外壁塗装で人気の2トーンカラーとは?

外壁の色を考える際、お洒落な外壁にしたいなら2トーンカラーがおすすめです。

外壁塗装は、1色にしなければならないという決まりはありませんので、2色使ってメリハリを出すことでお洒落な外観にすることができますよ。

では、2色使う場合はどのような色の組み合わせが良いのでしょうか。この記事では、外壁塗装で2色使いする際のおすすめの色や2色にする際の色選びのポイントをまとめておきます。

この記事は、次のような人におすすめです!
・外壁塗装の人気の色を知りたい
・せっかく外壁塗装をお願いするならおしゃれな外観にしたい

 

 

 

1 おしゃれな2トーンカラーの外壁にするために

おしゃれな2トーンカラーの外壁にするためには、濃い色をアクセントに取り入れるのがポイントになります。
濃い色が1色入ることで、外観のデザインが目立ってお洒落に見えるのです。

色の組み合わせとしては「ホワイト×ネイビー」「グレー×ホワイト」「ホワイト×ブラウン」などが人気です。「ホワイト×ネイビー」は、シックな雰囲気に仕上がり、「グレー×ホワイト」はスタイリッシュな感じ、「ホワイト×ブラウン」は、かわいらしく温かみのある感じに仕上がります。

 

2 トーンカラーはどこで区切るのかも大事

ただ2トーンカラーにすれば良いというわけではなく、どこで色を切り替えるのかもお洒落に仕上げるためには大事になってきます。

切り替えに適した場所は「階ごと」「縦に半分」「凸凹のある部位を切り替える」「ワンポイントで取り入れる」などがあります。

一番ポピュラーな切り替え方は階ごとです。全体的にバランスもとりやすく違和感なく2トーンカラーにできます。同系色でまとめるとよりおしゃれになるでしょう。

ワンポイントで切り替えする場合は、雨樋・破風・雨戸・軒天・バルコニーなどの色を変えるのもおすすめです。ワンポイントで色を取り入れると引き締まった感じになり、全体的にバランスが取れます。

凸凹がある部位の場合は、例えばベランダだけ別の色にする方法があります。

 

3 目立たせたい場合は補色を使ったり艶を取り入れると良い

外壁の色で、住まいの外観は大きく変わります。目立つ外観にしたい場合は、色の組み合わせで補色を取り入れると良いでしょう。

正反対の色を使うことになるので、鮮やかな外観になります。

ただし、周辺の住まいとの調和も大事にしなければならない地域では注意が必要です。
また、艶のある塗料を使用することで外観を目立たせることもできます。
艶のある外観は高級感も出るでしょう。艶がある外観にする場合は、2トーンカラーではなく1色でも目立つ外観となりやすいです。

 

まとめ

おしゃれな外壁にしたい場合は、2トーンカラーがおすすめということをお伝えしました。

外壁塗装の色選びの参考にしてみてください。

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram