外壁塗装で使われるローラーとは?塗装方法や種類をご紹介

 

外壁塗装をする際、どのような方法で塗装されているかご存知ですか?

 

大きく分けてローラーと吹き付け、刷毛の3種類ありますが、それぞれのメリットとデメリットをまとめた上で、主流であるローラーについて詳しくご紹介していきます。家に合った塗装方法を検討する際の参考にしてみてください。

 

◼ コラムのポイント

1、外壁の塗装方法を3種類知ることができます

2、塗装方法のうちローラー塗装の種類を学ぶことができます

3、ローラーのサイズごとの違いが分かります

 

◼ 外壁に塗料を塗る方法

外壁塗装を行ったことがないと、どのような方法で塗装されているのか具体的に想像できない方も多いかもしれません。

 

家の形状や環境に応じて、ローラーや吹き付け、刷毛、それぞれの長所を生かして道具を使い分けることもあります。実際に塗装を行う前に、塗料を塗る方法を知っておきましょう。

 

・ローラー塗装

ローラー塗装は、毛やスポンジなどでできたローラーに塗料を含ませて、コロコロと塗っていく方法のことをいいます。

 

ローラー塗装は作業性が高く、バランスの取れた塗装方法なので、現在の外壁塗装において主流の方法となっています。

 

→メリット・デメリット

ローラー塗装のメリットとして、塗料が飛び散りにくく塗料の無駄が出にくいことがあげられます。都心部では特に近隣の家との距離が近いことが多いですが、塗料が飛散しにくいことは近隣への配慮にもつながります。また厚みを持たせやすく、技術によって仕上がりにそこまでの差が出ないこともメリットとしてあげられます。

 

ローラーはさまざまなサイズや毛足の長さのローラーを用意して、箇所ごとに使い分けて塗装しますが、細かい部分の塗装には向いていません。吹き付けのように一度に広い面積を塗装することができないため、吹き付けに比べると作業時間がかかってしまうこともデメリットだといえます。

 

・吹き付け塗装

吹き付け塗装とは、空気の力や圧力を利用して、専用の機械で塗料を吹き付ける方法のこと。ローラー塗装が主流になるまでは、吹き付け塗装が一般的でした。

 

→メリット・デメリット

吹き付けのメリットは、吹き付けならではの模様が付けられること。一度に広い範囲を塗装できるため、施工時間が短く済みます。

 

その一方で塗料の飛散量が多いため、塗料に無駄が出やすいという側面も。塗料の飛散量が多いということは、近隣の家にも塗料が飛んでしまう可能性があるため、配慮が必要です。また臭いが広がったり作業時の音が大きかったりというデメリットもあります。

 

吹き付け塗装のうち「リシン吹き付け」についてはこちら
リシン吹き付けのメリットとデメリット|塗り替えのポイントも

 

・刷毛塗装

刷毛塗装は文字通り刷毛を使って塗装する方法のこと。昔から使われている手塗りの方法ですが、職人の腕に仕上がりが左右されるため熟練の技が必要です。刷毛塗装は単体で使われるのではなく、ローラーや吹き付けでは塗装しきれない箇所を塗るために併用して使われることが多い方法です。

 

→メリット・デメリット

刷毛での塗装は、細かい部分の塗装に適しているため、塗り忘れの補修などで使われることもあります。

 

デメリットとしては、広い範囲を一度に塗装できないということがあげられます。また塗りムラが生じやすかったり、刷毛の毛が混入する可能性があったりすることから、きれいに塗るためには技術が必要となります。

 

◼ ローラー塗装の種類

外壁塗装の方法には、ローラーや吹き付け、刷毛の3種類があることが分かりました。中でもローラー塗装は現在主流の塗装方法ですが、ローラー塗装もいくつかの種類に分けられます。

 

・羊毛ローラー

主流の塗装方法であるローラー塗装の中でも、一番使用頻度が高いのが羊毛ローラー。羊毛のように柔らかい繊維でできており、模様がある外壁でも模様を潰すことなく塗装できます。塗膜を均一に塗りやすいので、技術によって仕上がりに差が出ることがあまりないのもポイント。

 

羊毛ローラーは毛足の長さによって、3種類に分けられます。

  • 短毛ローラー(5mm前後):平らな部分を塗ることに適しており、目地や凹みなど塗りたくない部分があるときにも使われます。
  • 中毛ローラー(13mm前後):短毛と長毛の中間の毛の長さで、さまざまな箇所に使いやすい種類です。
  • 長毛ローラー(20mm以上):表面に凹凸があるところに使用するローラー。タイルの溝まで塗りたいときなどに適しています。

 

・砂骨ローラー

砂骨ローラーは、細かい砂などが混ざって空洞がたくさんあるローラーのこと。空洞の中に塗料を吸い上げることができるので、塗料を分厚く塗りたいときや粘度が高い塗料を塗りたいときによく使われます。

 

・特殊なローラー

一般的には羊毛ローラーと砂骨ローラーを使って塗装しますが、多孔質ローラーやパターンローラーなどの特殊なローラーもあります。塗装する面の凹凸の有無や素材によってローラーを使い分けて塗装していきます。

 

◼ ローラーのサイズ

ローラーは毛の種類だけではなく、サイズによる違いもあります。

 

・レギュラーローラー

紙管の内径が38mmのものをレギュラーローラーといいます。レギュラーという名称だけあって、幅広い現場で使われているサイズ。大きめのサイズなので、広い面積の塗装に向いています。

 

・ミドルローラー

ミドルローラーは紙管の内径が26〜27mmのもののこと。レギュラーとスモールの間のサイズなので、広い面積でも狭い部分でも対応することができます。

 

・スモールローラー

スモールローラーの紙管の内径は15〜16mm。小さめのサイズなので小回りが効きやすく、窓やドアの近く、スイッチ周辺など狭い面積の塗装に適しています。

 

◼ 塗料を塗る方法は家ごとに異なる

塗装の方法にはローラーと吹き付け、刷毛の3種類があることをご紹介してきました。刷毛による塗装は、ローラーや吹き付けと併用して使用することが多いため、広い部分を塗装する方法としてはローラーと吹き付けの2種類。

 

吹き付けに変わって現在はローラーの方が普及していますが、必ずしもローラーの方が優れているというわけではありません。家の形や凹凸の有無、模様の有無、近隣の家との距離、立地、希望する色や模様、塗料メーカーによる指示など、さまざまな要素を考慮して総合的に判断する必要があります。

 

塗料を塗る方法は家ごとに異なるため、専門的知識を持った業者と相談して決めるようにしましょう。

 

◼  まとめ

外壁塗装を行う際、塗装方法の種類が気になっている方も多いかもしれません。ローラーと吹き付け、刷毛、それぞれのメリットとデメリットをまとめた上で、ローラーの種類分けについてもご紹介してきました。家によって適した塗装方法が異なるため、業者と相談しながら総合的に判断するようにしましょう。

 

塗装屋ぬりべえは、外壁や屋根の塗装を行っている会社です。塗装方法や塗料の種類、色など、気になることがあれば、ぜひご相談ください。地域最大級のショールームではカラーサンプルやカラーシミュレーションも使用することができます。千葉県と茨城県で外壁・屋根の塗装をご検討の方はお気軽にお越しください。

 

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら