環境に負けない外壁塗装を目指す!千葉で安心住宅を

目次

■ 海風や台風に備えることが必要
■ 塩害によって起きる住宅被害とは
■ 塩害から住まいを守る!外壁塗装とメンテナンス
■ 千葉で生まれ変わった!お住まいを紹介
■ 悩みごと・困りごとにもしっかりとサポートします
■ 安心・安全な住まい環境をご提供!外壁や屋根の塗装・リフォームなら「ぬりべえ」へ

 

日本は海に囲まれた島国です。

そのため海に近い地域では、自然からあたえられる海の恵みもあれば、その反面海にあたえられるダメージもあります。

海に近いことで、台風や大雨。

潮風による住宅のダメージなど様々です。

住宅を快適に、そして安全に保つためには、潮風に負けない住宅づくりが必要です。

今回は、潮風などの環境に負けない外壁塗装にクローズアップしてみましょう。

千葉の風土や塩害についての対策など、様々な情報を集めました。

大切な我が家を1日でも長く住み続けるためのポイントを、ご紹介します。

 

 

海風や台風に備えることが必要

 

 

千葉県は三方を海に囲まれた地域です。

そのため自然豊かなロケーションなど日常を楽しくさせてくれるポイントもたくさんあります。

また黒潮と親潮が交わる場所に「銚子漁港」という日本でも有名な港もあるほど、海の恵に似も恵まれた地域です。

気候的には、「冬暖かく、夏涼しい」海洋性の温暖な地域となっており、降水量は「夏季に多く、冬季は少ない」特徴があります。

千葉の住まいづくりで注意したいポイントは、「塩害」です。

塩害とはどんなものか。

そして住宅にどんな影響があるのかを、解説していきましょう。

 

塩害とは?

 

海からの潮風の影響を受けやすい、海の近い環境から、千葉県の住宅は「塩害」に対しても注意が必要です。

木造の住宅だから大丈夫!と思われている方もいらっしゃるかも知れませんが、実は様々な部分に金属は使用されています。

例えば

  • サッシが金属性である。
  • ベランダやバルコニーの骨組みが金属で出来ている。
  • 玄関ドアが金属性の素材を使用している。
  • 雨戸と戸袋が金属を使用している。

など、思うよりも多く使われているのです。

そして今の住まい環境の中でなくてはならない「エアコンの室外機」も、金属製のものも多いのです。

この前まで何でもなかったのに、「あれ、少し茶色くなった?」という経験もあるのではないでしょうか。

海に近い環境から海風などに含まれた塩分が、住宅の劣化を促進させる可能性を含んでいるのです。

 

海風はどのくらい塩を運んでいくのでしょうか

 

一般的なデータでは、海から2㎞を「塩害地域」と呼んでいます。

周囲を見渡してみて、

  • 家の周辺から潮の香りがする。
  • 周辺の建物で錆びがひどいものがある。

などの状況がある場合、塩害に対する注意が必要な地域となります。

そして千葉といえば、台風の影響を受けることも珍しくはありません。

台風の時などは、海岸から10㎞離れた地域にも海からの塩分は飛来します。

 

千葉という風土や立地などをしっかりと把握し、住まいづくりやメンテナンスに活かしていくことが、大切なのです。

 

 

塩害によって起きる住宅被害とは

 

 

塩害は鉄のものを錆びさせるだけではなく、住宅の様々な部分に影響をあたえます。

では住宅に対してどのような被害が現れるのか、解説していきましょう。

 

金属部分の腐食やサビ

 

塩害の被害で分かりやすいのは、金属部分の腐植やサビです。

海から届いた塩分は、短期間でサビを発生させ、広がってしまいます。

現在はサビにも強い金属外壁も販売されていますが、塩害をゼロにすることは難しいでしょう。

外壁部分のサビは、建物を少しずつ浸食し、最終的には建物自体の機能を低下させてしまいます。

外壁が錆びてしまうと、最終的に建物そのものを守ることができなくなってしまいます。

サビや腐植が進み、外壁に穴が空いてしまうことも珍しくはないのです。

 

塗装も早く劣化してしまう

 

塩害の被害は金属だけの劣化だけとは、限りません。

外壁塗装に対しても影響をあたえます。

外壁に塩分が付着することにより、外壁塗装が剥がれやすくなるなどの症状も現れる場合があります。

現在は塩分に強い塗装もありますので、できるだけそういった塗料をセレクトすることをおすすめします。

外壁は住宅を守るために、重要な役割を持っています。

外壁塗装の劣化は、住宅の寿命を縮める原因につながる可能性も高いのです。

 

コンクリートも腐食する

 

塩害は、金属だけが劣化するものではありません。

実は強いと思われているコンクリートも、塩害から腐食する可能性があるのです。

コンクリート自体、吸水性の高い素材になります。

その高い吸水性が、塩分を含んだ水をしっかりと吸収してしまうのです。

そして鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)の中心には、鉄筋が使用されています。

塩分濃度が高まることにより、コンクリート内部にある鉄筋が腐食し、ひび割れを引き起こすこともあります。

 

このように海からの潮風には、多くの危険が含まれています。

住宅を安全に保つためには、しっかりとしたメンテナンスが必要なのです。

 

 

塩害から住まいを守る!外壁塗装とメンテナンス

 

 

塩害は外壁塗装の劣化を早めると解説しました。

一般的に外壁塗装のサイクルは、約10年と言われています。

例えば、千葉などの海が近いとされる立地であれば、

  • 海沿いの地域の場合:シリコン塗装で約5~8年
  • 山沿いの地域の場合:シリコン塗装で約8~15年

となっています。

このように海に近い環境になればなるほど、潮風に当てられ塗装の機能も低下しやすいのです。

そのため塗装のサイクルも早くなり、出費も多くなってしまいます。

サイクルを長くするためには、いくつかのポイントがあります。

住宅を1日でも長く暮らせる住まいにする秘訣を、まとめておきましょう。

 

ポイント1:耐塩性や耐久性の強い塗料を選ぶ

 

塩害に強い住まいにするためには、外壁をより強くする必要があります。

そのためには耐塩性・耐久性の強い塗料での塗装が有効的です。

何も対策のない塗料よりはコストがかかりますが、塗装サイクルが長くなることで「結果将来的にかかる費用を抑える」ことが期待できます。

塩害対策には、耐塩性・耐久性が優れた「フッ素系塗料」「アクリルシリコン樹脂系塗料」がおすすめです。

 

ポイント2:耐塩性や耐久性の強い外壁へ張り替える

 

塗装でもある程度塩害からの被害を削減できますが、やはり十分とは言いがたいです。

ご自宅がどのような外壁材を使っているのかにより、塩害の被害を受けにくい外壁へ一新するのも方法のひとつです。

塩害に強い塗料を使用する+外壁自体も耐塩性・耐久性の高い外壁をセレクトすることで、より塩害に対し十分な対策が取れるようになります。

外壁材にもたくさんの種類がありますが、

素材自体が塩化ビニル樹脂製の外壁材のため、塩害に強いとされているのが「樹脂サイディング」です。サビたり腐食する心配がありません。

 

ポイント3:こまめな日常的なメンテナンスが左右する

 

 

塩害に強い塗装や外壁材も有効的な方法ですが、1番は塩をこまめに洗い流すことです。

建物などに付着した塩分は、水をかけることにより流し去ることができます。

そうは思っていても、なかなかこまめなメンテナンスが難しいものです。

年に数回、大きな台風が通過した後など、傷みなどがないかなど確認に合わせて行いましょう。

 

 

千葉で生まれ変わった!お住まいを紹介

 

千葉県香取郡外壁塗装|汚れが目立たない色に

 

千葉県香取郡外壁塗装|汚れが目立たない色に

<施工前>

前回の外壁塗り替えから10年が経過し、汚れや劣化も気になるとのことで、再塗装を行いました。

千葉県香取郡外壁塗装|汚れが目立たない色に

<施工後>

生活していく中で発生する、藻などの汚れが目立たないよう濃い緑色を選択しました。

塗装前の印象から一変し重厚感ある仕上がりになりました。

 

この外壁塗装をもっと見たい方はこちら>>「千葉県香取郡外壁塗装|汚れが目立たない色に」

 

千葉県佐倉市外壁屋根塗装|雨どいの工事も同時に

<施工前>

 

千葉県佐倉市外壁屋根塗装|雨どいの工事も同時に ビフォー

屋根外壁の劣化、雨樋の詰まりを直したいとのことで問い合わせをいただきました。

お悩みの解消に合わせ、外壁塗装も一緒に施工されました。

千葉県佐倉市外壁屋根塗装|雨どいの工事も同時に アフター

<施工後>

既存の色とは全く違う色での仕上げで、新築と同じぐらい綺麗になりました。

お悩みのひとつであった雨樋の詰まりに関しては、エスロネットを使用しました。

エスロネットは、雨樋に余分なものをシャットアウトして、水だけを流してくれる製品です。

雨水がといからあふれ出して、建物の外壁を汚したり、雨樋本体を傷めるなどを防いでくれます。

 

この外壁塗装をもっと見たい方はこちら>>「千葉県佐倉市外壁屋根塗装|雨どいの工事も同時に」

 

 

悩みごと・困りごとにもしっかりとサポートします

 

住宅の外観に対するお悩みや困りごとは、お客様により変化します。

解決するには、地元の特徴や風土を知り尽くしたパートナーを選ぶことも、大切です。

 

ぬりべえでは、お客様の声を形にするお手伝いをしています。

「こうなったらいいな」などの、大まかなイメージでも大丈夫です。

お客様の要望に合わせたアドバイスやご提案もさせていただいておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

ぬりべえショールーム

 

「ぬりべえ」の体感型ショールームは、千葉県5ヶ所、茨城県3ヶ所、合計6ヶ所で展開しています。

詳しくはこちらから>>【ぬりべえの体験型ショールーム】

 

【施工事例】加工前後の画像や塗料、施行のポイントなどをご紹介しています!

 

 

安心・安全な住まい環境をご提供!外壁や屋根の塗装・リフォームなら「ぬりべえ」へ

 

 

塗装屋ぬりべえでは、外壁や屋根の塗装・リフォームの専門店です。

創業120年のリフォーム会社『ハウジング重兵衛』がプロデュースする塗装専門ブランドとして、千葉県と茨城県で塗装事業を展開しています。

ショールームではカラーサンプルやカラーシミュレーションを使用し、具体的なイメージにあった外壁・屋根塗装になるようサポートします。

実際の事例を見た上で、プランや塗料選びを体感しながら進めることができるのです。

 

ぬりべえでは、お客様の声を形にするお手伝いをしています。

「こうなったらいいな」などの、大まかなイメージでも大丈夫です。

お客様の要望に合わせたご提案もさせていただいておりますので、ぜひお気軽にご相談ください

 

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram