MENU CLOSE
ツートンカラーの外壁

賢く外壁リフォームを行うための計画の立て方とコツ

家を建ててから年数が経つと、そろそろ外壁のリフォームを検討しようかと思っている人も多いかもしれません。費用がかかることなのでつい後回しにしがちですが、放置していると雨漏りなどから家自体の劣化につながってしまうことも。そこでリフォーム内容の種類や外壁リフォームの必要性をまとめた上で、賢くリフォームするための計画の立て方やコツをご紹介します。

 

◼ 外壁リフォームの種類

ツートンカラーの外壁

外壁リフォームには大きく分けて3つの種類があります。今の家に使われている外壁材や外壁の状態によって選べる方法が変わります。どの方法を選ぶのが最適なのかを知っておきましょう。

 

・塗り替え

一番手軽なリフォーム方法が外壁の塗り替えです。築年数がそこまで経っていない場合や、劣化していたとしても補修できる状態だった場合に塗り替えという方法を取ることができます。ひび割れなどがあった場合でも、補修をした上で塗り替えをすることができます。他の方法と比べて費用が安く工期も短いのがメリットです。塗り替えは外壁材や塗料の耐用年数を目安にして、劣化の症状を見極めながらタイミングを決めるようにしましょう。

 

定期的な点検や簡単なメンテナンスを行うことで、耐久性を維持することができます。外壁材の張り替えを行わなくても済むように、見た目では劣化が分からない状態だったとしても早めの点検やメンテナンスすることをおすすめします。

 

・カバー工法

カバー工法は、もともとの外壁の上から新しい外壁材を貼り付けるやり方をいいます。塗り替えよりも劣化が進んでいても、強度が残っている状態のときにカバー工法を選択することができます。次にご紹介する張り替え工法と違って外壁を撤去する必要がないため、撤去や廃材の処理に費用がかかりません。張り替えよりも費用を抑えられるだけではなく、外壁が二重になることから断熱性や遮音性が高くなるというメリットもあります。

 

・張り替え

張り替えはもともとの外壁を撤去して新しい外壁に張り替える方法のことをいいます。外壁の劣化度合いが修復できない程度であった場合や寿命が来ている場合に張り替えを行います。強度があればカバー工法を選ぶこともできますが、劣化が進みすぎている場合は張り替えしか選べないことも。外壁の内部までお手入れできることや、外壁材を一から選ぶことができるためイメージを一新させることもできます。

 

雨漏りしてしまっている場合には完全に止めることができるので、安心して生活を送ることができます。その一方で費用が高くなってしまうこととモルタルの外壁には対応できないことがデメリットとなります。モルタルの場合は外壁を解体してからサイディングなど別の外壁材を張り替えることになります。

 

◼ 外壁リフォームの必要性

明るい外壁

劣化の度合いに応じて選べるリフォーム内容が異なることをご紹介しました。外壁や屋根のリフォームは、見た目だけではなく家を守るために必要なメンテナンスです。劣化が深刻になる前にリフォームを行うことで費用の削減や家の保護につながるため、できるだけ早めに対応するようにしましょう。

 

・耐用年数がある

外壁材や塗料には耐用年数が決まっているため、耐用年数を目安にしながらリフォームを行う必要があります。耐用年数とは文字通り使用することに耐えられる年数のことなので、それを超えると耐久性がなくなってしまいます。家を建てる際に外壁に塗られた塗料は、塗り替えの際に使用する塗料よりも耐用年数が短い傾向にあります。そのため家を建ててから初めての塗り替えのタイミングは、少し早めに行うことをおすすめします。

 

塗装屋ぬりべえではシリコン塗料、ラジカル塗料、遮熱塗料、フッ素塗料、無機塗料を使用しており、外壁材の種類や状態によって使い分けています。コストパフォーマンスに優れているシリコン塗料の耐用年数は8~10年。汚れが付きにくく環境にも良いという特徴があります。2010年に登場したばかりのラジカル塗料は塗装の内側から劣化するのを防ぐ力があり、耐用年数は12~15年。外壁だけではなく屋根にも使えるという特徴も持ち合わせています。

 

遮熱塗料は、紫外線を反射することからヒートアイランド対策にもなる塗料として注目されています。耐用年数は12~15年であり、家の中も涼しく環境にも配慮した塗料です。フッ素塗料は合成樹脂が主成分であることから、耐用年数15~18年と耐久性が高いのが特徴です。無機塗料は無機物が配合されているため紫外線による劣化の心配がありません。塗膜の力が強いため耐用年数は18~20年となっています。

 

・外壁や屋根の保護

外壁リフォームの必要性の2つ目に外壁や屋根の保護があげられます。外壁や屋根に塗った塗料が固まると「塗膜」という膜が張り、外壁や屋根を守る役割を果たしてくれます。雨や風、紫外線といったダメージを受け続けている外壁や屋根を守るためには塗膜の力が必要です。しかし塗装をしてから年数が経つと塗膜の力が弱くなってしまうため、定期的な塗り替えが必要となります。

 

塗膜の力が弱まったりなくなったりしてしまうと、外壁や家自体が劣化してしまうこともあります。塗り替えには費用がかかってしまうためつい後回しにしてしまいがちかもしれませんが、定期的に行うことで大掛かりな修理をする必要がなくなります。結果的には費用を抑えることになるのでメンテナンスは定期的に行うようにしましょう。

 

・外観をきれいに

外壁や屋根を塗装する理由として一番に思いつくのが「見た目」だという人も多いことでしょう。塗料の耐用年数や外壁の保護といった理由よりもピンときやすいですよね。外観をきれいにすることも外壁リフォームの必要性の一つです。

 

家を建てたときはお気に入りの色を選んで塗装してもらったとしても、年数が経つと色褪せたり別の色に変えたいと思ったりすることもあるかもしれません。色はもちろん、ひび割れてしまったり膨れてしまったりすると見た目が悪くなってしまいます。周りの家と調和するため、資産価値を上げるため、など理由はさまざまだと思いますが、外観も塗り替えの立派な必要性だといえます。

 

◼ 外壁リフォームの計画

シンプルな外壁

外壁のリフォームを成功させるためには、しっかりと計画を立てることが大切です。ただきれいな見た目になるだけではなく、現在の悩みを解消しながら満足感を得られるようなリフォームにしましょう。

 

・現在の悩みを家族で共有

外壁に関する悩みはそれぞれ異なることでしょう。例えば「外観が悪くなってきた」「汚れやすくてお手入れが大変」「デザインが古臭い」など。外壁をリフォームすることで外観が新しくなるだけではなく、悩みを解消して快適な暮らしを手に入れることができます。まずは家族がそれぞれ外壁に対して抱いている悩みを出し合って共有してみましょう。

 

・希望内容と理由をまとめる

悩みや不満が明らかになったら、どのような外壁にしたいのかという希望とその理由をまとめていきます。希望だけではなく理由をまとめとくことで、リフォーム業者がより低コストで適切なプランを提案してくれることがあります。家族としての方針をまとめていくことでリフォーム業者との打ち合わせもスムーズに進むことでしょう。

 

・相場を知って予算を組む

外壁リフォームには費用がかかってしまいますが、損をするようなことがないように事前に相場を知っておくことが大切です。相場を知った上で、どの程度のリフォームにいくらまで出せるのかといったおおまかな予算を組んでいきましょう。理想を追求し続けるとキリがないため、現実的なラインや上限を決めておくことをおすすめします。

 

・業者を選ぶ

家族の悩みや希望、その理由を共有し、おおまかな予算が決まったら、いよいよ業者選びへと移っていきます。外壁リフォームにおいて業者選びは重要なポイントとなるため、慎重に進めるようにしましょう。

 

◼ 賢くリフォームするコツ

外壁塗装は費用がかかることでもあるため、つい塗装を後回しにしがち。しかし外壁塗装で費用を抑えるコツを知っておくとお得に賢く屋根塗装を行うことができます。

 

・相見積もりを取る

屋根や外壁の塗装を行う場合は、すぐにどこか一つの業者に決めて依頼するのではなく、複数の業者に見積もりを出してもらって比較検討することをおすすめします。これを「相見積もり」といいます。まずはお住まいのエリアで業者の数を絞ったら、気になる業者に相談して相見積もりを依頼するようにしましょう。費用の相場を知ることができるため適正価格を大幅に超えることがなく、契約を取りたい気持ちから業者が値引きしてくれる可能性もあるためです。

 

・外壁と屋根の同時リフォーム

外壁塗装の費用を抑えるコツとして、屋根塗装と同時に行うことがあげられます。外壁や屋根の塗装を行う場合には家の周りに足場や飛散防止ネットの設置、養生といった準備を行う必要があります。外壁と屋根を同時に行うとまとまった出費になるため避けたい人もいるかもしれませんが、バラバラに行うと足場の設置費用が余分にかかってしまいます。足場の設置費用を削減することで結果的には費用を抑えることにつながります。

 

・長期的な視点

外壁リフォームを行う際、費用を抑えるために一番安い塗料を使って塗装したり、とりあえずの処置だけにしたりしようと考えている人もいるかもしれません。家は長い間住み続けるものなので、その場しのぎの対応をしても数年後にまたリフォームを行わなければならないこともあります。費用が少しかかっても耐用年数の長い塗料を使用したり、思い切ってカバー工法や張り替えを行ったりと、今後住み続けることを考慮して適切なリフォームを行うことが大切です。外壁リフォームをする場合は、長期的な視点を忘れないということも賢くリフォームするコツの一つです。

 

◼ まとめ

外壁リフォームを検討している際、どうやったら賢くリフォームできるのかが気になっている人もいるかもしれません。そこで外壁リフォームの種類と必要性、計画の立て方や賢くリフォームするコツをご紹介してきました。塗装屋ぬりべえでは千葉県と茨城県で外壁・屋根の塗装を行っています。地域最大級のショールームには駐車場やキッズスペースも完備しているため、ぜひお気軽にお越しください。

クラックの入った外壁を修復して塗装

コーキングの補修と外壁の塗装

チョーキングが気になっていた外壁を塗装

お問い合わせフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お名前 必須
お電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
相談内容|詳細 任意

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。

※千葉県と茨城県のリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。