MENU CLOSE
オレンジの外壁

外壁リフォームの種類や劣化のサインを知っておこう

家は家族を守ってくれる大切な場所ですが、外壁は家自体を雨風や紫外線から守ってくれています。築年数が経つと家は劣化していきますが、雨風にさらされている外壁はその中でも劣化しやすい箇所だといえます。外壁リフォームにはどのような種類があるのでしょうか。また見た目では分からなくてもリフォームが必要な場合もあるため、目安となる劣化の症状についてご紹介します。

 

◼ 外壁リフォームの種類

外壁塗装の事例

外壁リフォームには大きく分けて3つの種類があります。今の家に使われている外壁材や外壁の状態によって選べる方法が変わります。どの方法を選ぶのが最適なのかを知っておきましょう。

 

・塗り替え

一番手軽なリフォーム方法が外壁の塗り替えです。築年数がそこまで経っていない場合や、劣化していたとしても補修できる状態だった場合に塗り替えという方法を取ることができます。ひび割れなどがあった場合でも、補修をした上で塗り替えをすることができます。他の方法と比べて費用が安く工期も短いのがメリットです。

 

定期的な点検や簡単なメンテナンスを行うことで、耐久性を維持することができます。外壁材の張り替えを行わなくても済むように、見た目では劣化が分からない状態だったとしても早めの点検やメンテナンスすることをおすすめします。

 

・張り替え

外壁の劣化度合いが修復できない程度であった場合や寿命が来ている場合に張り替えを行います。強度があればカバー工法を選ぶこともできますが、張り替えではもともとの外壁を撤去して新しい外壁に張り替える方法です。外壁の内部までお手入れできることや、外壁材を一から選ぶことができるためイメージを一新させることもできます。

 

雨漏りしてしまっている場合には完全に止めることができるので、安心して生活を送ることができます。その一方で費用が高くなってしまうこととモルタルの外壁には対応できないことがデメリットとなります。モルタルの場合は外壁を解体してからサイディングなど別の外壁材を張り替えることになります。

 

・カバー工法

外壁の強度がある状態で、寿命が近付いているときに行うリフォームがカバー工法です。もともとの外壁の上から新しい外壁材を貼り付けるやり方をいいます。張り替え工法と違って外壁を撤去する必要がないため、撤去や廃材の処理に費用がかかりません。張り替えよりも費用を抑えられるだけではなく、外壁が二重になることから断熱性や遮音性が高くなるというメリットもあります。

 

◼ 外壁リフォームが必要な状態とは

白いモルタルの外壁

素人が見ただけではリフォームが必要な状態かどうかが分からない場合もあると思います。見た目では分からないからといって放置していると、外壁材だけではなく内部まで雨水が侵入したり腐蝕したりしてしまうこともあります。劣化の症状を見極めて、早めのメンテナンスを行うことが大切です。

 

・色褪せ

雨風も外壁の大敵ですが、晴れている日にも紫外線を浴びることで色褪せにつながります。太陽の当たる部分と当たらない部分で色ムラになってしまうこともあるため、色褪せは外観を損ねる原因となります。色褪せしているからといってすぐに塗り替えが必要というわけではありませんが、外観は家の顔といえる箇所なので、できるだけきれいに保っておきたいものです。

 

・チョーキング

外壁を手で触ると白い粉のようなものが手についたという経験はありませんか?チョークのような粉が付くため、チョーキングと呼ばれています。紫外線や雨の影響で、顔料が劣化して粉状になることで起こります。チョーキングは塗膜が劣化することで防水効果がなくなってきている状態です。防水効果がなくなると、ひび割れしていなくても内部まで水が染み込んでいきてしまいます。

 

・コケや藻

コケや藻は、緑色や黒色の汚れが外壁に現れることをいいます。外壁が劣化することで保水性を持ち、水を保つという特徴のためにコケや藻などができやすくなってしまいます。他にも屋根から雨水が流れてくる箇所や湿気が溜まりやすい場所では発生しやすくなります。コケや藻は一度発生すると増え続けてしまうため、見つけた場合は早めに補修を行うようにしましょう。

 

・ひび割れ

ひび割れには幅によって劣化の段階が分けられています。0.3mm以下であれば防水面でも問題ありません。しかし一度できたひびが戻ることはなく、広がってしまう可能性があるため注意が必要です。0.3mm以上のひび割れは外壁材の裏までつながってしまっていることもあり、水が内部まで入ってしまうことがあります。

 

・コーキング

外壁にサイディングボードが使われている場合、目地の部分であるコーキングも劣化します。コーキングが劣化して脆くなってしまったり、ボードとの間に隙間ができてしまったりすることがあります。また紫外線を浴び続けることでひび割れてしまうことも。壁自体のひび割れではなくても水が入ってくる原因となるため注意が必要です。

 

・雨漏り

雨漏りは外壁の内部を通り抜けて家の内部まで雨水が侵入している証拠です。外壁の内部にある断熱材や柱などの腐蝕が進んでいる可能性があるため、すぐに補修することをおすすめします。断熱材に雨水が染み込むと、カビやダニが発生するだけではなく気管支や肺にも影響を及ぼすことがあります。

 

◼ 外壁リフォームは自分でもできる?

ツートンカラーの外壁

外壁塗装は頻繁に行うものではないとはいえ、定期的な出費が必要になります。極力費用を抑えるためにも、自分でできるのであればやりたいという人もいるかもしれません。ペンキやローラーで塗るだけだから簡単なのではないかと思うかもしれませんが、足場の設置や劣化している部分の補修なども行う必要があります。自分で行う場合の簡単な流れをご紹介します。

 

外壁塗装をする前に、足場や飛散防止ネットを設置した上で洗浄を行う必要があります。高圧洗浄機で汚れをしっかり落とすことで塗装の仕上がりを良くすることができます。次にひび割れている部分をふさいだり劣化している箇所の補修を行い、塗料を付着させたくない箇所にはマスキングを行います。

 

丁寧に下準備をした上でようやく塗装の工程に移ります。塗料の種類や色を選び、下塗り、中塗り、上塗りと三段階に分けて塗装します。その都度しっかり乾燥させることで強度を高めることができます。

 

このように自分でも外壁リフォームをすることはできます。業者に依頼するよりも費用を抑えることができますが、しっかり補修できているかどうかで耐久性が変わってきます。そのときは費用を抑えることができたとしても、すぐに劣化するようでは同じ手間と費用をかけてまたすぐに塗装を行わなければなりません。大切な家を守るためには信頼できる業者に依頼する方が安心であり、長い目で見るとお得になるかもしれません。

 

◼ 外壁リフォームの施工事例

外壁リフォームの具体的なイメージをするために、実際の施工事例をご紹介します。塗装屋ぬりべえでは、外壁の状態や予算のバランスを考えながらお客様に最適な塗料や色をご提案します。

 

・コーキングの劣化による塗装

外壁のリフォーム

築年数15年が経ち、一度も塗装を行っていないことからコーキングの劣化が気になっておられました。耐用年数が長く、耐久性の高い塗料を使う事例もありますが、今回は早めのメンテナンスを行うためにウレタン塗料を使用しました。塗装前と同じような雰囲気の明るいブラウン系の色を選び、イメージ通りに仕上がったと喜んでいただけました。

外壁塗装のビフォーアフター

 

・緑と茶のツートンカラー

緑と茶色のツートンカラー

築年数25年のお宅で、前回の塗装から10年以上が経過していたため建物の傷みを気にされていました。ラジカルの発生を防ぐことで塗膜が劣化しにくいラジカル塗料を使用しました。ラジカル塗料はコストパフォーマンスと耐久性に優れているため、ご高齢のご夫婦二人が安心して過ごしていただけます。

 

せっかく塗り替えるのであればということで色を変えることになりました。お客様が好きな緑と茶色を選び、ツートンカラーのおしゃれな外壁に仕上がりました。

外壁塗装のビフォーアフター

・カラーチェンジでイメージを一新

オレンジの外壁

外壁の汚れが気になり始めたということで塗装のご依頼をいただきました。汚れだけではなく、紫外線による色褪せや藻の発生による塗膜の劣化が進んでいました。コストパフォーマンスの高さから塗料の中でも人気の種類でありシリコン塗料を使用しました。シリコン塗料は汚れがつきにくく環境への配慮もされています。

 

塗装前は赤みがかったブラウン系の色でしたが、オレンジの外壁にイメージを一新。オレンジと白、屋根の茶色のコントラストが引き締まった印象を与えてくれます。

外壁塗装のビフォーアフター

 

◼ まとめ

トレビアンコートの外壁塗装

外壁のリフォームには、塗り替えと張り替え、カバー工法という三種類のやり方があります。外壁の劣化がそこまで進んでいない場合には、塗り替えを選ぶことができます。塗り替えは他の方法と比べて費用が安く工期が短いという特徴があります。外壁の強度が足りない場合にはもともとの外壁を撤去して新しい外壁を設置する張り替えという方法になります。張り替えは費用がかかる一方で、イメージを一新できるメリットも。カバー工法はもともとの外壁の上から新しい外壁を張り付ける工法です。張り替えよりも費用を抑えつつ、外壁が二重になるため断熱性や遮音性を高めることができます。

 

外壁の劣化の症状にはさまざまな種類があり、段階によって対応方法が異なります。色褪せは初期症状ですが、外観を損ねるため気になる人も多いかもしれません。チョーキングやコケ、ひび割れがある場合には点検に来てもらうようにすると安心です。雨漏りしている場合は、内部まで腐蝕してしまう可能性があるため早めに修理を依頼するようにしましょう。

 

塗装屋ぬりべえは千葉県と茨城県に4つのショールームを展開しています。色のサンプルやカラーシミュレーションなどを取り揃えており、実際に見て体験できる空間になっています。お客様に最適なプランをご提案できるよう心掛けていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
お電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
相談内容|詳細 任意

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。

※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。