MENU CLOSE
電話する
メール相談
シックな外壁塗装

外壁塗装をしなくても良い方法はある?メンテナンス時期を遅らせるコツとは

家を建ててから年数が経つと、外壁の塗装を検討する頃かもしれません。そもそも塗装は必要なのか?塗装をしなくても良い方法はあるのか?塗装をしなければならないとしてもメンテナンス時期を遅らせる方法はないのか?と気になっている人も多いはず。そこで外壁塗装の必要性と劣化の原因、メンテナンス時期を遅らせる方法についてご紹介します。

 

◼ 外壁塗装の必要性

外壁リフォーム

外壁の汚れや劣化が目立ってくると、「そろそろ塗装の時期かな」と思うことでしょう。しかし外壁の塗装には費用がかかるため、つい後回しにしてしまっているという人もいるかもしれません。そこでそもそもなぜ外壁塗装の必要性があるのか、ということをご紹介します。

 

・外壁の保護

外壁塗装の必要性として、1つ目に外壁の保護があげられます。外壁は家の一番外側にある部分なので、物理的に家を守ってくれる役割があります。そのため外壁を塗装することは家の保護にもつながります。外壁や屋根に塗った塗料が固まると「塗膜」という膜が張り、外壁や屋根を守る役割を果たしてくれます。雨や風、紫外線といったダメージを受け続けている外壁や屋根を守るためには塗膜の力が必要です。しかし塗装をしてから年数が経つと塗膜の力が弱くなってしまうため、定期的な塗り替えが必要となります。

 

塗装をすることで外壁の防水性を補うことができますが、外壁に塗装をしていなかったり劣化しても放置していたりすると外壁だけではなく家の構造部分にまで被害が及んでしまうことも。そのため外壁を適切に塗装することで、家自体の耐久性を維持することができるといえます。塗り替えには費用がかかってしまうためつい後回しにしてしまいがちかもしれませんが、定期的に行うことで大掛かりな修理をする必要がなくなります。結果的には費用を抑えることになるのでメンテナンスは定期的に行うようにしましょう。

 

・機能性の維持

外壁塗装は、機能性の維持や向上という面でも必要性があるといえます。外壁塗装で使われる塗料にはさまざまな機能がありますが、塗装してから年数が経つと機能が衰えてきます。紫外線や雨などの外的要因によって塗料の塗膜が劣化することがその原因です。外壁材によっては外壁材自体に防水性がないものもあるため、塗料で防水性を補う場合があります。他にも家の中の温度を快適にするために断熱効果や遮熱効果のある塗料、紫外線による塗料の劣化を防ぐ塗料などがあります。家を建てる際にも外壁材には塗装が施されていますが、新築時に塗られている塗料はグレードの低いものが使われていることが多いため、初めての塗り替えは少し早めに行うことが推奨されています。

 

・美観の維持

外壁にはさまざまな役割がありますが、家を見たときの第一印象を決める「顔」ともいえます。来客があったときや家の前を人が通ったとき、外壁が汚れていたり劣化していたりすると、印象が良いとはいえません。また家の内装やインテリアを好きなテイストにこだわるように、外観でも個性を出すことができます。このように外壁をメンテナンスすることは家の「美観」を維持するためでもあるのです。

 

毎日家を見ていると、少しずつ蓄積される汚れに気付きにくいかもしれませんが、家の外壁は劣化すると色褪せや変色が起こってしまいます。色褪せや変色は更なる劣化につながる可能性があることももちろんですが、家を暗い印象にしてしまうため塗装することをおすすめします。もともとの外壁と同じ色にすることもできますし、色やデザインを変えて気分を変えることもできます。

 

◼ 外壁の劣化原因

外壁塗装の事例

外壁の汚れにはさまざまな種類がありますが、劣化の原因も知っておきましょう。外壁が汚れたまま放置すると、見た目が悪くなるだけではなく家自体の劣化にもつながることもあります。外壁の汚れの原因を知ることで対策や早めのメンテナンスを行うことができます。

 

・雨や風、雪

外壁の劣化原因として、雨や風、雪などの影響があげられます。外壁に塗装されている塗料はアルカリ性で、雨や雪は酸性であることから塗膜が劣化してしまう仕組みです。外壁は家の一番外側で家を守ってくれているため雨や風、雪に常にさらされており、防水性の低い外壁では特にカビやコケなどが繁殖してしまうことも。木製の部分に湿気がこもることでシロアリが発生してしまうこともあるため注意が必要です。また雨や風による直接的な影響だけではなく、雨や風によって運ばれる埃や汚れも外壁の寿命を縮める原因となります。雨や風、雪を避けることはできませんが、劣化した外壁を早めにメンテナンスすることで長持ちさせることはできるでしょう。

 

・紫外線

外壁の劣化原因として雨や雪を1つ目にご紹介しましたが、雨や雪が降らなければ必ずしも劣化しないというわけではありません。晴れの日やくもりの日でも紫外線によって少しずつ劣化は進行します。外壁に塗装された塗膜の表面が紫外線にさらされることで、塗膜が劣化してさまざまな症状が現れます。特に色褪せやチョーキング、コーキングの劣化といった症状は紫外線の影響によることが多いため注意が必要です。

 

・揺れ

日本は地震の多い国の1つですが、地震や近くの道路を通る車による揺れでも外壁が劣化することがあります。揺れが原因となる劣化の症状は、外壁のひび割れです。揺れによって家が動き、力が加わることでひび割れやすくなるのです。ひび割れは幅の狭いヘアークラックというものであれば必ずしもすぐに補修が必要というわけではありませんが、幅の広い構造クラックを見つけた場合には早めの対応が必要です。地震はもちろん、車通りの多い道路沿いや線路沿いにある家では注意して点検を行うようにしましょう。

 

・塗膜の劣化

塗料は塗装したものが乾燥すると「塗膜」と呼ばれる膜が張ります。塗膜は外壁を守るための大きな役割を果たしてくれていますが、塗装してから年数が経つと紫外線や雨の影響で塗膜が劣化してしまいます。家を建てる際には外壁材への塗装がされていますが、新築の場合は塗料のグレードが低いことが多いため早めの塗装が必要となります。

 

◼ 塗装をしなくても良い方法は?

レンガ模様の外壁

外壁塗装の必要性についてご紹介してきましたが、それでもできるだけ塗装をしたくないと思っている人もいるかもしれません。塗装をしなくても良い方法はあるのでしょうか?結論から言うと、家を建ててから一度も塗装せずに済む方法はありませんが外壁のメンテナンス時期を遅らせる方法はあります。また家を建てる時点でメンテナンスが少なくて済む外壁材を選ぶこともコツの一つ。とはいえメンテナンスをする必要が全くないような外壁材はありません。適切な時期に適切なメンテナンスを行うことは、家を守ることだけではなくメンテナンス頻度を減らすことにもつながります。費用や手間が気になるという人も、ぜひ参考にしてみてください。

 

◼ メンテナンス時期を延ばす方法

シックな外壁塗装

外壁の塗装が必要であることは分かりましたが、費用や手間がかかることなのでできるだけメンテナンス時期を延ばしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。メンテナンス時期を伸ばすためのコツをご紹介します。

 

・耐用年数の長い塗料を選ぶ

外壁塗装を行う際、外壁材の種類や希望する外観、付加したい機能によって塗料選びを行います。塗料選びにおいて耐用年数の長いものを選ぶことでメンテナンス時期を遅らせることができます。シリコン塗料、ラジカル塗料、遮熱塗料、フッ素塗料、無機塗料といった種類があり、耐用年数の長い塗料は費用も高い傾向にあります。しかし耐用年数の長い塗料を選ぶことでメンテナンス時期を遅らせることができるため、長期的に見るとお得だといえます。

 

・定期的な点検

外壁のメンテナンス時期を遅らせるための方法として、定期的な点検もあげられます。外壁塗装が手間で時期を遅らせたいと思っている人にとっては、定期的な点検も手間に感じられるかもしれません。しかし所要時間やかかる費用などを考えると、頻繁にメンテナンスを行うよりも定期的な点検だけで済む方が楽だといえます。定期的な点検を行うことで致命的な症状に陥ることも防げるため、できるだけ点検は早めに行うことをおすすめします。

 

・塗装時の下地処理

外壁のメンテナンスを行う際、塗装の前に下地処理を行って塗料の密着度を高めます。下地処理を行うことで塗装がきれいなまま長持ちしやすいため、メンテナンス時期を遅らせることもできます。塗装を行う前にまずは高圧洗浄で外壁の汚れを落とし、コーキングやその他の劣化した箇所の補修、サビ取りやセメント補修などを行います。下地処理を行ったかどうかによって、塗装をした直後の見た目で違いが出てくるわけではありません。しかし長持ちさせることができるため、メンテナンス時期を遅らせることができます。業者選びの際には下地処理を丁寧に行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

◼ まとめ

青色の外壁塗装

外壁は、外壁材の保護や機能性の維持、美観の維持の3つの観点から塗装の必要性があるといえます。外壁材によってメンテナンスの頻度も異なるため、家を建てる段階から外壁材選びにこだわってみるのもおすすめです。外壁は雨や風、雪、紫外線といった天候、揺れによって劣化が進みます。劣化の原因を完全に防ぐことはできませんが、早めの点検や対策を行うことでメンテナンス頻度を減らすことができます。また塗装時に耐用年数の長い塗料を選ぶことや下地処理を丁寧に行うこともメンテナンス時期を遅らせることにつながります。

 

塗装屋ぬりべえは、創業120年のリフォーム会社『ハウジング重兵衛』がプロデュースする塗装専門ブランドです。千葉県と茨城県の気候や風土を熟知した上で、お客様のご要望にお応えできるようなプランをご提案させていただきます。外壁塗装を長持ちさせたいといったご相談にも対応させていただきますので、千葉県と茨城県で外壁や屋根の塗装をご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

ベランダの色をアクセントにした外壁塗装

ビビットな青色の外壁にイメージチェンジ

レンガ模様を生かして外壁塗装

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。

相談ご希望店舗 必須
申込内容 必須
お名前 必須
お電話番号 必須
備考 任意

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。