外壁塗装はなぜ必要なのか?

外壁塗装は10年~15年を目安に行うことが推奨されていますが、「なぜ外壁塗装が必要なの?」と疑問に思っていらっしゃる方もかなり多いはずです。

そこで、ここでは外壁塗装が必要な理由についてわかりやすく解説していきます。

 

外壁塗装についての知識を増やすことでとても役立ちますし、失敗するリスクを減らせるはずです。

 

 

 

外壁塗装が必要な理由とは?

外壁塗装をまだした経験のない方であれば、外壁塗装が本当に必要かどうかわからないという思いもあるかもしれません。外壁塗装は高額というイメージも強いでしょうし、依頼するのに敷居が高いと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、外壁塗装をすることで多くのメリットがあるため、外壁塗装が必要な理由を以下でご紹介します。

 

美しい景観を維持できる

外壁塗装をすることにより、美しい景観をしっかりと維持することができます。外壁は雨風や紫外線、自然災害などによってダメージを受け経年劣化してしまうのです。

そのことから、一定期間が経過すれば、外壁に汚れやひび割れ、色褪せが目立つようになってしまいます。それを解消するためにも、外壁塗装をして美しい景観を維持することが大切です。

 

資産価値を高められる

外壁塗装をすることで、資産価値も高めることができます。外壁塗装、リフォームによって定期的にメンテナンスをしている住宅は、まったくメンテナンスをしていない住宅よりも当然資産価値が高いです。

長く住み続けるためにはメンテナンスが重要になるので、外壁塗装をしておけば、資産価値を損ないにくいと言えます。

 

防水性を保つことができる

日本であれば、ほとんどの地域で年間を通してある程度の降水量があります。雨や雪は建物を構築する上で必須となる木材、鉄筋の腐敗や劣化を早めてしまうため、外壁塗装をして防水性を高めなければなりません。

外壁塗装を適切に行うことで防水性を保つことができ、安心して生活できる可能性が高くなるのです。

 

外壁塗装によるメンテナンスが必須

外壁塗装が必要な理由をご紹介しましたが、外壁塗装を怠ると非常に危険ですし、後々費用が高くなることが考えられます。外壁という箇所は普段そこまで意識して見ないかもしれませんが、日々劣化が進行してしまうのです。

 

ですので、新築から10年以上経過して劣化が目立つ場合は外壁塗装でしっかりとメンテナンスをし、ぜひ安心安全に暮らせるようにしてください。

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram