MENU CLOSE
ツートンカラーの外壁

雨漏りの原因と症状|築年数が10年未満だと修理が無料…?

雨漏りが起こってしまうと、家の中が濡れたり家具や家電に影響を与えたりしてしまうため、対応に焦ってしまいますよね。雨漏りにはさまざまな原因が考えられますが、雨漏りが起こったら早めに業者に連絡して、原因を特定した上で修理してもらうのが理想です。実際に雨漏りが起こった時に焦らず対応できるように、雨漏りの原因と症状、雨漏りが起こったときの注意点をご紹介します。

 

◼ 雨漏りの原因

ツートンカラーの外壁

雨漏りは古くなった家で必ず起こるといったわけではなく、雨漏りが起こるときには何かしらの原因があります。雨や台風などの外部要因、年数の経過による経年劣化、人為的なものである施工不良、これら3つが雨漏りの原因として考えられます。

 

・雨や台風

雨漏りが起こったことに気付くときは、雨が強く降っていたり台風が直撃していたりするときであることが多いはず。雨漏りの原因として雨や台風があげられますが、直接的な原因というよりも気付くきっかけという方が適切かもしれません。雨や台風によって屋根材の割れや破損が起こったり、雨樋が詰まったりすることがありますよね。そういったことによって雨水が侵入してしまうのが雨漏りの原因です。雨や台風の際に雨漏りが起こった場合、まずは原因を特定する必要がありますが、悪天候の中屋根に登ると危険なので絶対にやめてください。家の中の応急処置をしたあとは、修理を依頼する業者を選んで、できるだけ早めに対応してもらえるように手配しましょう。このとき焦ってしまうかもしれませんが、業者選びは慎重に行うようにしましょう。

 

・経年劣化

家を建ててから10年以上経過している場合、経年劣化によって雨漏りが起こることもあります。家が老朽化することで外壁や屋根の劣化、屋根材のズレ、雨樋の詰まりといった症状が起こり、それによって雨漏りが起こってしまいます。耐用年数を目安としながら、定期的なメンテナンスを行うことで雨漏りを防ぐことができます。

 

・施工不良

家を建てたばかりの状態で雨漏りが起こった場合、施工不良である可能性も。施工方法が適切ではなかったときに、外壁や屋根、ベランダなどにひび割れが起こって雨漏りが発生してしまいます。悪徳業者による故意的なものであることもあれば、優良業者であっても不手際で起こってしまうこともあります。施工不良である可能性がある場合は調査を依頼してみるようにしましょう。

 

◼ 雨漏りの症状

屋根の洗浄作業

雨漏りが起こったことに気付く場合、どのような症状から気付くことが多いのでしょうか。考えられる症状についても知っておきましょう。

 

・屋根材のズレ

瓦屋根やスレート屋根の場合、雨漏りが起こると屋根材のズレや割れが発生して雨水が侵入することがあります。強い雨や台風によって屋根材がズレてしまうことがあるため、悪天候の後は雨漏りが起こっていないかどうか点検してもらうと良いかもしれません。

 

・谷樋板金

谷樋板金とは、雨水を一度溜めておく場所のことをいいます。雨水が溜まることで、年数が経過するにつれて腐蝕が進んで雨漏りにつながってしまうことも。金属系の屋根で起こることが多いため、注意が必要です。

 

・クギの浮き

屋根のパーツである棟板金は、経年劣化や強風などによって持ち上げられて、クギやビスが緩んで隙間が空いてしまうことがあります。空いてしまった隙間から雨水が侵入して雨漏りとなってしまうこともあります。

 

・雨樋の詰まり

屋根に降った雨を下に流すための役割がある雨樋。雨樋に落ち葉が詰まったりコケが発生したりすることで雨水の流れが滞ってしまうことも。これも雨漏りの原因となってしまうため、雨樋は定期的に掃除するようにしましょう。

 

・コーキング

屋根材の施工に使われるコーキングは、年数の経過とともに剥がれたり隙間が空いてしまったりすることがあります。隙間から雨水が侵入する可能性がありますが、自分で隙間を埋めようとすると余計な部分までコーキングが付着してしまうことも。そうすると雨水の流れを変えてしまったり、どこか一箇所に雨水が溜まるようになってしまったりして、雨漏りにつながってしまいます。コーキングの劣化が気になったら、屋根や外壁の塗装業者に点検・補修を依頼するようにしましょう。

 

・外壁のひび割れ

雨漏りの原因は屋根だけではなく、外壁における劣化もあげられます。外壁がひび割れると、そこから雨水が侵入してしまいます。外壁は屋根よりも目に付きやすいため、定期的に自分でチェックし、劣化が気になり始めたら塗装や補修を依頼するようにしましょう。

 

・縁切りが行われていない

スレート屋根を使用している場合、屋根材同士の隙間が空いているのが通常の状態。しかし塗装するときに隙間が塗料で埋まってしまうと、屋根を伝って屋根の内部に雨水が侵入してしまいます。塗装後に隙間を空けるための縁切りがしっかり行われていればその心配はありません。また今は縁切りの代わりにタスペーサーが使われることもあるため、チェックしてみてください。

タスペーサーについて

 

◼ 雨漏りが起こったときの注意点

淡い緑の外壁

雨漏りの原因と症状をご紹介してきましたが、実際に起こったときにはどのような点に注意すると良いのでしょうか。

 

・早めに業者に連絡する

バケツやタオルを使って応急処置をしたら、できるだけ早く業者に連絡をしましょう。雨漏りの修理を行うための相談をした上で、状態を見てもらってから修理となります。雨漏りが起こったときにどの業者に連絡すれば良いか迷ってしまうかもしれませんが、エリアで雨漏り修理に対応している業者を絞り、いくつかの業者に見積もりを取ってもらうことをおすすめします。

 

・原因を究明する

雨漏りは修理を行う前に原因を特定する必要があります。そのために業者に現地調査に来てもらい、どこから雨水が侵入していて、どこから修理をすればよいのかを判断してもらわなければなりません。原因が分からなければ被害が広がったり、部分的な修理だけでは雨漏りがなおらないことも。素人が原因を特定するのは難しいので、必ず業者に依頼して点検してもらうようにしましょう。

 

◼ 築年数が10年未満だと修理が無料…?

グレーの外壁塗装

家を建ててから10年未満で雨漏りが起こった場合、無料で修理できる可能性があります。家の完成・引き渡しから10年未満であれば、施工業者のミスによる瑕疵が発見された場合に直してもらえるという法律があります。平成11年に設けられた「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」。施工業者が施工の際にしっかり対策をしていれば築10年未満で雨漏りが起こることはほとんどありません。そのため、築10年未満で雨漏りが発生した場合は施工業者に確認してみるようにしましょう。

 

◼ まとめ

雨漏りが起こってしまう原因と、起こった場合に考えられる症状をご紹介してきました。原因は雨や台風といった自然災害、築年数の経過、業者による施工不良。症状は屋根材のズレや各パーツの劣化。雨漏りが起こったときにはまず原因を特定した上で修理をする必要があります。早めに対応することが大切ですが、焦る気持ちを抑えて業者選びを慎重に行うようにしましょう。

 

塗装屋ぬりべえでは、雨漏りの修理、外壁や屋根の塗装・リフォームを行っています。創業120年のリフォーム会社『ハウジング重兵衛』の塗装専門ブランドとして、長年の経験と実績をもとにお客様に喜んでもらえるような施工を心掛けています。千葉県と茨城県で雨漏りの修理、外壁や屋根の塗装・リフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

 

・ベランダ軒下からの雨漏りを修理

暖色系の塗装と雨漏り修理

ベランダ軒下からの雨漏り修理と、塩害の影響を受けた外壁の塗装を行いました。塗装前は白に近い色でしたが、暖色系の濃い目の色に塗り替えることで違った印象に仕上がっています。工期が長くかかってしまいましたが、外観を新しく生まれ変わらせることができた上に雨漏りを解消することができました。

ビフォーアフターはこちら

 

・外壁からの雨漏り修理と同時に塗装

雨漏りの修理

外壁からの雨漏りがあったためどうにかしたいとのことでした。同時に今後の雨漏り防止のために、屋根や外壁の塗装も行いました。お客様からは防水保証が5年間あることを安心していただけています。

ビフォーアフターはこちら

お問い合わせフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
お電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
相談内容|詳細 任意

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。

※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。