MENU CLOSE

外壁塗装の見積書を理解しよう!チェックしたいポイント

外壁塗装を行う際、どのような工事内容であったとしても見積書を出してもらうはずです。工事内容の確認や費用の把握をした上で、複数の業者を比較する「相見積もり」を取る人が多いと思いますが、見積書をしっかり理解できることのメリットとチェックしたいポイントについてご紹介します。

 

◼ 外壁塗装とは

スタイリッシュな外壁塗装

外壁は雨風や紫外線から家を守ってくれる役割がありますが、定期的なメンテナンスとして塗装を行う必要があります。外壁塗装の目的と費用について基本的な知識を身に付けておきましょう。

 

・外壁塗装の目的

外壁の塗装には費用がかかるため、つい後回しにしてしまっているという人もいるかもしれません。しかし外壁塗装を定期的に行うことが推奨されているのには理由があります。外壁塗装の目的として、外壁材や家の保護と機能性の維持、美観の維持があげられます。1つ目の外壁材や家の保護について。外壁は家の一番外側にあるため物理的に家を守ってくれていますが、外壁を塗装することは外壁材や家を保護することにもつながります。前回の塗装から期間が空きすぎたり、劣化したまま放置していたりすると家自体の耐久性を損ねることも。

 

外壁塗装の目的として2つ目に機能性の維持があげられます。塗装で使われる塗料は種類によってさまざまな機能を持っていますが、塗装から年数が経つにつれてどんどん機能が衰えていきます。防水性のない外壁材の場合は特に塗料で防水性を補う必要があります。家を建てる際にも外壁材には塗装が施されていますが、新築時に塗られている塗料はグレードの低いものが使われていることが多いため、初めての塗り替えは少し早めに行うことが推奨されています。

 

外壁塗装の目的として3つ目に美観の維持があげられます。毎日家を見ていると、少しずつ蓄積される汚れに気付きにくいかもしれませんが、家の外壁は劣化すると色褪せや変色が起こってしまいます。外壁は家を見たときの第一印象を決める「顔」ともいえますが、来客があったときや家の前を人が通ったときに外壁が汚れていたり劣化していたりすると、印象が良いとはいえませんよね。また家の内装やインテリアを好きなテイストにこだわるように、外観でも個性を出すことができます。このように外壁をメンテナンスすることは家の「美観」を維持するためでもあるのです。

 

・費用

外壁塗装に関する知識を身に付けていくと、費用がどのくらいかかるのか、ということについても気になりますよね。そこで外壁塗装における費用の相場についてご紹介します。塗装費用の内訳は、足場代が費用全体の20%、材料費が20%、人件費が30%、その他30%となっています。塗装の費用は、家の広さや外壁の状態、使う塗料の種類によっても異なりますが、20坪の家であれば500,000円~、30坪であれば650,000円~、40坪であれば900,000円~、50坪であれば1,050,000円~、60坪であれば1,250,000円~が相場です。

 

塗料ごとの相場は、シリコン塗料を使用すると2,300~3,000円/㎡、ラジカル塗料は2,500~3,000円/㎡、遮熱塗料は2,500~3,800/㎡、フッ素塗料は4,200~5,000円/㎡、無機塗料は4,500~5,000円/㎡が目安です。足場の設置にかかる費用は、750~800円/㎡、また人件費は一人当たり20,000円が相場となっています。

 

◼ 見積書を理解できると…

モダンな白の塗装

外壁塗装の際の見積書は、金額を確認するためだけではなく業者選びにおいても重要な役割があります。業者によっては内容が不明瞭だったり、合計金額以外よく分からないといったことも。見積書をもらってから契約を結ぶと、記載されていた作業内容と金額で納得したという意思を示すことになります。そのため後からトラブルになることのないよう、見積書はしっかり確認する必要があります。その他にも見積書を理解できることのメリットがあるためご紹介します。

 

・相場を見極めることができる

見積書を見ることで、外壁塗装の相場を見極めることができます。事前にインターネットで相場を調べた上でいくつかの業者から相見積もりを取ることで、実際の相場が分かりますよね。合計金額はもちろん、工程ごとの価格や1㎡当たりの価格の違いも比較することができます。一番安い業者に選んでしまいそうになるかもしれませんが、相場よりあまりに安い場合は逆に注意が必要です。適切ではない材料を使っていたり工程が十分ではなかったりすると、塗装が長持ちしないだけではなく劣化を引き起こしてしまう可能性もあることを頭に入れておきましょう。

 

・本当に必要な作業かどうかが分かる

見積書にはさまざまな項目に分けられて金額が記載されています。作業内容が専門的すぎると、記載されている作業が本当に必要かどうかが分からないこともありますよね。実際に行うことの多い作業内容を事前に把握した上で見積書を見るとだいたいの内容が理解できるため、気になる点を業者に確認することもできます。見積書を見る際には、作業内容が必要かどうか、書き方が親切かどうか、をチェックするようにしましょう。

 

・工事に反映されているかが分かる

見積書はできるだけ細かく工程を分けて記載されていることが望ましいですが、見積書には書かれていても実際に工事には反映されていないといったケースもあります。例えば見積書に記載していた塗料が使われていなかったり、工程が飛ばされていたり。見積書を正しく理解することができていれば、工事に反映されていなかった点があったときに業者に減額してもらうか見積書通りに施工してもらうようにお願いすることもできます。優良な業者はごまかしたりすることがないはずですが、万が一そのようなことがあったとしても見積書を理解できると損をすることがありません。

 

◼ 見積書でチェックしたいポイント

シックな外壁塗装

外壁塗装の見積書に記載されている項目の意味を知っておくことで、業者との打ち合わせがスムーズに進みます。悪徳業者に騙されるリスクを減らすためにも、見積書でチェックしたいポイントを知っておきましょう。

 

・塗料やメーカーの記載

大まかな工程のみが記載されている見積書と、使用した塗料などが細かく記載されている見積書はどちらが安心できますか?塗料のメーカーや商品名が記載されていなければ、費用を上乗せされていても気付くことができないだけではなく、希望した塗料よりもグレードの低い塗料が使用されることもあるかもしれません。適正な価格かどうかの確認のためはもちろん、希望する性能や色の塗料が使われているかどうかも大事ですよね。見積書の項目に、塗装に使用する塗料のメーカーや商品名が記載されているかどうかを確認するようにしましょう。

 

・下地処理の内容

塗装を行う前に下地処理という工程があります。下地処理には、外壁の劣化を補修することと洗浄と同じように塗料をしっかり外壁に付着させること、2つの目的があります。劣化している部分を放置すると雨水や害虫が家の内部に入り込むことがあるため、定期的に補修をする必要があります。また下地処理を怠ると塗料が外壁に密着できずに、ひび割れや塗りムラとなってしまいます。外壁材や劣化の度合いに合わせて適切な下地処理が行われるかどうか、見積もりの段階で確認するようにしましょう。

 

・細かい工程の記載

見積書にはいくつかの項目に分けて記載されていますが、業者によっては大まかにしか分けられていないこともあります。項目がたくさんありすぎてもよく分からないという人もいるかもしれませんが、そういった人を狙って悪徳業者が営業をかけてくることもあります。工程ごとに項目が分けられているかどうか、それぞれに適正な価格が設定されているかどうかは見積もりのときにしっかり確認するようにしましょう。

 

・「一式」が多用されていないか

見積もりを依頼したときに、「足場無料」や「〇〇一式」といった言葉を見かけたことがありませんか?足場代を抑えたいと思っている人にとって「無料」という言葉は魅力的ですし、見積書の見方が難しいと思っている人にとって「〇〇一式」と言われると分かりやすくて良いと思うことでしょう。しかしこれらの文言には落とし穴があります。

 

足場は設置・解体するのに一日~一日半かかるのが一般的です。そのため本当に無料で行うのであれば業者が無理をしている可能性があります。または足場無料を謳っておきながら、他の項目で費用が上乗せされている可能性も。どちらにしても信頼できる業者とはいえないため、足場無料を謳っている業者は選ばない方が良いかもしれません。「〇〇一式」という言葉に惹かれてしまう人もいるかもしれませんが、見積書の内容が明瞭でなければ、業者が内容をごまかしていたり費用が上乗せされていたりしたとしても、後から追及することができません。見積書には詳しく記載してもらうように業者に伝えてみることをおすすめします。

 

・保証についての記載

見積もりをしてもらう際に、保証がどうなっているかについても確認することをおすすめします。「保証は付いています」などと言われた場合でも、保証内容に制限があったり期間が短かったりする場合があります。また塗装を依頼した業者が倒産してしまった場合は、保証期間内であっても保証を受けられないことも。保証内容や業者が存続できそうかどうかなど、多面的に見て判断することが大切です。

 

◼ まとめ

ナチュラルな外壁塗装

外壁塗装は、外壁材や家の保護と機能性の維持、美観の維持を目的として行われます。定期的なメンテナンスとして塗装が推奨されていますが、塗装するためには費用がかかるため、できるだけ安く済ませたいと思っている人もいるかもしれません。外壁塗装の見積書を理解できることのメリット、チェックしたいポイントについてご紹介してきました。塗装屋ぬりべえでは、経験と実績を元にお客様のご要望にお応えできるように最大限努めてまいります。千葉県と茨城県で外壁・屋根の塗装をご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

外壁塗装と玄関ドアの交換を同時に

コケやクラックを補修して塗装

コケ対策をした上でナチュラルに塗装

お問い合わせフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
お電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
相談内容|詳細 任意

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。

※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。