外壁塗装の施工例全集|外壁塗装の必要性も

外壁は家のイメージを決める重要な要素の一つ。しかし築年数の経過や環境によって劣化の症状を引き起こしてしまうため、定期的なメンテナンスが必要です。とは耳にするものの、本当に必要なのだろうか?と思っている方もいるかもしれません。

 

そこで外壁塗装の必要性をご紹介した上で、実際の外壁塗装の施工事例をたっぷりご紹介します。

 

◼ 外壁塗装の必要性

外壁は経年劣化や環境によって劣化が進んでいくものです。「そろそろ塗装の時期かな」と思われている方も多いかもしれませんが、具体的にどのような点において外壁塗装は必要なのでしょうか。

 

・外壁の保護

外壁塗装の必要性として、まずあげられるのが外壁の保護。家は中で生活する家族を守ってくれる役割がありますが、家を物理的に守ってくれているのは一番外側にある外壁ですよね。外壁に塗料を塗ると、塗膜という膜を張って外壁を保護してくれます。

 

しかし雨風や紫外線などのダメージを受けることで塗膜が劣化し、さまざまな症状を引き起こします。塗膜の力を復活させることは外壁の保護につながるため、塗装が必要だといえるのです。

 

また劣化が進んでも塗装を行わずにいると、外壁だけではなく家の構造部分にまで被害が及んでしまうことも。外壁を塗装して適切に保護することは、家自体の耐久性の維持にもつながります。

 

外壁塗装は費用がかかってしまうためつい後回しにしてしまいがちですが、定期的に塗装を行うことで大掛かりな修理をする必要がなくなるため、結果的には費用を抑えられることに。

 

・美観の維持

外壁塗装の必要性として、美観の維持もあげられます。外壁は家のイメージを左右する要素の一つなので、きれいな状態を維持したいですよね。外から家を見たときに第一印象を決める部分なので、来客時や家の前を人が通ったときに良い印象を与えられるようにしておきたいものです。

 

外壁は年数が経つと汚れが目立ってきたりコケの発生やひび割れが気になってきたりしますが、毎日目にしていると劣化に気付きにくいかもしれません。新築時や塗装時に写真を撮っておいて、定期的に見比べてみると良いかもしれません。

 

・機能性の維持

塗装時に付加した機能性を維持することも外壁塗装の必要性の一つ。外壁塗装で使われる塗料の種類にもよりますが、塗装で機能性を付加することもできます。しかし年数が経つと、雨や紫外線などの影響で塗膜が劣化して機能が衰えてしまうため、定期的に塗装を行う必要があるのです。

 

例えば、外壁材の種類によっては外壁材自体に防水性がないものもあるため、塗料で防水性を補う必要があります。家の中の温度を快適にしたい場合は断熱効果や遮熱効果のある塗料、紫外線による劣化を防ぐ塗料、など。今までは機能性のある塗料を使っていなかったという場合でも、新しく機能性のある塗料を使うこともできます。

 

◼ 外壁塗装の施工例

外壁塗装の必要性を知ると、「定期的に行わなければ」という気持ちになりますよね。そこで今回は外壁塗装の施工事例をたっぷりご紹介します。

 

・劣化によるクラックの補修と外壁塗装

外壁の塗膜の劣化やクラック、木部の劣化が気になり始めたとのことでお問い合わせをいただきました。もともとの色を気に入ってらっしゃったので、できるだけ近い色で塗装を行いました。近い色ではありますが、丁寧に塗装することでツヤのある明るい印象に仕上がっています。

実際の施工事例はこちら

 

・ベランダをアクセントカラーに

前回の塗装が15年前だったため、色褪せや塗膜の劣化、クラックなどが目立ってきたとのことで塗装のご依頼をいただきました。これまでは一色での塗装でしたが、ベランダの色を変えることでアクセントに。少し暖色系の色味にすることで以前よりも明るい印象になり、ベランダのアクセントカラーが引き締めてくれています。

実際の施工事例はこちら

 

・コケが目立ちにくい色で塗装

コケが発生して目立ってきたことと塗装時期であることからご相談いただきました。通りに面している家で目立ってしまうのが気になるとのことでした。コケが目立ちにくい色を選びましたので、しばらく快適にお過ごしいただけます。

実際の施工事例はこちら

 

・既存の色と似た色でおしゃれに塗装

色褪せが目立ってきたため、そろそろ塗装が必要かも…ということで塗装のご依頼をいただきました。家を建てたときと同じような色をご希望でしたので、似た色で塗装することで新築のような美しさを取り戻しました。留守中の工事でしたが、気になるところをすぐに対応してもらえたとのお声をいただきました。

実際の施工事例はこちら

 

・雨戸レールの交換と同時に外壁塗装

北面にある雨戸のレールが腐っていて交換しなければならないが、せっかく足場を組むのであればと外壁塗装も一緒にご依頼いただきました。外壁はクラックが入っていて雨漏りが心配とのことでしたので、クラック補修を行なった上で全面に塗装を行いました。細かい要望も受け止めて対応してもらえたとのお声をいただきました。

実際の施工事例はこちら

 

・隙間ができていた外壁を塗装

外壁の傷みがひどく膨れが出てきて隙間も広がっているため、雨漏りが心配とのことでした。そろそろ塗装を行わないと家自体が持たないのではないかとご心配でしたので、長期間塗装を考えなくても良いように耐久性の高い無機塗料で塗装を行いました。

 

また隙間が空いていた部分にはシーリングを多めに詰めることで耐久性を考慮。工事中は毎日日報をもらったため工事の状況が把握できて安心できたとのお言葉をいただきました。

実際の施工事例はこちら

 

・玄関ドアのリフォームと同時に塗装

外壁や屋根の汚れ、色褪せが気になるため、太陽光システムの設置やトイレ交換、玄関ドアのリフォームなどを同時に行いたいとのことでした。外壁塗装はもともとの色と近い色味や明るさで調整し、新築になったみたいだとお喜びいただけました。太陽光システムの設置も足場のあるうちに行うことで効率良く作業を進めることができました。

実際の施工事例はこちら

 

・中古住宅をツートンカラーで塗装

中古住宅を購入し、塗装工事を検討しているとのことでお問い合わせをいただきました。もともとは1階が濃い色、2階が明るい色というツートンカラーでしたが、反対に1階が明るい色、2階が濃い色で塗装。色味もブラウン系の温かみのある雰囲気からグレー系の落ち着いた雰囲気に。

実際の施工事例はこちら

 

・もともとの色に近い色で色褪せを修繕

経年劣化による色褪せが気になっているとのことで塗装の依頼をいただきました。もともとの色に近い色が良いとのことでしたので、似たような色で塗装。工事の進捗を丁寧に報告してもらえたとのお言葉をいただきました。

実際の施工事例はこちら

 

◼  まとめ

外壁塗装は、外壁の保護や美観の維持、機能性の維持といった意味で必要性が高いといえます。定期的に塗装を行うことで、見た目をきれいにするだけではなく家自体の保護にもつながるため怠らずに塗装したいものです。

 

塗装屋ぬりべえは千葉県と茨城県で外壁・屋根の塗装を行っている会社です。創業120年の歴史ある会社が実際に外壁塗装を行った事例をたくさんご紹介してきました。施工事例のページではビフォーアフターや使用した塗料などもご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。千葉県と茨城県で外壁塗装をご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。