瓦屋根の修理方法とそれぞれのメリットとデメリット

瓦屋根は昔ながらの日本の家でよく使われている屋根材。瓦屋根が劣化したり壊れたりすると、修理やリフォームを検討しますよね。そこで瓦屋根の修理方法とそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。今はまだ修理の必要がなくても後々のために知っておきたいという方から、既に症状があって早めに修理をしておきたいという方まで、ぜひ参考にしてみてください。

 

◼ 瓦屋根の修理方法

瓦屋根のリフォーム

環境によっても異なりますが、瓦屋根は一般的に50~60年ほどもつといわれています。その間は瓦を再利用することができますが、瓦屋根の下地の野地板やルーフィングの耐用年数は20~30年。そのため瓦と下地のどちらの修理が必要なのかによって、修理方法を決めることになります。屋根材の多くはリフォーム方法の一つに塗装がありますが、日本瓦では塗装の必要がありません。まずは部分修理とカバー工法、葺き替え、葺き直しの4つの修理方法についてご紹介します。

 

・部分修理

部分修理は、文字通り部分的に破損した瓦を修理したりズレを直したりすることをいいます。屋根は時間の経過と共に劣化していくものですが、外的な衝撃によって部分的に壊れてしまうことがあります。そんなときに選べるのが部分修理。他の修理方法は屋根全体の修理となりますが、壊れた箇所のみを修理するやり方です。

 

・カバー工法

カバー工法は、今の屋根瓦の上から新しい屋根材を設置すること。既存の屋根材を覆うようなやり方なので、カバー工法と呼ばれています。屋根材が二重になるため防音性や断熱性を高めたい場合、低い予算で屋根全体を修理したいというときにおすすめ。カバー工法では新しい屋根に瓦を使うことはできないということを頭に入れておきましょう。

 

・葺き替え

葺き替えは、屋根瓦を全て新しいものに変えることをいいます。瓦屋根よりも下地の方が耐用年数が短いことを先にご紹介しましたが、葺き替えの際には瓦屋根よりも耐用年数の短い下地も補修や交換が行われるのが一般的です。他の修理方法と比べて最も大掛かりな工事になるため、屋根全体の傷みが進んでいる場合におすすめの修理方法となります。また屋根材を瓦から別の物に変えたいときにも選ぶことができます。

 

・葺き直し

葺き直しとは、新しい瓦に変えてしまう葺き替えと異なり、下地を修理したあとにもともとの屋根瓦を敷き詰め直すことをいいます。屋根瓦を新しくするわけではないため、瓦を一度取り外して下地部分の補修や交換を行ったあとで瓦を一枚ずつ並べていきます。耐用年数や劣化の度合いから、瓦自体の傷みはまだそこまでひどくないが下地が傷んでいるという場合に葺き直しを選ぶことが多いです。見た目自体が変わるわけではないため、イメージを一新したいというときには向かないかもしれません。

 

◼ それぞれの修理方法のメリットとデメリット

瓦屋根の家の事例

瓦屋根を修理する際に選べる方法として、部分修理とカバー工法、葺き替え、葺き直しの4種類をご紹介してきました。修理方法によってメリットとデメリットが異なるため、それぞれ確認しておきましょう。

 

・部分修理のメリットとデメリット

部分修理のメリットは、何といっても修理費用を抑えられること。他の修理方法は屋根全体を修理するため、どうしても費用が高くなってしまいます。部分修理で済むような状態なのであれば、費用面を考えると部分修理を選んだ方が良いかもしれません。しかし瓦自体が傷んでいたり下地の耐用年数が近かったり場合には、他の選択肢も考慮してみてください。

・カバー工法のメリットとデメリット

カバー工法は、もともとの屋根材に新しい屋根材を重ねる修理方法なので、瓦屋根や下地の撤去費用がかからないのがメリット。屋根材が二重になるため、防音性や断熱性を高めることができます。音が響くことや断熱性の低さが気になっていた場合には、カバー工法を選ぶことで大きく改善するはず。

 

カバー工法は瓦の下地の状態を確認することなく、新しい屋根を設置します。見えない部分での異常が起こっていた場合、そのことに気付かないまま劣化が深刻になってしまう可能性があります。最悪家の倒壊につながることも考えられるため、カバー工法は屋根全体の修理の中では比較的費用を抑えられる方法ですが、リスクもあることを頭に入れておきましょう。

 

・葺き直しのメリットとデメリット

葺き直しは、今まで使っていた瓦屋根を再利用するため、新しい瓦を買う費用の必要がありません。下地は傷んでいても瓦自体がまだ使えるという場合にはお得な方法といえます。その一方で大掛かりな工事をした割に見た目が変わらないことをデメリットに感じる人もいるかもしれません。劣化した箇所を改善できるだけで意味はあるのですが、リフォームのたびに外観のイメージを変えたいと思う人は他の方法を検討してみても良いでしょう。

 

・葺き替えのメリットとデメリット

葺き替えは瓦屋根や下地を全て新しくする方法なので、全体的な劣化や雨漏りなどの症状を解決させられるのがメリット。葺き替えの際には必ずしも瓦屋根しか選べないというわけではなく、ガルバリウム鋼板やスレートなど他の屋根材に変更することもできます。外観のイメージを一新したいという人におすすめの方法です。デメリットとしてはやはり費用の高さがあげられるので、予算とのバランスを考えながら修理方法を選ぶようにしましょう。

 

◼ 塗装屋ぬりべえとは

塗装の飛散防止ネット

塗装屋ぬりべえは、株式会社ハウジング重兵衛がプロデュースした塗装専門ブランドです。外壁や屋根の塗装、雨漏りの修理を専門としており、グループ会社全体でリフォームや新築・増改築などを含めた住まいのトータルアドバイザーとしてお客様に寄り添ってまいりました。外壁や屋根、雨漏りの診断、お見積りは無料となっておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

塗装屋ぬりべえでは、千葉県と茨城県にショールームを展開しています。千葉県内には「佐倉ショールーム店」があり、リフォーム部門であるハウジング重兵衛のショールームと併設されています。塗装だけではなくリフォームの相談をすることもできます。広い駐車場やキッズスペースがあるため、気軽にご家族で来店いただけます。駐車場やキッズスペースも完備しており、ご家族連れでも気軽にご来店いただけます。千葉県内の施工エリアは香取郡、香取市、銚子市、旭市、匝瑳市、山武郡、成田市、富里市、佐倉市、四街道市、八街市、印旛郡、印西市、八千代市となっています。

 

茨城県内には、「牛久・龍ヶ崎・阿見ショールーム店」、「パルナ稲崎・佐原ショールーム店」、「鹿嶋・神栖ショールーム店」の三店舗があります。どのショールームも、カラーシミュレーションやサンプルなどを用意しているため、実際の仕上がりをリアルに体験することができます。茨城県内の施工エリアは牛久市、つくば市、つくばみらい市、龍ヶ崎市、土浦市、取手市、守谷市、稲敷市、稲敷郡、行方市、潮来市、鹿嶋市、鉾田市となっています。他の地域のお住まいの方も、対応できる場合もありますので気軽にご相談ください。

 

◼ まとめ

瓦屋根の家

瓦屋根の家に住んでいて、劣化が気になり始めると修理やリフォームを検討することでしょう。瓦屋根の修理方法には、部分修理とカバー工法、葺き直し、葺き替えの4種類があります。それぞれメリットとデメリットがあるため、瓦や下地の状態と費用のバランスを考えながら修理方法を選ぶようにしましょう。塗装屋ぬりべえでは、屋根や外壁の塗装・リフォームを行っています。長年の経験と実績をもとに、お客様のご要望にできる限りお応えできるようなプランをご提案致します。千葉県と茨城県にショールームを展開していますので、施工エリアにお住まいの方はぜひお気軽にお越しください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

物置の外壁・屋根塗装事例

屋根塗装の事例

外壁と屋根の塗装事例

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram