MENU CLOSE
電話する
メール相談
淡い色の外壁

火災保険で外壁塗装ができる?お得に塗装できる可能性も

保険にはさまざまな種類がありますが、火災保険に入っているとお得に外壁塗装ができるという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。火災保険は火災だけではなく、台風や大雨による洪水、大雪などの自然災害にも適用されることがあります。外壁を塗装する際にできるだけ費用を抑えたいと思っている人は、火災保険が適用してお得に塗装できないかどうかが気になりますよね。そこで火災保険の適用条件と火災保険を受ける流れ、注意点をご紹介します。

 

◼ 火災保険の適用条件

ツートンカラーの外壁

外壁塗装をする際に火災保険を使ってお得にできたら良いな……と思っている人も多いかもしれません。まずは火災保険の適用条件として、補償の対象と補償の範囲について知っておきましょう。

 

・補償の対象

火災保険では、建物のみか建物+家財の2種類から補償の対象を選ぶことができます。ここでの建物とは家そのものと門やフェンス、ガレージ、物置など、家財とは家具や家電、カーテンなど。加入しているプランによっては、建物だけではなく家財も補償の対象となります。

 

また火災保険は住宅火災保険と住宅総合保険の2つに分けられ、それぞれに含まれる補償の対象が異なるため把握しておきましょう。住宅火災保険は火災や落雷、爆発、ひょう、雪災が対象、住宅総合保険は住宅火災保険の対象に加えて水漏れや騒じょう、盗難、外部からの飛来物や衝突なども対象となっています。分かりやすく言うと、住宅火災保険は火災+自然災害が補償の対象、住宅総合保険は人災や事故も対象となる幅広い保険だということ。

 

・補償の範囲

補償の範囲とは、起こった被害の原因をどこまでカバーするかということ。外壁が壊れてしまった場合に、火災や台風、飛来物など何が原因で壊れたのかによって補償されるかどうかが変わってきます。自然災害が原因の場合は補償の対象となりますが、プランによっては窃盗や飛来物などは対象外となることも。また地震による火災で家が燃えたりひびが入ったりしたときは補償の対象とはならないため、地震の被害をカバーしたいときは地震保険に加入するようにしましょう。

 

外壁に関わってくるのが、台風によって破損が起こったときに火災保険が使えるということです。近年は勢いのある台風が増えてきているため、強風によって家の屋根や外壁が破損することも増えています。台風によって破損した場合は補償の対象となるため、保険の申請を行うことをおすすめします。ただし台風による破損の修理以外、例えば経年劣化による塗装などは補償の対象とはならないことに注意が必要です。

 

◼ 外壁塗装

落ち着きのある外観

外壁塗装で火災保険を利用したいと思っている場合、工事が補償の対象となるかどうかが気になりますよね。外壁塗装において火災保険の対象となる工事かどうかを見極めるために、塗装と修理についてそれぞれの特徴をご紹介します。

 

・経年劣化による塗り替え

新築時から年数が経っていたり前回の塗装から年数が経っている場合、塗装によってメンテナンスを行うのが一般的です。築年数がそこまで経っていない場合や、劣化していたとしても補修できる程度の状態だった場合に塗り替えという方法を取ることができます。ひび割れなどがあった場合でも、補修をした上で塗り替えをすることができます。カバー工法や張り替えといった他の方法と比べて費用が安く工期も短いのがメリットです。塗り替えは外壁材や塗料の耐用年数を目安にして、劣化の症状を見極めながらタイミングを決めるようにしましょう。

 

定期的な点検や簡単なメンテナンスを行うことで、耐久性を維持することができます。外壁材の張り替えを行わなくても済むように、見た目では劣化が分からない状態だったとしても早めの点検やメンテナンスすることをおすすめします。火災保険を利用したいと思っている場合、経年劣化による塗り替えは補償の対象とならないため注意が必要です。

 

・修理や補修

部分補修は外壁のひび割れやサビを直したり、コーキングの補修といった小さな修理を行うことをいいます。突発的に損傷してしまったり、部分的な劣化が見られたりしたときに部分補修を行うのが一般的です。部分補修では足場を組み立てる必要がない場合が多いため、高額な費用になることもなく、短期間での工事で終わることが多い傾向にあります。台風や強風で破損した部分ほ修理する場合は、火災保険の対象となることがあります。

 

◼ 火災保険を受けるまで

淡い色の外壁

火災保険の対象や補償の範囲が分かりましたが、保険に入っていてもこれまでに保険金を請求したことがないという人が多いはず。実際に火災保険を受けるためにはどのような手続きを行う必要があるのでしょうか。

 

・具体的な流れ

保険会社に申請して、妥当だと認められれば保険金をもらえますが、申請が受理されない場合や申請した額よりも少ない保険金しかもらえないこともあるため注意が必要です。まずは修理を依頼する業者を探して破損した箇所を見てもらい、工事の必要があるようであれば見積書を出してもらいます。保険会社に連絡して、指示を受けた書類を用意したら保険会社に送付します。鑑定士に家を調査してもらった上で保険金の額が決まり、保険金を受け取るというのが火災保険を受ける際の流れになります。

 

台風などで被害を受けた場合、できるだけ早く業者を呼んで破損箇所を見てもらい、他にも気付いていない被害がないかどうかも確認してもらうようにしましょう。その際、家だけではなく門やフェンス、ガレージなど周辺の確認も怠らないことが大切です。また火災保険を利用したいということを業者にも伝えることを忘れないようにしましょう。保険会社に書類を提出したあとは鑑定士が被害箇所の見積もりや修理方法、不要な施工がないかどうかなどをチェックします。保険の金額が少額である場合や見るからに被害があることが分かる場合は鑑定士による調査が省略されることも。

 

・必要な書類

火災保険を申請するために必要な書類は、保険金請求書と修理の見積書、被害の状況が分かる写真の3つ。保険金請求書は自分で用意する必要がありますが、見積書と被害箇所の写真は素人では難しいため業者に任せるようにしましょう。保険金請求書は代行業者に依頼することもできますが、トラブルが起こりやすいためできるだけ自分で行うことをおすすめしています。

 

◼ 火災保険に関する注意点

ツートンカラーの外壁

火災保険を受けられる条件や手続きに関してご紹介してきましたが、その他にも知っておきたい注意点があります。火災保険を受けられるチャンスを逃すことのないように、注意点もしっかり把握しておきましょう。

 

・有効な期間

火災保険を申請できる期間には限りがあることを頭に入れておく必要があります。台風などによる被害を受けてから3年以内というのが火災保険を申請できる期限。3年を超えると保険を申請できなくなってしまうため、被害を受けたらできるだけ早く申請するようにしましょう。また自費で既に修理やリフォームを行っていたとしても、3年以内且つ請求書が残っていれば保険金を請求できます。

 

・工事にかかった費用

保険金には免責金額というものがあり、火災保険では免責金額が20万円となっています。修理に必要な額から免責金額を引いた額が保険金となるため、20万円未満の修理では保険金を受けられないことが多いことに注意が必要です。しかし台風による被害は2階部分など高いところが多いため、足場を設置するだけでも20万円を超えることがほとんど。火災保険を利用したいと考えている場合は、免責金額にも注意して申請するようにしましょう。

 

・悪徳業者に注意

火災保険を利用すると工事費用が掛からないことに悪徳業者が目を付けて、「無料で修理できますよ」と謳っていることがあります。また「足場代無料」という表現にも注意が必要です。足場は安全且つ正確に工事するために設置しなければならないものであり、設置するだけでも結構な費用がかかります。できるだけ費用を抑えたいと思っている人にとっては足場代が無料だというのは魅力的に感じるかもしれませんが、足場代無料を謳っていながら他の項目で費用を高く見積もっている可能性もあります。「無料」や「0円」を謳ったトラブルが多発しているため、甘い言葉には注意するようにしましょう。

 

◼ まとめ

グリーンの外壁

外壁塗装や修理を行う際、できるだけ費用を抑えたいと思っている人も多いことでしょう。火災保険を利用するとお得に工事できるという話もありますが、実際には経年劣化による塗装は火災保険の対象となっておらず、補償の対象は台風による破損などの被害に限定されています。火災保険を利用したいと思っている場合、被害が確認できたら早めに業者に相談し、火災保険の利用を伝えた上で見積もりを出してもらうようにしましょう。

 

塗装屋ぬりべえは、創業120年のリフォーム会社『ハウジング重兵衛』がプロデュースする塗装専門ブランドです。長年の経験と実績をもとに、外壁や屋根の塗装、修理といったリフォームを手掛けています。千葉県と茨城県で外壁のリフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

 

・ラジカル塗料を使用した塗装事例

年数が経過したことで外壁が傷み、塗装できなくなる前に塗り替えを行いたいとのことでした。限られた予算の中で耐久性の高いものをご希望でしたので、ラジカル制御型シリコン塗装をおすすめしました。ツートンカラーの温かい外観に仕上がってお喜びいただけました。

ビフォーアフターはこちら

 

・無機塗料を使用した事例

築20年が経過して外壁が傷み始めたため、雨漏り防止の意味も込めて塗装を行いたいとのことでした。今後20年以上安心して暮らせるために、耐久性の高い無機塗料をご提案致しました。

ビフォーアフターはこちら

 

・台風被害のあった軒天と瓦を改修

台風による被害で軒天が剥がれたことがご依頼のきっかけでした。瓦の点検を行った上で、棟の補修を合わせて施工致しました。保険で賄うことができて良かったとのお声をいただきました。

ビフォーアフターはこちら

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。

相談ご希望店舗 必須
申込内容 必須
お名前 必須
お電話番号 必須
備考 任意

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。