施されていますが、グレードの低い塗料が使われていることがあります。そのため、2度目以降の塗り替えよりも、初めての塗り替えの方が短いスパンで行わなければなりません。外壁材や塗料の種類にもよりますが、一般的に5~10年を目安に塗装を検討したいものです。家を建ててから5年で塗装というのは早いように感じられるかもしれませんが、外壁の機能が衰えたまま放置しておくと家自体の劣化にもつながってしまいます。できるだけ早めにメンテナンスを行うことをおすすめします。

 

・外壁塗装の費用

外壁塗装に関する知識を身に付けていくと、費用がどのくらいかかるのか、ということについても気になりますよね。そこで外壁塗装における費用の内訳や相場、工期についてご紹介します。塗装費用の内訳は、足場代が費用全体の20%、材料費が20%、人件費が30%、その他30%となっています。塗装の費用は、家の広さや外壁の状態、使う塗料の種類によっても異なりますが、20坪の家であれば500,000円~、30坪であれば650,000円~、40坪であれば900,000円~、50坪であれば1,050,000円~、60坪であれば1,250,000円~が相場です。

 

塗料ごとの相場は、シリコン塗料を使用すると2,300~3,000円/㎡、ラジカル塗料は2,500~3,000円/㎡、遮熱塗料は2,500~3,800/㎡、フッ素塗料は4,200~5,000円/㎡、無機塗料は4,500~5,000円/㎡が目安です。足場の設置にかかる費用は、750~800円/㎡、また人件費は一人当たり20,000円が相場となっています。

 

◼ 茨城県での塗装事例①

茨城県牛久市 外壁塗装|階を分けて塗分けた外壁が外観のアクセントに

外壁の劣化が気になっていたとのことで塗装のご依頼をいただきました。1階部分はあずき色、2階部分はアイボリーと階ごとに色を分けることで、ツートンカラーのおしゃれな外壁に仕上がりました。シリコン塗料を使用し、施工期間は25日、費用は128万円となっています。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 茨城県での塗装事例②

暖色系の塗装と雨漏り修理

ベランダ軒下からの雨漏り修理と、塩害の影響を受けた外壁の塗装を行いました。塗装前は白に近い色でしたが、暖色系の濃い目の色に塗り替えることで違った印象に仕上がっています。工期が長くかかってしまいましたが、外観を新しく生まれ変わらせることができた上に雨漏りを解消することができました。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 茨城県での塗装事例③

雨漏りの修理

外壁からの雨漏りがあったためどうにかしたいとのことでした。同時に今後の雨漏り防止のために、屋根や外壁の塗装も行いました。お客様からは防水保証が5年間あることを安心していただけています。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 茨城県での塗装事例④

茨城県龍ヶ崎市 外壁屋根塗装|20年経過した外装を耐久性の高い塗料で修繕

築20年が経過して外壁が傷み始めたため、雨漏り防止の意味も込めて塗装を行いたいとのことでした。今後20年以上安心して暮らせるために、耐久性の高い無機塗料をご提案致しました。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 茨城県での塗装事例⑤

茨城県龍ヶ崎市 外壁塗装|台風被害のあった軒天と共に瓦も改修工事

台風による被害で軒天が剥がれたことがご依頼のきっかけでした。瓦の点検を行った上で、棟の補修を合わせて施工致しました。保険で賄うことができて良かったとのお声をいただきました。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ まとめ

ツートンカラーの外壁

外壁塗装を検討し始めると、まずは知識を身に付けたいと思う人もいるかもしれません。そこで外壁リフォームの種類や外壁塗装の必要性、タイミング、費用などについての知識をご紹介してきました。何も知らないまま塗装を業者に依頼するのは不安かと思いますので、まずは知識を増やした上で事例を見てイメージを膨らませてみてください。

 

塗装屋ぬりべえは創業120年のリフォーム会社『ハウジング重兵衛』がプロデュースする塗装専門ブランドです。外壁や屋根の塗装を中心に千葉県と茨城県で塗装事業を展開しています。お客様のご要望をお聞きしてしっかりお応えできるようにプランをご提案させていただきます。千葉県と茨城県で塗装をご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。

相談ご希望店舗 必須
申込内容 必須
お名前 必須
お電話番号 必須
備考 任意

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。