機能性塗料の選び方は?どんな種類があるのか

機能性塗料は、外壁塗装で使われる塗料に様々な機能を付加したものです。

遮熱塗料や断熱塗料は省エネ効果のある塗料として知られていますが、それ以外にも色々な効果のある塗料があります。

この記事では、遮熱塗料と断熱塗料以外の機能性塗料についてご紹介します。機能性塗料を選ぶ際は、現在の住まいの状況を踏まえてどの機能を優先させるべきなのか検討しましょう。

また、これから新居を建てるという場合は、地域の特徴も踏まえて選ぶようにするのが良いでしょう。

この記事は、次のような人におすすめです!
・塗料について詳しくない
・塗料を塗り替える予定がある

 

 

1 低汚染性の塗料とは?

外壁塗装の塗料で低汚染性と呼ばれるものがあります。これは、汚れがつきにくいという機能を施しているものです。

外壁は雨や風にさらされますので、汚れてしまいやすいです。汚れが目立たない色を選んでいたとしても、年数が経過すればどうしても気になってしまうことがあるでしょう。

低汚染性の塗料を使用すれば、汚れがついたとしても雨や水により流されやすくなるため、汚れが落としやすく綺麗な外観を保てます。

 

2 透湿性の塗料とは?

内部からの湿気を通して外部からの水は通さないという機能がある塗料です。カビや結露を防ぐことができるだけでなく、湿気による塗膜の剥がれも防いでくれます。

 

3 防水性・耐水性の塗料とは?

通常の塗料と比べて水に強いのが防水性や耐水性のある塗料です。

外壁はひび割れしてしまうと、そこから水が浸入してしまう恐れがありますが、防水性や耐水性のある塗料にすることで、水の侵入を防ぎやすくなるのです。

雨漏りを防ぐ効果や、建物が濡れることで腐食してしまうことを防ぎます。

 

4 防カビ・防藻性の塗料とは?

外壁にカビや藻が発生してしまうと、見た目が良くありません。

景観だけでなく建物そのもののダメージもあります。建物の劣化を防ぐためにも、防カビ・防藻性のある塗料を選びましょう。

 

5 耐火性の塗料とは?

火に強い塗料は、火災から建物を守ってくれる働きがあります。

大きな倉庫や工場などで用いられている塗料なので、一般的な住まいで耐火性の効果がある塗料が使われることはほぼありません。

 

6 耐候性の塗料とは?

外壁や屋根は建物を外から守ってくれています。紫外線や雨、風など天気の影響を大きく受けているため、劣化もしやすいです。

これらの環境要因による劣化のスピードをおさえてくれるのが耐候性の塗料です。

 

7 まとめ

外壁塗装の塗料は、塗装を行う会社により取扱いしている塗料の種類や数に違いがあります。

できるだけ沢山の塗料を紹介してもらえるように、外壁塗装の実績が多い会社に依頼するようにしましょう。

施工業者によって仕上がりにも差が出てしまうものなので、実績は必ず確認することをおすすめします。

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram