サイディングの上にガルバリウムという選択肢

外壁が劣化すると、リフォームを検討する方も多いはず。定期的なメンテナンスとして塗装を行うのが一般的ですが、劣化が深刻な場合は塗装だけでは状態が良くならないことも。そんなときにカバー工法や張り替えといった選択肢が選ばれます。日本の外壁でシェアナンバーワンのサイディングをリフォームする際、カバー工法を選ぶとしたらもっとも軽量であるガルバリウムが選ばれることが多いです。そこでサイディングの上にガルバリウムという選択肢について詳しくご紹介していきます。

 

◼ カバー工法とは

外壁が劣化すると、「カバー工法」とは、既存の外壁の上から新しい外壁材を重ねて設置する方法のこと。既存の外壁の重さに新しい外壁材の重さがプラスされるため、家自体に負担がかかってしまうことがあります。そのため少しでも負担を軽減させるために金属などの軽い素材が選ばれるのが一般的です。

 

カバー工法は張り替えよりも劣化が進んでいない場合に行える方法となりますが、外壁の下地まで腐蝕が進んでいないような状態で、外壁材を変えてイメージチェンジしたいときにもおすすめの方法です。張り替えと比べて費用を抑えることができるのがカバー工法のメリットとなります。

 

・外壁が新築のようにきれいになる

外壁が劣化すると、塗装やカバー工法、張り替えといった選択肢の中から家の状態や理想に合った方法でリフォームすることになります。塗装だけでもきれいな状態にすることはできますが、カバー工法は新しい外壁材を上から張り付けるため、より新しく新築のような仕上がりにすることができます。

 

・張り替えよりも費用や手間が少ない

劣化の度合いが深刻だと、塗装ではなくカバー工法や張り替えからリフォーム方法を選ぶことになります。より深刻な場合は張り替えしか選べないこともありますが、カバー工法は張り替えよりも費用や手間が少なくて済むのがメリット。

 

張り替えは既存の外壁材を解体して撤去するための費用がかかってしまいますが、カバー工法は既存の外壁材の上から新しい外壁材を張り付けるため、新しい外壁材だけの費用と手間で済みます。

 

・断熱性や遮音性が高くなる

カバー工法は外壁材が二重になるため、断熱性や遮音性がアップするというメリットも。家の中の暑さや寒さが気になっていたり、外の騒音が気になっていたりする場合はカバー工法を選ぶと、これまでの悩みが解消されるかもしれません。

 

◼ サイディングの上にガルバという選択肢

サイディングは日本の住宅で使われている外壁材のうちもっとも普及率が高いといわれています。しかし紫外線や雨風によって色褪せやチョーキング、カビや藻、剥がれや膨れ、ひび割れといった劣化が起こります。劣化を放置していたり塗装を長い間行わずにいたりすると、更なる劣化を引き起こしてしまいます。そんなときにサイディングの上にガルバリウムという選択肢が上がってくることもあるのではないでしょうか。

 

・サイディングとは

サイディングとは、窯業系と金属系、木質系、樹脂系の4つに分けられますが、それぞれ特徴やデザイン、機能性が異なります。中でも窯業系サイディングの普及率がもっとも高く、日本の住宅の約8割で外壁に使用されているともいわれています。

 

窯業系サイディングは耐震性や防火性、遮音性が高い一方で、防水性が低いのがデメリット。防水性を補うための塗装が必要ですが、塗装を怠るとどんどん劣化が進んでしまいます。

 

・ガルバリウムとは

ガルバリウムという名称が有名ですが、実は金属系サイディングの一種。金属系サイディングは金属を板状に加工して断熱材を裏打ちした外壁材のことで、ガルバリウムは鉄の板を合金してメッキ加工したもの。

 

スタイリッシュな外観が特徴的で、「かっこいい」「モダン」「おしゃれ」「無機質」な印象にしたい場合に選ばれることの多い外壁材です。特に黒やグレー、白などの無彩色が人気。ガルバリウムの最大の特徴が、その軽さ。素材は鉄ですが、薄い板状になっているためとても軽量で、家の構造や建材への負担が少なくて済みます。軽量である特徴を活かして、カバー工法に適した外壁材と言われています。

 

・外壁リフォームの時期

外壁リフォームを行うタイミングに悩まれている方も多いかもしれませんが、劣化の症状を見極めることが大切です。色褪せやチョーキングなど劣化の初期症状であれば塗装によるメンテナンスで済むことがほとんど。

 

逆に張り替えは、かなり劣化が進んでいて外壁の強度が危ういときに行うもの。業者が点検をした上で張り替えしかできないと判断された場合に選ぶことが多いかもしれません。リフォーム方法として塗装と張り替えの間にあるカバー工法は特にリフォームのタイミングが曖昧です。家の外壁の強度は保っているものの、塗装だけを行なって現状を少し良くしたとしても、そろそろ寿命がきそうという場合にはカバー工法を選んだ方が良いでしょう。

 

・塗装ではなくリフォーム

外壁の劣化がそこまで進んでいない場合や、定期的に塗り替えをして維持しているという場合はもちろん塗装がおすすめ。しかし塗装だけでは将来的に不安が残る場合、カバー工法や張り替えといった選択肢も視野に入れてみましょう。

 

サイディングは防水性が低いので、塗装を行なっていなければどんどん劣化が進んでしまいます。サイディングの上にガルバリウムを張り付けるカバー工法を行うことで、断熱性や遮音性をアップさせつつ耐久性も向上させることができます。劣化が進んでいる場合は、塗装ではなくリフォームという選択肢も考えてみてください。

 

・屋根にもガルバリウムのカバー工法はおすすめ

外壁だけではなく屋根もガルバリウムでのカバー工法が選ばれることもあります。カバー工法を選ぶ場合、新しい屋根材が重いと家への負担が大きくなってしまうため、外壁材よりも更に軽量であることが重要になってきます。そのため屋根のカバー工法では特に軽量であるガルバリウムが選ばれることが多いです。外壁や屋根の劣化が進んできたという場合、ガルバリウムでのカバー工法がおすすめです。

 

◼  まとめ

サイディングの上にガルバリウムを張り付けるという選択肢について詳しくご紹介してきました。サイディングはもっとも普及率の高い外壁材で、ガルバリウムはカバー工法でよく用いられる外壁材。それぞれのメリットを活かし、デメリットを補いながら、サイディングの上にガルバリウムという選択肢も視野に入れてみてください。

 

塗装屋ぬりべえは外壁や屋根の塗装、リフォームを行っている会社です。お客様のご要望をお伺いし、現地調査で入念に状態を確認した上で、最適なプランをご提案させていただきます。千葉県と茨城県で外壁リフォームご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。ショールームへのご来店はもちろん、電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

 

・屋根をカバー工法でガルバリウムにリフォーム

台風による被害や劣化が気になっていることからリフォームをご検討されていました。近隣の住宅ではもっとひどい被害を受けていたため自宅での同じような被害を受けないためにも修繕しておきたいとのことでした。

 

築25年で初めての外装リフォームだったので、屋根は塗装ではなくガルバリウムによるカバー工法を選択。ガルバリウムは軽量であることから屋根のカバー工法にも向いています。外壁はバルコニー部分のみ張り替え、そのほかは塗装でのリフォームを行いました。

実際の施工事例はこちら

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら