屋根塗装で人気の色と色選びのポイント|実際の事例も

 

家を建ててから年数が経っていたり、前回の塗装から年数が経っていたりすると、屋根や外壁の塗装を検討する頃ですよね。

 

屋根は外壁ほど家の印象を変える箇所ではありませんが、外壁とのバランスによって印象が変わったり、色によって汚れの目立ちやすさが変わったりしていきます。屋根塗装で人気の色と色選びのポイント、実際の事例をたっぷりご紹介します。

 

◼ コラムのポイント

1、屋根塗装で人気の色を知ることができます

2、屋根塗装における色選びのポイントを学ぶことができます

3、屋根と外壁の相性が抜群な施工事例を見ることができます

 

◼ 屋根塗装で人気の色とは

屋根塗装を検討している際、何色を選ぶべきか悩んでしまいますよね。まずは屋根における人気の色をご紹介します。

 

・ブラウン

屋根塗装の定番カラーともいえるブラウン。どのような外壁の色とも合いやすいですが、アイボリーや暖色系など柔らかい印象の色と特に相性が抜群。ナチュラル系や落ち着いた雰囲気の外観にしたい方におすすめです。

 

・ブラック

洗練された印象やシックな雰囲気、重厚感のある家にしたい方は、ブラック系の色がおすすめ。外壁が何色であっても、黒と合わないということはありません。しかし他の色と比べて少し暗めのイメージになるかもしれないので、カラーシミュレーションは入念に行うようにしましょう。

 

・グレー

グレーはブラック系の仲間の色味で、無彩色でありながらブラックほどの強い印象を与えないのが特徴。程よく温かみがありつつ、スタイリッシュやモダンな印象の家にもぴったりまた汚れや色褪せが目立ちにくいというメリットもあるので、人気の高い屋根色の一つとなっています。

 

・グリーン

これまで無彩色や落ち着いた色味が多かったですが、実はグリーンも人気の屋根の色の一つ。昔ながらの洋風の家をよくみてみると、グリーン系の屋根は案外よく使われています。ブラックやグレーなどの無彩色、万能なブラウンなどと比べると派手な印象かもしれませんが、落ち着いた色味を選ぶことでどんな外壁の色にも馴染みやすいカラーだといえます。

 

例えば深めのグリーンであれば落ち着いた印象に、明るめや淡めのグリーンであれば爽やかな印象にすることができます。

 

・ホワイト系や派手な色は…

ホワイト系の屋根はなかなか見かけることがないかもしれませんが、ホワイト系は汚れが目立ちにくいため、屋根の色としては人気が高くありません。また個性の強すぎる派手な色も選ばれることが少ない傾向にあります。家の外観で個性を出したい方、また外壁に派手な色を使う勇気がないものの屋根の色で冒険してみたいという方は、カラーシミュレーションをした上で派手な色も検討してみても良いかもしれません。

 

外壁と屋根の色選びでおしゃれな外観にしたい方はこちらを参考にしてみてください
外壁・屋根塗装の色選び|おしゃれな色の組み合わせと失敗しないコツ

 

◼ 屋根塗装の色選びにおけるポイント

屋根塗装で人気の色をご紹介してきましたが、屋根塗装で色を選ぶにあたっておさえておきたいポイントをご紹介します。

 

・外壁の色との相性

屋根の色を決めるときに一番大切なのは、外壁の色との相性。屋根と同時に外壁も塗装する場合はもちろん、屋根だけの塗装を行う場合も、カラーサンプルを見たりカラーシミュレーションを使ったりして、相性が良い色同士かどうかを確認するようにしましょう。

 

このとき、どのような印象の外観にしたいのか家族で事前に話し合っておくと良いかもしれません。スタイリッシュやモダンな印象の家にしたい場合はブラックやグレー、白などの無彩色がおすすめ。温かみのある家やナチュラルな雰囲気が好きな方はブラウンやアイボリー、ベージュなど。理想の外観に合わせて組み合わせを考えてみましょう。

 

・面積効果

屋根と外壁、どちらの色選びにおいても言えることですが、色を選ぶ際には面積効果に注意が必要です。カラーサンプルを見る際、小さめの紙に印刷された色を見て決めることがあります。しかし小さい紙に印刷された色と、家の屋根や外壁ほどの広さに塗装された色は、印象が大きく異なることに注意が必要です。

 

実際に塗装してみたら、思っていた色味と違った…といったことのないように、小さくてもA4以上のサイズの紙で比較してみるようにしましょう。

 

・似た配色の家をチェック

どのような色を選ぼうか決めたら、似たような配色で屋根と外壁を塗装している家をチェックしてみるのがおすすめ。色の組み合わせによる相性はもちろん、太陽光の下での色味や年数に応じた劣化度合いなど、さまざまなことを確認することができます

 

・暗めの色の方が失敗しない

色選びで悩んだら、暗めの色を選ぶ方が失敗しないというのもポイント。屋根は定期的な塗り替えが必要だとはいえ、ある程度の年数は同じ外観の家で暮らしますよね。奇抜な色を選んで後悔するよりも、暗めで落ち着いた色味を選ぶ方が無難な選択だといえます。

 

・イメージをしっかり伝える

屋根や外壁塗装では、イメージを業者にしっかり伝えるのも重要なポイントです。明確に「この色にしたい」と決まっている場合は問題ありませんが、「〇〇の雰囲気にしたい」「色味を変えたい」「汚れにくい外壁にしたい」など漠然とした希望しかない場合は、それらを家族で話し合った上でイメージを共有することが大切です。

 

お客様が思い描いているイメージを業者がそのまま同じように受け取ることは難しいので、言葉や絵、写真などを使ってイメージをしっかり伝えることが大切です。

 

色選びでは汚れにくさも重要です。汚れにくい外壁にするコツもご覧ください
汚れにくい外壁にするコツ|外壁の種類、色、塗料の選び方のポイント

 

◼ さまざまな色の屋根塗装事例

屋根塗装の色選びについてたっぷりご紹介してきました。実際に塗装屋ぬりべえが手がけた屋根の塗装事例も参考にしてみてください。

 

・「ブラック×ネイビー×ホワイト」

白と黒の外壁塗装

こちらは、ブラックの外壁と「ホワイト×ネイビー」のツートンの外壁で仕上げたお家です。

色のコントラストがはっきりしていて個性的な印象を出しつつも、ベーシックカラーのみを使用しているため、派手すぎない見た目になっています。

お家の外観に使う色は、多くても3色以内に抑えるのがポイントです。

▶︎ この家のビフォー・アフターをもっと見てみる

 

・「ブラック×濃いグレー」

艶のあるブラックと濃いグレーで仕上げたお家です。

屋根も外壁も濃い色を使用しているものの「ブラック×グレー」という同系色でまとめたことで、不自然さなく一体感が生まれています。

濃いグレーを使用することで、”上品さ”と”重厚感”が感じられる外観になりました。

▶︎ この家のビフォー・アフターを見てみる

 

◼  まとめ

屋根の色選びは外壁と同じように悩みますよね。屋根塗装で人気の色を参考にしながら、汚れにくさや面積効果、周りの家との調和などの色選びのポイント、実際の事例を参考にしながら、屋根塗装の色を決めるようにしましょう。

 

塗装屋ぬりべえではお客様のご要望を丁寧にお伺いした上で、屋根や外壁の塗装、リフォームを行なっております。千葉県と茨城県で塗装やリフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。

 

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram