MENU CLOSE
屋根のリフォーム

屋根についての基礎知識とリフォームのポイント

屋根は普段全貌を目にすることができない部分ですが、雨風や紫外線などに常にさらされた状態で大切な家を守ってくれています。屋根には構造や素材などさまざまな種類があり、リフォーム方法も劣化の状態によって変わってきます。リフォームを行う前に屋根についての基本的な知識を身に付けておきましょう。またリフォームする際のポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

◼ 屋根についての基礎知識

外壁塗装の写真

屋根のリフォームを検討する前に、まずは屋根の構造や使われている素材、リフォーム方法の種類についての基礎知識を身に付けておきましょう。

 

・屋根材の種類

屋根材は大きく分けて瓦屋根とスレート屋根、金属屋根の3種類。瓦屋根は日本瓦とセメント瓦、コンクリート瓦に分けられ、スレート屋根は天然スレートと化粧スレートに、金属屋根はトタンとガルバリウム鋼板、銅板などに分けられます。それぞれ特徴が異なりますが、劣化の状態を見極めながらメンテナンスを検討する必要があります。

 

・屋根の構造

屋根と聞くと屋根材を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、屋根材は屋根の中でも表面にあたるもので、その内部は何層もの構造でできています。施工する順番通りにいうと、まずは屋根の傾斜に沿って流れている「垂木」。屋根材の種類にかかわらず屋根の重さを支える役割を果たしてくれています。屋根材を敷くための土台として使われているのが、垂木の上に乗せている「野地板」。現在は暑さ9mmまたは12mmの構造用合板を使うのが一般的です。この上に防水紙を敷くことで雨漏りを防いでくれており、仕上げとして屋根材が設置されています。屋根材は家の見た目を決める役割はもちろん、雨を受けたときに雨樋まで流してくれる役割も果たしてくれています。

 

・リフォーム方法

屋根を長持ちさせるためには劣化の症状を見極めた上で定期的なメンテナンスを行うことが大切です。しかし見た目の変化に気付きにくいこともあり、メンテナンスを後回しにしてしまうこともあるかもしれません。屋根の劣化が進んだり、衝撃などによって修理が必要になったりした場合、どのようなリフォーム方法があるのでしょうか。塗り替えとカバー工法、張り替え、それぞれの特徴をご紹介します。

 

塗り替えは屋根のリフォームの中でも一番手軽なリフォーム方法であり、下地がそこまで傷んでいない場合に有効な方法です。美観や機能性を維持するために定期的に塗装を行うようにしましょう。塗装が必要ない屋根材の場合は、外壁塗装と同じタイミングで屋根の点検を行うようにすると安心です。手間や費用がかかるためつい後回しにしてしまいがちですが、放置すると塗装だけではなく大規模なリフォームが必要になってしまう可能性もあります。

 

カバー工法とは、既存の屋根を撤去せずにそのまま新しい屋根材を上からかぶせる方法のことをいいます。下地は傷んでいなくても、屋根材が傷んでいるという場合に選ぶことができる工法です。既存の屋根を撤去・廃棄する費用や手間がかからないため、費用や工期を抑えることができるのがメリット。見た目が新しくなるだけではなく、屋根が二重構造になることから断熱性や遮音性といった性能が上がるのも嬉しいポイントです。

 

屋根の張り替えは、屋根材と下地の劣化が進んでいる場合に全てを新しくする屋根リフォームのこと。既存の屋根の撤去・廃棄が必要なので費用と手間がかかってしまいます。しかし新しい屋根材の種類を選ばないことや下地の点検を同時にできることがメリットです。張り替えをしなくても良いように定期的な点検やメンテナンスを行うようにしましょう。

 

◼ 屋根リフォームの費用と工期

屋根の塗装

屋根のメンテナンスを行う際には、費用や工期が気になりますよね。費用の内訳や一般的な工期を知った上でリフォームを検討してみてください。

 

・費用

屋根の塗装を行う際、いくつかの業者から見積もりを出してもらって比較検討した上で業者を選ぶのが一般的です。内訳は大きく分けて塗装に必要な材料費、職人さんのお給料となる人件費、高いところを塗装する際の足場代、その他広告宣伝費や移動費、手数料などの4種類。見積書を見て比較検討する際に適切な判断ができるように、事前に塗装に必要な費用の内訳を知っておくようにしましょう。

 

屋根を塗装する際には、高いところの作業を行うために家のまわりに足場を組みます。足場代は適正価格が分かりにくいですが、1㎡あたり700~1000円が相場となっています。できるだけ費用を抑えたいと思う人も多いかもしれませんが、足場代を相場より大幅に安く設定している業者には注意した方が良い場合もあります。外壁塗装で足場を組み、一年後に屋根塗装で足場を組む、といったように別々で作業するのではなく、どちらかの塗装のタイミングで同時に行うと足場代を抑えることができます。

 

屋根の塗装において塗料や資材といった材料にかかる費用のことを材料費といいます。塗料は屋根材との相性や色の種類、機能性などを考慮した上で選びますが、塗料によっても費用が異なるため注意が必要です。また外壁を塗装してくれる職人さんに支払われるお給料などが人件費にあたります。外壁塗装にかかる日数や人数によって人件費は変わってきます。その他の費用として、業者の利益になる分や現場への移動費、保険料、事務手数料なども。一つ一つの費用は高額でなくても、その他の費用を合わせると全体の3割程度になることもあります。そのため内訳を確認するときはその他にどういった費用が含まれているのかも確認するようにしましょう。

 

・工期

屋根のメンテナンスにかかる工期としては、塗装で12日前後、カバー工法で6日前後、葺き替えで8日前後かかるのが一般的です。塗装は一番手軽なメンテナンス方法ですが、工程が多いことや乾燥に時間がかかることから日数がかかってしまいます。また予定していた工期に加えて、雨の日が多い時期は工期が延びてしまうことも。屋根の角度が急な場合や瓦屋根を葺き替える場合も追加で日数がかかってしまうことも知っておきましょう。

 

◼ 屋根リフォームのポイント

屋根のリフォーム

屋根についての基本的な知識をご紹介してきましたが、実際リフォームするにあたって気を付けたいポイントも知っておきましょう。

 

・生涯のトータルコストで考える

屋根をリフォームする際、できるだけ費用を抑えたいと思っている人も多いはず。塗り替えを行う場合はどの塗料を選ぶかによって費用が変わってきますが、安い塗料は耐用年数が短く価格の高い塗料の方が耐用年数が長い傾向にあります。そのため今の出費だけを考えると安い塗料を選びたくなるかもしれませんが、価格が高くても耐用年数の長い塗料を選んだ方が次のメンテナンスまでの期間が延びますよね。塗装をするたびに足場を設置するための費用がかかってしまうため、一生のうち塗り替えを行う回数が少ない方が足場代を節約できます。今の出費ももちろん大切ですが、生涯のトータルコストで考えると耐用年数の長い塗料を選ぶ方が良いかもしれません。

 

・異常がなくても時期が来たら塗装

屋根は外壁と比べて全貌を目にすることが少ないため、ついメンテナンスを後回しにしがちです。少々の劣化では見た目じゃ分からないため、雨漏りが起こって初めて劣化に気付くといったことも。しかし雨漏りが起こったときには屋根材の傷みはもちろん屋根材の内部や防水紙を通って家の中まで雨が侵入している状態です。雨漏りが起こったときには劣化がかなり進んでいるため、異常がなくても早めに塗装をすることをおすすめします。塗料の耐用年数を目安に、時期が来たら塗装を行うようにしましょう。

 

・カバー工法よりも葺き替え

屋根のリフォーム方法として、劣化の度合いが軽度の場合から塗り替え、カバー工法、葺き替えの順番で選んでいくのが一般的です。カバー工法は傷みがそこまで深刻ではない場合、葺き替えが一番重度の場合というイメージがありますが、カバー工法よりも葺き替えがおすすめのケースも。カバー工法はもともとの屋根材の上から新しい屋根材を設置する方法で費用を抑えることができます。葺き替えはもともとの屋根材を撤去する費用が掛かるためカバー工法よりも費用がかかってしまいますが、葺き替えの場合には野地板や防水紙など内部まで全て新しく交換することになります。そのため屋根に対して抱いていた不安が一新されるため、次のメンテナンスまでの期間も延びるなどメリットがたくさんあるといえます。

 

・見積書は丁寧に確認

屋根のリフォームをする際、見積もりの内容は丁寧に確認をすることが大切です。見積もりに記載されている金額と実際に使われた塗料の費用が違ったり、見積もりに記載されていなかった項目が勝手に追加されていたり、内容が明確でなかったりする場合はトラブルの原因となることも。塗料のメーカーや商品名、価格が記載されているかどうか、工程ごとに項目が分けられているかどうか、それぞれに適正な価格が設定されているかどうかなど丁寧に確認するようにしましょう。見積もりを出してもらうときには、どの項目にいくらかかるのかといったことを一つ一つ見た上で、根拠があるかどうかも聞いてみると良いでしょう。いくつかの業者に相見積もりを出してもらうと、だいたいの相場も分かってくるはずです。

 

・業者選びは慎重に

リフォームを成功させるためには業者選びも大切です。エリアやリフォーム内容に応じていくつかの業者に候補を絞ったら、複数の業者に相見積もりを出してもらうことをおすすめします。相見積もりを取ることで同じ条件での相場を知ることができ、担当者との相性や対応の丁寧さなども見極めることができます。高い費用をかけてリフォームを行うのですから、成功させるためにも業者選びは慎重に行うようにしましょう。

 

◼ まとめ

外壁と屋根の塗装

屋根をリフォームする際には、基本的な知識を身に付けておきたいですよね。そこで屋根材の種類や屋根の構造、リフォーム方法などをご紹介した上で、リフォームのポイントもまとめました。塗装屋ぬりべえでは千葉県と茨城県で屋根・外壁のリフォームを行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

外壁と屋根の同時塗装

ツートンカラーの外壁と屋根の塗装

傷みの対策を行った屋根と外壁の塗装

お問い合わせフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
お電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
相談内容|詳細 任意

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。

※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。