MENU CLOSE
淡い緑の外壁塗装

茨城県での外壁塗装事例をたっぷりご紹介します!

外壁のリフォームには、塗り替えとカバー工法、張り替えといった種類があります。それぞれ劣化の度合いや理想の外観によってリフォーム方法を選ぶことができます。そもそもリフォーム方法を悩んでいるという方、塗り替えを検討しているが具体的なイメージがついていないという方、実際の塗装事例を見て参考にしてみてください。塗装屋ぬりべえが茨城県で施工した事例をたっぷりご紹介します。

 

◼ 外壁リフォームの種類

白いおしゃれな外壁塗装

外壁の劣化度合いや表れている症状によって、適切なリフォーム方法が異なります。施工方法の種類を知った上で、自分の家がどのような状態かを確認してリフォーム方法を検討してみてください。

 

・塗り替え

3つのリフォーム方法の中でも、劣化がそこまで進行していない場合に行えるのが「塗り替え」。外壁の表面を塗装することで、塗膜が新しくなって外壁材を守る働きをしてくれます。ツヤがなくなったり色褪せや変色が起こったりしている場合に塗り替えを行うと、見た目だけではなく機能性もアップします。塗装を行う前には高圧洗浄で外壁の汚れを落とし、ひび割れている部分があれば補修をした上で下塗り、中塗り、上塗りと3工程に分けて塗装が行われます。

 

・カバー工法

2つ目のリフォーム方法は「カバー工法」で、既存の外壁の上から新しい外壁材を重ねて設置する方法のことをいいます。既存の外壁の重さに新しい外壁材の重さがプラスされるため、家自体に負担がかかってしまうことがあります。そのため少しでも負担を軽減させるために金属などの軽い素材が選ばれるのが一般的です。カバー工法は張り替えよりも劣化が進んでいない場合に行える方法となりますが、外壁の下地まで腐蝕が進んでいないような状態で、外壁材を変えてイメージチェンジしたいときにおすすめの方法です。張り替えと比べて費用を抑えることができるのがカバー工法のメリットとなります。

 

・張り替え

3つ目のリフォーム方法として、既存の外壁を撤去して一から新しい外壁に取り換える「張り替え」があげられます。雨漏りをしていたり劣化が進んでいたりする場合には、塗り替えやカバー工法ではなく張り替えしか選ぶことができないことも。カバー工法では外壁に使用する素材に制限がありますが、張り替えの場合はさまざまな種類の中から選ぶことができます。下地まで腐蝕が進んでしまった場合でも新築のような見た目になるのがメリットですが、既存の外壁材を撤去するための費用や手間がかかってしまうのというデメリットも。

 

◼ 塗装の必要性

破損した外壁

外壁の塗装には費用がかかるため、つい後回しにしてしまっているという人もいるかもしれません。しかし外壁塗装を定期的に行うことが推奨されているのには理由があります。外壁塗装の必要性として、外壁材や家の保護と機能性の維持、美観の維持があげられます。外壁は家の一番外側にあるため物理的に家を守ってくれていますが、外壁を塗装することは外壁材や家を保護することにもつながります。前回の塗装から期間が空きすぎたり、劣化したまま放置していたりすると家自体の耐久性を損ねることも。

 

外壁塗装の必要性として2つ目に機能性の維持があげられます。塗装で使われる塗料は種類によってさまざまな機能を持っていますが、塗装から年数が経つにつれてどんどん機能が衰えていきます。防水性のない外壁材の場合は特に塗料で防水性を補う必要があります。家を建てる際にも外壁材には塗装が施されていますが、新築時に塗られている塗料はグレードの低いものが使われていることが多いため、初めての塗り替えは少し早めに行うことが推奨されています。

 

外壁塗装の必要性として3つ目に美観の維持があげられます。毎日家を見ていると、少しずつ蓄積される汚れに気付きにくいかもしれませんが、家の外壁は劣化すると色褪せや変色が起こってしまいます。外壁は家を見たときの第一印象を決める「顔」ともいえますが、来客があったときや家の前を人が通ったときに外壁が汚れていたり劣化していたりすると、印象が良いとはいえませんよね。また家の内装やインテリアを好きなテイストにこだわるように、外観でも個性を出すことができます。このように外壁をメンテナンスすることは家の「美観」を維持するためでもあるのです。

 

◼ 茨城県での外壁塗装事例①

レンガ調の外壁

家を建ててから17年が経過しているお家で「そろそろ塗装しなければ……」と思っていたところでご依頼いただきました。経年劣化だけではなくサイディングの外壁が破損しちえたため、クリア塗装はどうだろうかとご提案。シリコン塗料を使用してベランダの防水工事も行いました。既存の外壁と変わらない外観をご希望でしたが、きれいな仕上がりにご満足いただけました。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 茨城県での外壁塗装事例②

ツヤのある外壁塗装

台風で軒天が剥がれてしまったので、せっかく足場を組むのであれば外壁も塗装しようとのことでご依頼いただきました。既存の外壁と近い色での施工をご希望でしたので、近い色を心掛けながら耐久性の高いフッ素塗料を使用しました。築15年のお家で約25日間での塗り替え工事となりました。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 茨城県での外壁塗装事例③

外壁塗装の事例

茨城県牛久市での事例で、前回の塗装から10年以上経過しており、元の色が分からない状態になっているため塗装が必要だということでご依頼いただきました。せっかく塗り替えるので、色を変えてみてはいかがでしょうか?とご提案したところ、シミュレーションを使ってツートンカラーにすることに。2階のよく見える部分に明るい色を使うことで、既存の外壁よりもさらに明るい雰囲気に仕上がっています。10年ごとに塗装しているため10年は持つような塗料にしたいとのことでしたので、ラジカル塗料をご提案。家の雰囲気が変わって明るくなったことと、職人たちがしっかり工事してくれたことをご満足いただけました。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 茨城県での外壁塗装事例④

明るい色の外壁塗装

外壁が傷んできたため、塗装しないと雨漏りが起こってしまうのではという心配から塗装をご依頼いただきました。今は働いてらっしゃいますが、将来的に定年を迎えて収入が減ってしまうとメンテナンス費用を支払うのが厳しくなる可能性があるため、定年後も安心して暮らせるようなプランをご希望でした。無機塗料を使用することで耐久年数が長く、外壁20年、屋根15年の保証によって安心して暮らしていただけます。青が好きとのことでしたので、既存の色と大きく変わらない淡い色で仕上げております。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 茨城県での外壁塗装事例⑤

淡い緑の外壁塗装

定期的にメンテナンスしており、そろそろ塗り替えの時期とのことでご依頼いただきました。色に飽きてきたため雰囲気を変えたいとのご希望があり、ベージュ系の色から淡いグリーンにすることで明るく爽やかな雰囲気に仕上がっています。屋根からの熱が気になることと、外壁よりも屋根の方が劣化しやすいだろうとのことで外壁よりも屋根の方がグレードの高い塗料を使用してほしいとのことでした。遮熱塗料を使用することで2階の熱が和らいだとお喜びいただきました。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ 茨城県での外壁塗装事例⑥

ベランダ防水工事の事例

茨城県牛久市のこちらの事例は、塗装が終わったため広いベランダの防水メンテナンスをご検討とのことでした。新築時にベランダ全面にデッキパネルとゴムマットを敷いたため、防水層の状態が分からないとのことでしたが、雨漏りはしていませんでした。天気に恵まれたこともあり、予定よりも早い2日間での施工となりました。素早く丁寧な作業にご満足いただけました。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ まとめ

外壁塗装のアップ

外壁リフォームの種類と塗装の必要性を説明した上で、千葉県で実際に行った塗装の事例をご紹介してきました。塗装の必要性が分かると塗装をしなければ…という気持ちになるはずですが、具体的なイメージが付きにくいこともありますよね。実際の塗装事例を参考にしながら、イメージを膨らませてみてください。塗装屋ぬりべえは創業120年のリフォーム会社『ハウジング重兵衛』がプロデュースする塗装専門ブランドです。お客様のご要望をしっかりお聞きした上で、最適なプランをご提案致します。千葉県と茨城県で外壁塗装を行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

お問い合わせフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
お電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
相談内容|詳細 任意

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。

※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。