雨漏り修理が無料になる!?火災保険が使える条件

 

「今まで雨漏りしたことなんてなかったのに、台風で急に天井にシミが!」という経験をされる方は、実は多くいらっしゃいます。

住宅は雨漏りをしないように設計されていますが、経年劣化や自然災害により雨漏りをしてしまうことがあります。

 

雨漏りの修理は、その原因にもよりますが10万円から100万円を超えることもあります。この費用も、火災保険を使えば実質無料になることもありますので、その条件について簡単にご紹介いたします。

 

 

 

■自然災害による雨漏りは、火災保険が適用される

自然災害(風災・雪災・雹災)による住宅の破損が要因の雨漏りについては、火災保険が適用されます。火災保険という名称から、火災でないと保険がおりないと思っている方も多いので注意が必要です。また、契約条件によっては風災などを補償しないプランもありますので保険証書を確認しましょう。

 

風災(台風、強風など)

台風や強風により、屋根が破損してしまう事例は多いです。雨漏りはしていなくても、屋根の破損があれば火災保険で修理が可能です。

 

(例)

・屋根の棟板金が飛ばされてしまった

・屋根の瓦がずれて雨漏りした

・雨樋が破損してしまった

・他の住宅などから飛来物があり、住宅が破損した

 

以上のような破損が起こり得ます。台風が過ぎた際には、普段見ることのない屋根を点検しましょう。

 

雪災(大雪など)

雪により破損した場合にも火災保険で修理が可能です。

 

(例)

・屋根が雪の重みで破損した

・雨樋が破損した

・カーポートが破損した

 

カーポートなども火災保険の補償範囲に含まれている場合がありますので、保険証書を確認しましょう。

 

雹(ひょう)災

雹により屋根が破損した場合も火災保険で修理が可能です。

 

(例)

・屋根材が破損した

・カーポートに穴が空いた

・ベランダ床に傷がついた

などになります。

 

■火災保険申請方法の流れ

実際に、雨漏りや破損が発生した際にどのように申請すれば良いかご説明いたします。

 

屋根・外壁・防水のリフォーム業者に点検、見積もり依頼

まず、雨漏り箇所の原因と思われる箇所のリフォーム業者に点検と見積もりを依頼します。点検の際に、雨漏りの原因の特定をしてもらい、修理をした際の見積もりをもらうようにしましょう。

 

屋根修理のために足場が必要な場合も、足場費用も含めた見積もりをもらいます。足場費用に関しても、火災保険で補償してくれます。

 

火災保険会社に申請する

火災保険会社に申請するために電話し、申請書類の送付を依頼します。

一般的には下記3点が必要です。

 

必要なもの

・申請書

・破損箇所の写真

・見積もり

 

申請書には、破損日時や原因を記載します。写真と見積もりは、リフォーム業者からもらいましょう。これをそのまま申請書類と一緒に同封すれば問題ありません。火災保険会社に申請しなければ、保険金もおりませんので、必ず申請するようにしましょう。

 

著者情報

塗装屋ぬりべえ 編集部

塗装屋ぬりべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram