外壁塗装を疎かにすると危険?外壁塗装をしたほうが良い理由

 

外壁塗装をすることで、耐久性を高めることができます。外壁というのは、経年劣化によりかなり衰えてきます。そうなれば、壁が脆くなったり、変色したりしやすくなります。

リスクも高まるなど、何かと危険性が多いのです。そこで、外壁塗装を行い、耐久性や機能性を高められるようにしてください。

 

 

 

■外壁塗装をしないと危険?

外壁塗装をすることで、耐久性や機能性、外観を高めることができます。ご存じのように、外壁は経年劣化でかなり劣化してしまうのです。そうなると、壁が脆くなりますし、変色して景観、価値を下げてしまうことになります。

 

ですので、安全性や景観を高めるためにも、外壁塗装は必須と言えます。新築から10年以上経過すれば、外壁は色あせや汚れが目立つようになり、美しさが損なわれやすいです。

 

外壁塗装を行えば、再び美しい景観を維持することが可能ですし、雨水、風、紫外線からしっかりと守ってくれます。外壁が劣化してきた兆候がある場合は、ぜひ外壁塗装を検討しましょう。

 

 

■外壁塗装をしなければ雨漏りの原因に

もし外壁塗装をしなければ、雨漏りの原因にもなります。それは、経年劣化で外壁にひび割れや剥がれが起き、そこから雨水が浸入する可能性が高いためです。

 

雨漏りが発生すると、家の中に雨が落ちるだけでなく、壁が水浸しになったり、天井が抜けたりしてしまう恐れもあるのです。そのため、外壁塗装をして劣化を補修する必要性があります。

 

外壁にひび割れや剥がれがあるという方でしたら、それは外壁塗装をするタイミングと言えるでしょう。

 

 

■遮熱機能や防水機能などで機能性を高められる

外壁塗装では、外壁、あるいは屋根に数々の機能を備えることができます。例えば、以下の機能で機能性を高められるのです。

 

・遮熱機能

太陽熱を反射し、塗装表面温度の上昇を軽減できるのが遮熱機能です。室内温度が上昇しないように抑えられるため、夏場の暑い時期も快適に過ごしやすくなります。部屋の中が暑いという場合、非常に有効となるでしょう。

 

・防水機能

雨水は住まいの劣化を進める大敵となります。雨水が内部に侵入することで雨漏りの原因となりますし、その他にもさまざまな悪影響を及ぼします。

外壁塗装の際に防水機能を付けることで、雨水から住まいを守ってもらえるのです。

防水機能にすることで、塗膜が雨水の浸入を防いでくれます。外壁にひび割れが起きても、塗膜が伸び隙間をカバーしてくれます。ただし、あまりにもひび割れがひどい場合はうまく機能を発揮できないこともあるので注意しましょう。

 

・防汚機能

外壁の汚れを軽減するのが防汚機能です。セルフクリーニング機能や太光触媒機能があります。

防汚機能は大通りに面している場所にお住まいの方や、水辺周辺に住まいいの方に最適です。

 

 

■外壁塗装ならば塗装屋ぬりべえ

外壁塗装・雨漏り修理専門店「塗装屋ぬりべえ」ならば、お客様のお悩みも迅速に解決することが可能です。豊富な実績と高い満足度から、自信を持ってお客様に最適なプランを提案いたします。まずはお気軽にご相談ください。

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram