MENU CLOSE
電話する
メール相談
ツートンカラーの外壁塗装

茨城県でお得に塗装するには?使用する塗料とパックの費用をご紹介

家の外壁や屋根を塗り替える際、できるだけ費用を安く抑えたいですよね。かといって粗悪な工事を行う業者に依頼して、追加工事費用がかかってしまうようなことは避けたいものです。そこで塗装屋ぬりべえではどういった塗料を使用し、どのような費用体系になっているのかをご紹介します。茨城県でお得に塗装したい人はぜひ参考にしてみてください。

 

◼ 塗装屋ぬりべえで使用する塗料

ラジカル塗料での外壁塗装

外壁や屋根を塗装する際に使用する塗料にはさまざまな種類があります。塗装屋ぬりべえで使用している塗料について、その特徴や耐用年数などをご紹介します。

 

・シリコン塗料

シリコン塗料とは、シリコン系の合成樹脂を主成分とする塗料のことをいいます。シリコン塗料は水性塗料と油性塗料の二つに分けられ、さらにそれぞれ1液型と2液型の二つに分けられます。塗料を塗る際には液体で薄める必要がありますが、水で薄めるかシンナーなどの溶剤で薄めるかが水性と油性の違いです。1液型と2液型はグレードの違いであり、2液型の方が少し高いかわりに耐久性に優れている特徴があります。

 

水性と油性のどちらも光沢があり耐久性が高いという共通点がありますが、水性のシリコン塗料は防カビ、油性のシリコン塗料は雨水に強いといったメリットがそれぞれにあります。

 

耐用年数は10~12年となっており、他の安い塗料を使用して頻繁に塗り替えを行うよりもコストパフォーマンスが高いといえます。汚れがつきにくいことや環境にも良いのがポイントです。これまでアクリル塗料やウレタン塗料が使用されることが多かったのですが、アクリルやウレタンと比べて耐久性が高いことから、最近ではシリコン塗料が人気となっています。塗装屋ぬりべえでも6~7割のお客様から選んでいただいており、耐用年数と費用のバランスが人気の秘訣です。

 

・ラジカル塗料

ラジカルとは紫外線を浴びることで顔料に発生する成分のことであり、ラジカルの発生を抑える効果がある塗料のことをラジカル塗料といいます。塗料を外壁や屋根に塗ると、塗膜という膜ができ、塗膜が水を弾いてくれることで雨水が入ってこないように家を保護してくれています。しかし塗膜は年数が経つにつれて雨や紫外線を受けることで劣化していきますが、ラジカルは塗膜の劣化を進めてしまいます。

 

そんなラジカルの発生を抑えるラジカル塗料は、2012年に登場したばかりのハイテク塗料ともいわれています。ラジカルを制御することで塗膜の内側と外側の両方から劣化を抑えます。また外壁や屋根のどちらにも使用できるなど汎用性が高いことも特徴です。耐用年数は12~15年と長く、次の塗り替えまでの期間を延ばせるので長い目で見るとお得な塗料だといえるでしょう。

 

・遮熱塗料

近年の日本では厳しい猛暑になることも多いですが、太陽光エネルギーのうちの紫外線を反射して逃してくれる塗料のことを遮熱塗料といいます。ただ塗料を塗るだけではなく、機能性の高い塗料として人気です。紫外線を反射することで熱を通さないため、他の塗料と比べると家の中の温度が2~3度違うといわれています。

 

室内に熱を通さないということは冷房費を節約できたりCO2排出量を削減できたりというメリットがあります。ヒートアイランド対策の効果が得られるためには、金属製の屋根であること、吹き抜け構造であること、2・3階建ての家であることが条件となります。耐用年数は12~15年と長く、外壁や屋根自体の寿命も長くなります。遮熱塗料を使った塗り替えは省エネ住宅リフォームに該当するため、各自治体の補助金を受けられる場合は他の塗料を使うよりもお得になるでしょう。

 

一方で塗膜が汚れてしまうと遮熱効果が低くなってしまったり、技術の低い業者だと塗るのが難しかったりするというデメリットがあります。また夏場は熱を通さないことがメリットとなりますが、遮熱効果によって室内が冷えてしまうことも。冬が厳しい地域では適していないかもしれません。

 

・フッ素塗料

フッ素塗料とは、フッ素を含んだ合成樹脂を主成分とする塗料のことです。外壁材としっかり密着することから耐久性が高く、耐用年数は15~18年となっています。親水性があるため汚れがついてしまっても落ちやすい特徴があります。防カビ性や防水性もあるため、湿気の多い地域におすすめです。

 

フッ素塗料は品質の高さからビルやショッピングモールといった大きな建物でも使用されています。大きな建物では塗り替えに時間がかかってしまうため、耐久性の高い塗料を塗って長持ちさせるためです。とはいえ普通の家に向いていないというわけではなく、費用が高いことから劣化の早い屋根だけに塗られることもあります。耐久性の高さももちろんですが、光沢があり新築のようなきれいさになるというメリットもあるため、仕上がりにこだわりを持ったお客様から選ばれています。

 

・無機塗料

無機塗料とはセラミックやレンガ、鉱物、ケイ素といった無機物が主成分となっている塗料のことをいいます。塗料の多くは石油などの有機物を使用している有機塗料。有機塗料はひび割れに強く、幅広い価格帯から選ぶことができるというメリットがあります。一方で無機塗料は耐候性が高く不燃焼であること、カビが発生しにくいというメリットがあります。

 

無機物は紫外線を浴びても劣化が起きにくいため、圧倒的に耐久性が高く耐用年数は18~20年となっています。塗装において塗膜の劣化が課題でしたが、それを解決するために開発されたのが無機塗料です。

 

メリットがたくさんある無機塗料ですが、やはり費用が高いのがデメリットとなります。耐用年数は長いですが、長い目で見たときのコストパフォーマンスを考えて選ぶと良いでしょう。

 

◼ 塗装にかかる費用

ツートンカラーの外壁塗装

塗り替えの業者選びを検討しているとき、品質はもちろんですが費用面も気になりますよね。作業工程が多いので見積もりを出してもらっても項目が多くて分かりにくいといったこともあるかもしれません。塗装屋ぬりべえでは工程を全てまとめたパックでの分かりやすい価格表示となっています。打ち合わせから工事までお客様との信頼関係を大切にしながら進めていきますが、その一環としてアフターフォローにも力を入れています。

 

・外壁塗装パック

足場の設置から塗装、アフターフォローまで全ての工程をまとめた外壁塗装パック。延床面積25坪と足場の設置費を含んだ価格となっていますが、特殊な形状をした施工箇所があれば追加で費用がかかってしまうこともあります。

 

価格設定はシリコン塗料が59.8万円、ラジカル塗料は64.8万円、遮熱塗料は69.8万円、フッ素塗料は79.8万円、無機塗料は89.8万円となっています。

 

・外壁+付帯塗装パック

外壁塗装パックと同じように、全ての工程をまとめたパックとなっています。外壁パックと異なるのは、軒天や破風、樋、雨戸といった細かい部分の付帯塗装も行う点です。

 

シリコン塗料は59.8万円、ラジカル塗料は74.8万円、遮熱塗料は79.8万円、フッ素塗料は89.8万円、無機塗料は99.8万円となっています。ラジカル塗料、遮熱塗料、フッ素塗料、無機塗料では外壁塗装パックと比べて約10万円高くなりますが、シリコン塗料は全く同じ59.8万円です。費用を抑えたい方にはおすすめのパックとなっています。

 

・外壁+屋根+付帯塗装パック

外壁+付帯塗装パックに屋根の塗装も付いたパックです。延床面積は外壁塗装パックと同じ25坪、屋根は50㎡までの家の場合の価格設定です。シリコン塗料は79.8万円、ラジカル塗料は84.8万円、遮熱塗料は89.8万円、フッ素塗料は99.8万円、無機塗料は108.8万円となっています。遮熱塗装や雨漏り対策に有効な縁切り施工も行っているため、お気軽にご相談ください。

 

◼ 茨城県での施工事例

塗装屋ぬりべえは茨城県と千葉県にショールームを展開しており、茨城県でもたくさんの施工実績があります。そこで茨城県で実際に施工した事例をご紹介します。

 

・鹿嶋市で色褪せをきれいに

色褪せに対応した外壁塗装

築年数が15年経ったこともあり、色褪せやコケが気になるとのことでご依頼。洋風な見た目にこだわりがあるお客様だったので、カラーシミュレーションを繰り返すことで満足のいく雰囲気になったようです。ラジカル塗料を使って少しツヤのある仕上がりになっています。工期は20日、費用は120万円となっています。

 

https://nuribe.jp/properties/67-%E5%A4%96%E5%A3%81%E5%A1%97%E8%A3%85-%E9%B9%BF%E5%B6%8B%E5%B8%82-%E8%8C%A8%E5%9F%8E%E7%9C%8C-0/

 

・神栖市で外壁と屋根の塗装

水色の外壁塗装

以前にも屋根の葺き替えを行ったご縁で再度ご依頼いただきました。外壁の塗装時期であったこともあり、屋根も一緒に塗装しました。外壁は劣化が進んでいたため、張り替えをしてから塗装という流れで行いました。外壁と屋根どちらも塗装したため工期は28日間、費用は140万円となっています。

 

https://nuribe.jp/properties/55-%E5%A4%96%E5%A3%81%E5%B1%8B%E6%A0%B9%E5%A1%97%E8%A3%85-%E7%A5%9E%E6%A0%96%E5%B8%82-%E8%8C%A8%E5%9F%8E%E7%9C%8C-0/

 

・稲敷市で無機塗料を使った塗装

無機塗料を使った塗装

築20年の家の外壁の傷みが気になり始めたということで、知り合いからのご紹介でご依頼をいただきました。もともとの外壁は石目調の窯業系サイディングを使用しており、色褪せやチョーキングがありました。新しい塗装は、レンガを引き立てるような明るい色を使用しております。無機塗料を使用した塗装で工期は21日、費用は130万円となっています。

 

https://nuribe.jp/properties/51-%E5%A4%96%E5%A3%81%E5%A1%97%E8%A3%85-%E7%A8%B2%E6%95%B7%E5%B8%82-%E8%8C%A8%E5%9F%8E%E7%9C%8C-0/

 

◼ まとめ

外壁や屋根の塗装を行う際の塗料にはたくさんの種類があり、それぞれ特徴や耐用年数が異なります。塗装屋ぬりべえではシリコン塗料、ラジカル塗料、遮熱塗料、フッ素塗料、無機塗料の中から選ぶことができます。

 

シリコン塗料は品質も良くコストパフォーマンスに優れているのが特徴であり、ラジカル塗料は塗膜の劣化を抑えてくれます。遮熱塗料は紫外線を反射して逃してくれるため夏場でも室内で快適に過ごすことができます。フッ素塗料はフッ素を含んだ合成樹脂を主成分としており、商業施設などでも使われるほどの品質の良さが特徴です。無機塗料は18~20年という耐用年数がありますが、その分費用は高くなってしまいます。品質や費用、機能性のバランスを考えて塗料選びをするようにしましょう。

 

塗装屋ぬりべえは茨城県内に三ヶ所のショールームを展開しています。駐車場やキッズスペースも完備しているのでご家族でお気軽にお越しください。

塗装屋ぬりべえの施工事例一覧

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。

相談ご希望店舗 必須
申込内容 必須
お名前 必須
お電話番号 必須
備考 任意

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。